田嶋嘉隆ガラス作品展2018 | ふくい工芸舎 2018.4.13-5.6

2018年04月23日 更新
工芸 もっと見る

ふくい工芸舎で開催中のガラス作品展におじゃまして、福井県坂井市丸岡町に工房を構えるガラス作家、田嶋嘉隆さんにお話を伺いました。田嶋さんはバーナーワーク、フュージング(キルンワーク)、サンドブラスト、ステンドグラスと多彩な技法を駆使して様々なオリジナルのガラス作品を作っています。今回は特に会場中央に展示されたガラスの書道具やカラフルなガラスペンといったガラスの文房具が目を引きました。

 


会場風景

 


ガラスの書道具。左奥の円形の器は蓋付きの硯

 


墨でも使えるガラスペン。実際に書いて見せてくれました

 

同じカテゴリーの関連動画