鯖江市西山動物園

2018年04月05日 更新
動物園・植物園 もっと見る

西山公園入口にある西山動物園の看板「つつじ」の名所として知られる鯖江市の西山公園。その一角にある西山動物園にやって来ました。入場料無料で、鯖江市によると「日本一小さい」ミニ動物園ですが、レッサーパンダの繁殖では日本一の実績を誇り、レッサーパンダの動物園として親しまれています。

 

『西山動物園(昭和60年4月開園)のレッサーパンダの飼育の歴史は、昭和59年~60年に中国の北京動物園から寄贈された3頭のレッサーパンダ(シュウシュウ、ケイケイ、パンパン)がはじまりでした。昭和61年に初めての子(リンリン)が生まれてから今日までに55頭が生まれ、そのうち41頭が生育しています。』(西山動物園ホームページの「レッサーパンダ家系図」より)

 

家系図を見ると、レッサーパンダは各地の動物園の間で行き来してるんですね、ここで生まれた子どもたちも全国にお嫁入り、お婿入りしてます。

 

昼寝しているレッサーパンダ(ミルキー)

ここで生まれたわけではないんですが昨年兵庫県の神戸市王子動物園に引っ越していたミンファが無事出産したと、先日の新聞に載っていました。

ミンファといえば「脱走女王」…度々の脱走で有名というか一躍アイドルになった美形の雌ですが、引っ越し先でも元気なようです。

右の写真の「ミルキー」は、そのミンファの子ども。でもさすがにこの暑さにはまいるのか時々呼吸を荒くしながら小屋の中でぐったり寝ていました。

逆にこの暑い中でも元気だったのがサルの仲間たちで、天井からぶら下がったり走り回ったりしています。これは動き回るお母さんの背中にしっかりしがみついたボリビアリスザルの赤ちゃん。他にもヘアスタイルに特徴があるフランソワルトンという珍しいサル(下の写真)やシロテナガザルの子どもを見ることができました。

 

帰りには道の駅西山公園に寄ってみましょう。丘の上にある公園からエレベーターで直接道の駅に入ることができます。ここの名物は何と言っても「西山コロッケ」。コロッケ消費量日本一の福井県民にも大人気のおいしいコロッケです。でもこんな暑い日はまず「つつじソフト」ですね。ツツジで有名な西山公園にちなんでフレーバーにこだわった人気商品です。そういえば7月25日に発売になったばかりの「さばえいちごアイス」もおいしそう。パッケージのレッサーパンダもかわいいですね道の駅西山公園ホームページ

 


 

アクセス

1) 自動車

北陸自動車道 鯖江ICより 車で5分
※西山公園南にある鯖江市嚮陽会館前駐車場(2時間以内無料)を利用可。

2) 電車・バス

・JR福井駅から徒歩3分の福井鉄道「福井駅前」で上り(越前武生方面行き)に乗車(時刻表)、「西山公園」で下車(35分、370円)、徒歩5分

・JR福井駅で北陸本線敦賀方面行きに乗車、「鯖江」で下車(15分、240円)。つつじバス「JR鯖江駅」1番のりばで①中央線に乗車(時刻表)、「西山公園」駅で下車(5分、100円) 徒歩1分

 

鯖江市西山動物園
所在地    鯖江市桜町3丁目8番9号
開館時間 9時から16時30分まで
定休日    毎週月曜日(祝祭日の場合は火曜日)および年末年始12月29日から1月3日まで
電話番号 0778-52-2737

 

<PR>
福井で第二の人生を!
福井駅まで徒歩2分 安心・安全・便利な住まい
住宅型有料老人ホーム リゾートケアガーデン・ディモラ・イワイ
お問い合わせ TEL:0776-30-1910
国土交通大臣免許 (3) 6394 日本システムバンク(株)システム不動産

同じカテゴリーの関連動画