字幕のオン/オフを切り替える

社長の立山日記(その4) 神の道~立山縦走

2016年07月20日 更新
スポーツ・レクリエーション もっと見る

立山、神の道

【2015年9月21日~22日 日本システムバンク株式会社野坂社長の立山登山 2日目】

9月22日、6:40に雷鳥沢を出発。社長お気に入りの「神の道」を通って立山の主峰、雄山を目指します。ここはかつての山岳信仰の登山道、禅定道(ぜんじょうどう)の一部で、8月頃にはあたり一面に色とりどりの高山植物が咲き乱れます。

 

立山、雄山の登り

雄山の頂上ももうすぐ。積み重なった岩をよじのぼるようにして登ります。

 

立山から見た槍穂高

雄山(3,003m)から見た北アルプス。遠くに日本アルプスの象徴、槍・穂高連峰が見えています。

 

立山、雄山頂上

雄山頂上の岩の上には雄山神社の峰本社があります。ここへの参拝は有料で、手前にある社務所で受付をしますが、今回は参拝せずに先に進みます。

 

立山、雄山から見た剣岳

神社を過ぎると稜線の先に剣岳、さらにその先に富山平野から日本海が見えました。

 

立山、大走りを下る

大汝山(3,015m)、富士の折立(2,999m)を過ぎて真砂岳手前の鞍部に下り、そこから出発点の雷鳥沢を目指して「大走り」と呼ばれる道を一気に下ります。12:10 雷鳥沢に到着。

今日は素晴らしい天気に恵まれて絶景を堪能しました。

 

ルート図

同じカテゴリーの関連動画