心地よい暮らしの器 奈々司窯展 | ふくい工芸舎 2018.9.7-9.24

2018年10月29日 更新
工芸 もっと見る


多彩な飯碗を中心に使いやすい器が並ぶ会場

 

北海道、笠間、そして九谷の産地、石川で職人修業を積んだ佐藤裕司さんと京都、石川で色絵を学んだ奈美子さんの夫妻による作品展がふくい工芸舎で開催されています。個々の作家としてではなく奈々司窯(ななしがま)としての個展は初めてとのこと。会場の中央に並んだ色合いも大きさも多彩な飯碗に代表される、価格も手ごろで日々の暮らしの中で使いやすそうな器を見ていると、「奈々司窯」という窯名に込められた思いが伝わってくるようです。

 


奈々司窯のお二人。佐藤裕司さんと佐藤奈美子さん。

用語解説

同じカテゴリーの関連動画