三好達治を訪ねて<福井県・まちかど県政>

2017年01月06日 更新
文学 もっと見る


今回は、昭和を代表する詩人の一人、三好達治についてご紹介します。

 


三好達治は1944年、現在の坂井市三国町に移り住み、5年間暮らしました。
三国を我が心の故郷と言うほど愛しており、海辺の松林の光景などを懐かしく
思い出す文章を残しています。

 


戦後、三国の文学青年たちが三好達治を中心に集まるようになりました。

 


東尋坊近くの遊歩道の石碑に刻まれた詩「春の岬」は、さすらい続けた三好の人生を
表現しています。

 


三好達治がよく訪れていたという唯称寺で、当時交流の深かった大森氏に話を聞きました。

 

2014年4月13日(日)放送<福井県・まちかど県政>より
※福井県の許可を得て掲載しています。(字幕制作 : GEN)

同じカテゴリーの関連動画