字幕のオン/オフを切り替える

松浦秀人「もっと前へ」ピアノバージョン

2017年02月07日 更新
音楽 もっと見る

2016年3月20日、福井市のブータンミュージアムで開催された国際幸福デー記念イベントの一環として行われたライブ「ミュージケーション 音安心栖(おあしす) by プロスピュート※」のステージで、
シンガーソングライターの松浦秀人さんが自らのテーマソングとされる曲「もっと前へ」を、前の曲でギターの弦が切れるというアクシデントのため急きょピアノの弾き語りで歌いました。

 

大病を患い半年に及ぶ入院・闘病生活を経て社会復帰された松浦さんの歌はどれも自分の体験から生まれたもの。程度の差こそあれ病気や事故による怪我などで体の自由がきかなくなることは誰にでも起こりうることなので、健常者と障がい者の区別なんて意味はありません。

 

松浦さんの歌は障がいなど関係なくみんなを勇気づけてくれます。

 

※プロスピュートは名古屋を拠点に障害者支援活動をしている音楽応援隊「情熱軍団」の精鋭メンバーによるグループ。

同じカテゴリーの関連動画