福井の水ようかんを作ってみました

2018年02月15日 更新
食文化 もっと見る

福井の冬といえば、こたつに入って「水ようかん」を食べるのが定番。ふつう「水ようかん」は夏に食べるものですが、福井ではなぜかお正月や冬の風物詩となっています。

材料は、こしあん、白砂糖、黒砂糖、寒天。今日は、アメリカ出身のエーメンが水ようかん作りを体験。シンプルですが、材料の計量が難しいので福井市にある株式会社カリョーの「水ようかん作りキット」を使いました。味も見た目も本格的です。

用語解説

同じカテゴリーの関連動画