福井県美浜町 彌美(みみ)神社例大祭の大御幣押し

2016年08月09日 更新
伝統行事 もっと見る

福井県美浜町 彌美(みみ)神社の例大祭は毎年5月1日に行われます。この「大御幣押し」は神輿に見立てた大御幣を、上げ番、下げ番の男たちが押し合うかなり荒っぽい行事で例大祭当日の昼ごろから半日かけて行われます。この写真は終わりに近い午後4時ごろ撮ったもので「大御幣」はたくさんあった紙垂(しで)がすべてはぎ取られて心棒だけになっています。これからこの御幣は本殿前の石段を登り始めます。

 

下げ番に押し戻されて棒もろとも石段の下に転げ落ちた人。

 

石段上での棒の押し合いもクライマックス。

 

段上で棒の到着を待つ幣差しの少年。御幣の棒が石段を登りきるとこの少年を乗せて本殿に担ぎ込み、御幣押しの行事は終了します。続いて境内では王の舞(おのまい)が演じられます。

 

彌美神社

同じカテゴリーの関連動画