食べよう!ふくいの地魚<福井県・まちかど県政>

2016年08月02日 更新
食文化 もっと見る

福井と言えば食べ物、特に海産物がおいしいことが自慢ですが、県民の食卓では魚離れが進んでいます。そこで県では地元で獲れる魚介類の魅力を伝えるために、福井市中心部に「ふくいの地魚情報館」をオープンしました。県水産課企画主査 頼本華子さんの隣に写っているのは越前若狭の魚をPRする「福ととくん」です。

 

同館では県内で水揚げされた鮮魚や水産加工品を販売している他、魚の美味しい食べ方など様々な情報を発信しています。この日は県漁協女性部連合協議会の皆さんが作った「浜の母ちゃんの料理」も登場し、これまでサイズが小さいなどの理由で販売されなかった魚などを使った料理の試食とそのレシピが紹介されました。

 

また福井県は越前ガニの雌であるセイコガニを昨年度から県内すべての中学校3年生に提供。生徒たちにカニの食べ方や味を伝えて県産魚介類への関心を高めると共に故郷への愛着を深めてもらおうと、講師がカニのはさみや爪を使って上手に食べる方法を紹介しています。

 

ふくいの地魚情報館の営業時間は平日が午前10時から午後6時まで、土曜、日曜、祝日が午後2時まで。場所は福井駅に近いお堀端にある福井県水産会館の1階です。

 

食べよう!福井の地魚 <福井県・まちかど県政>(2011/12/4 公開)
制作・著作 福井県
日英字幕および説明文制作 GEN
※福井県の許可を得て掲載しています。

タグ

同じカテゴリーの関連動画