沖縄の伝統芸能エイサー「クーダーカー」琉球國祭り太鼓 福井支部

2018年12月19日 更新
イベント もっと見る


2017年10月7日(土)福井県越前町にある越前陶芸村で行われた越前秋季陶芸祭での琉球國祭り太鼓福井支部によるエイサー演舞「クーダーカー」です。

 

久高(くだか)家の主のことを面白おかしく歌っている「クーダーカー」。各団体の演目に必ずあるエイサーの代表曲であり、とても古い唄だと言われていますが、エイサー以外で民謡として歌われることはないそうです。

 

【エイサーとは】
本土の盆踊りにあたる沖縄の伝統芸能のひとつ。各地域の青年会がそれぞれの型を持ち、旧盆に地域内を踊りながら練り歩きます。その起源については諸説ありますが、1600年頃、浄土宗の上人が仏典を踊りながら唱える念仏踊りを伝え、エイサーに発展したとも言われています。

 


沖縄市久保田青年会のダイナミックなエイサー
(画像は「たびらい沖縄」より)

 

「琉球國祭り太鼓」は、沖縄の伝統芸能エイサーをベースに、空手の型を取り入れた独自の振り付けとダイナミックなバチさばきで、今や沖縄を代表し、若者に圧倒的な人気を誇る創作太鼓集団です。1982年に沖縄市の泡瀬を中心とした若者たちによって結成されて以来、沖縄が大切にしてきた
「迎恩」の心を打ち響かせてきました。

 

結成35年目を迎える現在、その輪は沖縄を超え、日本国内49支部・海外6カ国27支部、総勢2,500名余り(2018年8月現在)。世界規模にまで活動の場を広げています。

タグ

同じカテゴリーの関連動画