スタッフブログ

2018/08/20

ふくい暮らし


福井城二の丸堀の石垣を再現した掘割広場。背景は福井城址に建つ県庁。

 


2年前に完成した「三の丸西堀水景」

 

福井市中央公園の南半分を覆っていたフェンスが撤去され、同公園が4年ぶりに全面オープンしました。以前に比べると見通しが良く明るい雰囲気になっています。公園の西側には浅い池でお堀を再現した「三の丸西堀水景」が2年前に作られていますが、今回はそれに加えて当時と同じ工法で当時と同じ高さの石垣が再現されたという「掘割広場」などが完成し、公園全体が歴史をテーマに生まれ変わりました。残る課題は福井城址の本丸、県庁の行方かな。。
TS

2018/08/16

 

主人公の結乃は福井のショッピングモールの化粧品売り場で働く美容部員。
宮下さんも福井出身で福井在住なので、「多分あのショッピングモールを想定して書いているのかな」なんて想像すると俄然身近な話に思えてきます。

 

タイトルの『メロディ・フェア』は、あのビージーズの「メロディ・フェア」のことです。
私の世代にはとても懐かしい曲で、大ヒットしたイギリス映画「小さな恋のメロディ」の主題歌
でした。この曲、結乃が働くショッピングモールの閉店時間になるとかかる曲なんです。

 

小説では、結乃の仕事や家庭での様子が淡々と描かれていくのですが、その中で絶妙なアクセントに
なっているのが福井弁です。

 

福井県民の私は、福井弁は通じにくい方言の一つだと思っていたのですが、宮下さんはネイティブな
福井弁を容赦なく挟んできます。話しの流れの中での方言は、地元の人が思うより意外と通じるものなのかもしれませんね。

 

また、接客の場面ではこんな会話もありました。
(結乃)「ほかはよろしいですか」
(客)「よろしかったですか、って言わんの。今はみんな、よろしかったですか、やろ。でも、よろしいですか、でよかったんや。なんや、すっきりさわやかやわ」
宮下さんはやはり言葉のプロ。ゆるやかなストーリーの中でも、昨今の妙な日本語についてはきっちりと物申してきました。

 

もうひとつ。先輩の美容部員が結乃に言います。
「ほっこりって言葉、やめたほうがいいわよ。何も考えてない子みたいに聞こえるから」
おー、「ほっこり」という言葉に異を唱える人がここにもいたかと私は思わず溜飲を下げました。

 

福井弁に癒されて、誰にでもある子どもの頃の記憶に導かれるような、そして化粧の持つ不思議な力についても改めて気付かされる小説でした。(H.S)

2018/08/14

制作日記

 

100円ショップにあってもいいくらいの簡単な物なのに、ずっと探していて見つからなかったものをやっとep-models.comで入手できました。それがこのドローンレース用のゲートとして売られている輪っか。薄い布とワイヤーでできていて内径が35cm、外径が48cmのものです。これをマイクスタンドにぶら下げて、小さなトイドローンで行う操縦練習に使っています。正確に飛ばさないとすぐひっかかって簡単に墜落するのでなかなか難しいです。
TS

 

2018/08/10

花火

三国花火水上花火
三国花火大会公式サイトより

 

今年も、8月11日に北陸最大級の三国花火大会が福井県坂井市の三国サンセットビーチで行われます。三国花火大会は今年で38回目となります。約1時間で10,000発の20号玉(二尺玉)、10号玉(尺玉)、7号玉、5号玉、4号玉、3号玉音楽スターマイン(速射連発花火)、斜めスターマイン、ナイアガラ、仕掛花火、水中花火(4号玉~20号玉)などが打ち上げられます。

 

中でも名物は、迫力満点の花火師が直接海中に投げ入れる水中花火です。

 

 

こちらの動画は2017年の三国花火ダイジェスト版です。

 

海を目の前にして見る花火大会は大迫力で、水面と夜空を照らす光、響き渡る重低音に感動すること間違いありません。機会があれば是非行ってみてくださいね。

 

T.F

詳しくはこちらからご覧くださいね。

第38回 福井県坂井市 三国花火大会

2018/08/08

グルメ

「ベイカリウム」は昨年オープンした、まだ新しいパン屋さんです。
ここではパンはショーケースに並んでいて、最近ではめずらしい対面方式で販売しています。
確かにこの方が衛生的ですし、衝動買い防止にもなりますね。

 

店内も素敵な雰囲気で、ちょっとレトロな雑貨屋さんといった感じ。
パンも手作りで丁寧に作られた味わいがあっておすすめです。(H.S)

 


お店の看板プレート
スタイリッシュでパン屋さんぽくないですね

 


エントランス付近

 


パンの袋にもロゴが映えてます

 


この日買ったパンたち 
サービスでほうれん草のパンをいただきました
このパンのおまけ一個が無性にうれしかったりします

2018/08/07

ふくい暮らし


福井市末町の田園風景

 

