スタッフブログ

2015/11/30

ふくい暮らし

勝山城が月明かりの中に静かに堂々と立っています。

 

この迫力ある勝山城、正式名は勝山城博物館と言い、日本一高い57.8メートルだそう。

 

1992年(平成4年)に福井県勝山市出身の実業家、タクシー会社創業者の多田清さんが築城したものです。

 

多田さんは勝山市に日本一高い五重塔や越前大仏もオープンさせたという地元に大変貢献された方でした。

 

私もいつか地元に貢献ができたらなと思いました。

T.F

2015/11/29

おでかけスポット

11月初旬、曹洞宗大本山永平寺に行きました。

全体的にはまだ緑が多くて紅葉の見ごろには早いのかなと思ったのですが、

川面や苔のじゅうたんの上の色付いた落ち葉に秋を感じます。

そんな中、燃えるような赤色のもみじの木があって、

モノトーンの重厚な建物に映えてきれいでした。

T.S

2015/11/25

日本の魅力

何と日本発祥の絵文字でした!受賞したのは「うれし泣きの顔」。
選ばれた理由は2015年に世界的に最も使われた絵文字だから。
絵文字は英語でもそのまま “emoji “と呼ばれるようになり、
今やSNSの広がりと共に世界的に使われているとか。
文字の伝達手段が、言語を選ばない象形文字に戻っていくような気がしますね。(H.S)

2015/11/24

京都

先日、社員旅行で京都へ行ってきました。

 

ほとんどの方々が初めてお会いした方ばかりでしたが、大変素敵な素晴らしい方々で楽しい時間となりました。普段の自分とは全く違う職種の方々、関東、北海道から来られていた方々、少々緊張しましたが話してみると、気さくに話していただき、話に花が咲きました。 早朝のバスの中でのO支店長の非常にユーモア溢れるMCから始まり(笑いが止まりませんでした)、「おたべ」工場見学、ゴージャスなホテルの懐石料理昼食、保津川下り、そして嵐山での自由行動、と楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

 

初の保津川下りは今回のメインイベントの一つです。美しい絶景にくぎ付けになりました。3人の船頭の方が漕いでくださり、その中の一人がなぜこの仕事をしているのかという質問に答えてくださいました。彼は消防士になりたかったそうなのですが、お客さんの笑顔を見るのが好きで、同じ体力勝負の仕事でもこちらの川下りを選んだのです。船頭になるには体力、技術的なことだけでなく、全ての岩の位置を把握する、自然との調和に細心の注意を払うことなどが求められ、簡単なものではないそうです。彼は10年以上の経験を積んできたそうです。

 

川下り中ずっと私たちに京都のことや保津川のことを話してくださり、ジョークで笑いを誘ったりと終始楽しい時間にしてくださいました。その時間なんと2時間!!彼らのユーモアのセンスと知識、そして何といっても尋常ではない体力と気力に圧倒されました。

 

T.F

 

2015/11/23

おでかけスポット

日本むかし話のような風景の中にたたずむ古民家の、

かやぶき屋根の上に載っている「ちょんまげ」のような飾り。

これ、本当にこの家の住人が武士であることを象徴していたんだそうです。

山里にひっそり隠れ住んでいたサムライの誇りでしょうか。

福井県坂井市、千古の家にて。

T.S

千古の家

2015/11/19

おでかけスポット

福井駅前に設置されている3体の動く恐竜模型、

駅に向かって左からフクイラプトル、フクイサウルス、フクイティタン。

背景の、恐竜時代を描いた壁面と相まって迫力があります。

残念ながらこの模型の展示は今年12月までの期間限定ということで…

いろいろ事情はあるのでしょうが、

むしろもっと恐竜が増えてもいいな~という気もします。

T.S

福井駅「恐竜広場」のご案内(福井県HP)

 

2015/11/18

ふくい暮らし

11月は文化祭のシーズンです。
先週末は福井市中央公民館の文化祭がありました。
公民館の講座で習い事をしている人たちが
日頃の成果を発表する年に一度の機会でもあります。(H.S)

2015/11/17

グルメ

 

11月15日、三国で開催されたカニ祭りの撮影に行ってきました。到着早々、立派な茹でたての「越前がに」が湯気をあげて並んでいました!! 

 

 

越前がにといえば、黄色いタグ”識別マーク”。あれは越前町漁協が1997(平成9)年に始めたものです。 福井で獲れた蟹にしかつけられないのですが、福井で獲れていないにも関わらず、「越前がに」と呼んで売買されるということが国内外、後を絶たなかったため始められたそうです。タグは黄色で長さ約二十センチ。「越前がに」のブランド名と水揚げされた漁港名が書かれており、はさみにつけられており、タグを付けたままカニをゆでることもでき、一度取り付けると、外すには切り取るしかないという。。。

 

カニ祭りでは、祭り屋台の他、大きく分けて3種類の蟹、越前がに(小)、ワカがに(中、柔らかい)、ズワイがに(大、お値段も高い)が市内よりお安く販売されていました。 ちなみに最も大きな記録は雄が甲幅158ミリメートル、雌が98ミリメートルだそうです!

T.F

2015/11/16

グルメ

福井県坂井市の古民家「千古の家」では地元のそば粉を使った十割そばの他、

より素朴な調理法である「そばがき」を食べることができます。

そばは大好きというシャーロットが初めてのそばがきを味わいました。

そば粉をお湯で練った「おちらし(麦こがし)」のような食べ物で、

いわば「そば粉」そのもの。

これを適当な大きさにちぎって、

わさび醤油で、またはきな粉、黒蜜など好きな味をつけて食べます。

シャーロットのお気に入りはわさび醤油でした。

詳しくは後日。

T.S

 

2015/11/12

自然・植物・動物


今年もオリーブの実がなりました。
昨年より豊作のようです。
しかし、渋抜きをしないことには食べられません。
昨年は失敗してしまいました。
今年は何とか食べられるよう頑張ります!(H.S)

ページ