福井に限らず山が近い田畑の周囲には必ず電気柵が設置されています。
イノシシ、シカ、サル、アライグマ、ハクビシンといった動物が圃場に入らないようにするためです。

 


電気柵の電源装置

 

道端で見かけた電気柵用の電源装置に「アニマルキラー」という商品名がついていました。

 

実際には電気ショックで動物を驚かすだけで殺傷するわけではありませんが、
これくらい強い響きの名前でないと、獣害に悩む農家の人にはアピールしないのかもしれません。
T.S

2018/08/05

グルメ

ルプリュムーチョ(Le PLUS MUCHO)は昨年オープンしたばかり。スペインとフランス、それぞれの国と料理を愛する二人の料理人が始めたお店ということで、先日お昼に初めて行ってきました。

 

ランチは2種類あり、私はパエリアコースをチョイス。もう一方は肉料理だったと思います。夜は
タパス料理や自家製ソーセージもあるとのことなので、ワインを飲みながらゆっくりできそうですね。(H.S)

 


季節野菜のサラダ(友達がサーモンのマリネをのせてくれました)

 


パエリアはそれぞれ一人用のパエリア鍋で出てきます 

 


デザートのヌガーグラッセ、とても美味でした 

 


天井が高く、すっきりしたデザインの店内

 


エントランス外観 

 

2018/08/01

祭り・イベント

2018 福井フェニックスプラザ ポスター

先日のブログでご紹介した福井フェニックスまつり。

1日目(8月3日)のメインイベントはフェニックス花火でしたね。

 

そして祭りの2日目も様々なイベントが市内のあちこちで催されさらに盛り上がります。

今回は「YOSAKOI イッチョライ」のご紹介です。

 

外国人にも大人気の「YOSAKOI イッチョライ」は、

8月4日、15:45から福井市の中央大通りで始まります。

合計39チーム(一般31チーム、こども3チーム、県外5チーム)で競います。

 

なぜそんなに好きなのか、ある外国人に聞いたところ、あの独特な衣装と激しい音楽、

圧倒されるダンスが大変魅力的だと話していました。

女性が巻いている「さらし」がかっこいい、挑戦してみたいと話す方もいました。

 

 

こちらの動画は去年の福井フェニックスまつり 「YOSAKOI イッチョライ」の一部です。

暑い中、参加者の皆さんは力強い踊りを披露しました。

おそろいの派手な衣装を着て大きな旗を振り、叫び声にも近い掛け声をかけ合い、

ピッタリ合った踊りは圧巻のパフォーマンスでした。

 

「YOSAKOI イッチョライ」は、福井商工会議所青年部が 「YOSAKOI ソーラン祭り」

(高知県の「よさこい祭り」と「北海道のソーラン節」を融合させたイベント)に出会い、

福井市でも開催しようと1999年に始められました。

 

ルールはシンプルに2つだけです。

手に鳴子を持って踊ることと、曲の中にイッチョライ節のフレーズを取り入れることです。

 

機会があれば是非、見てみてくださいね!

福井フェニックスまつり YOSAKOIイッチョライ

 

T.F

2018/07/30

制作日記


場所は福井県勝山市雁が原スキー場。広々としたゲレンデでレッスンを行います。

 


目印を置いて規定演技(?)の練習。

 

撮影にドローンを使っていることから、ドローンのインストラクターも務めるようになりました。

 

よく誤解されるのですが、ドローンを飛ばすためにいわゆる公の免許というものはなく、誰でも飛ばすことができます。
ただ安全上の理由で自由に飛ばせる場所には制限があって、趣味にしろ仕事にしろ自分にとって必要な場所で飛ばしたいと思うと国交省の「許可・承認」というものを受ける必要があります。
この許可・承認を受けるための講習を行っているわけです。

 

レッスンは不定期で申込のあったときにマンツーマンで行います。
さまざまな職業の方が、空撮や、監視、点検などいろいろな目的を持っていらっしゃいます。
そういう人たちのお話を伺うのも楽しみの一つです。
T.S

 

ドローンスクール | 白山AIファーム

2018/07/29

グルメ

「開花亭 sou-an」は、風情ある浜町通りの老舗料亭別館で、隈研吾氏設計による木の格子で覆われた外観がとても個性的でモダンなお店です。

 

ここはやはり特別な日に行きたいお店。友人から誕生日のお祝いはここでとのリクエストがあり、先日久しぶりにおじゃますることができました。

 

静かで洗練された雰囲気の中、ゆっくりと極上のお料理やお酒を楽しむことができて贅沢なひとときとなりました。(H.S)

 


店内は木組みがほどよい目隠しになり、特に夏は涼し気で落ち着きます

 


夏を演出するエントランスの大きな生け花

 


先附「雲丹豆腐、じゅんさい、ヤングコーン」

 


吸い物「鱧抹茶葛打ち 紅白素麺」

 


焼物「甘鯛XO醤焼き ほうれん草のソース」

 


強肴「和牛モモ肉西京焼き 白味噌ソース」

 


食事「鰻飯蒸し 止め椀」

ページ