スタッフブログ

2015/12/29

おでかけスポット

岐阜県関市にある、名も無き小さな池が最近にわかに脚光を浴びています。
清らかに透き通った、静かな池の水面には睡蓮の葉が浮き、
可憐な花が咲く美しい光景が、フランスの印象派画家モネの代表作
「睡蓮」に似ていると評判になっているのです。
山からの湧き水が絶えず流れ込むため、その池の水は常に青く澄んでいて
それは幻想的な美しさだそうです。
一度この目で見てみたいものですね。(H.S)

2015/12/28

アート・工芸

 

事務所の中にある、スタジオ内に、個性的で目を引く絵が二枚あります。

お洒落で素敵だなと思い見てました。

 

絵を描く時、白黒の絵は知的な思考力が発達しているときに描かれることが多い。

 

白はリセットとスタート。

白が気になる時、何かを一度リセットし新しいスタートをしたいときかもしれませんね。

 

黒は抑圧と守りの色と言われています。

感情を隠したかったり、周囲と距離をおきたい、自分を守りたいという時に黒が使われます。

黒は感情を感じさせない色。

 

 

 

青は鎮静と抑制の色。

落ち着きたい、落ち着いている時に使いたくなる色。

外向きの力を抑え、落ち込んでいるとき、自分自身のことを考えている時にも青が使われる 。

 

色を通して、自分だけではなく、周囲の方々、お子様の様子がよりわかります。(特に子供たちは大人たちよりも、言葉数が少ない分、絵に使う色からの方が様子が理解しやすいです。)

しかし、これはあくまでも統計学や、一般的に言われていることなのです。

十人十色、中にはシンプルに個人の好みなどもあるので当てはまらない場合もあります。

 

どうぞお楽しみください。

 

T.F

2015/12/27

旅行

クリスマスにも雪が積もることはなく、

今年の福井の年末は暖かいと感じています。

1か月前に旅行で訪れた日光の中禅寺湖がすごく寒かったので、

もうすぐ福井もこんなふうに寒くなるんだなーと思ったのですが、

最近発表された気象庁の1か月予報では暖冬傾向が続くということで、

どうやら雪のないお正月になりそうです。

T.S

2015/12/24

雑感

先日、友人たちに誕生日を祝ってもらいました。
友人の一人が手作りのバースデーケーキを作って
持ってきてくれたのですが、これが最高に美味しかった!
彼女は本格的にお菓子作りを学んでおり、
ワークショップもやっているので、
このままケーキ店のショーケースに並べて売れそうなくらい。
スポンジはしっとり、甘さも控えめだったので
1ホールでも食べられそうでした。(H.S)

2015/12/23

旅行

先月の社員旅行の際、日光東照宮で撮影した有名な三猿です。来年は申(さる)年ということで、きっとこの猿たちも年賀状で大活躍しているんじゃないかと思います。

 

神馬のための馬小屋である神厩舎(しんきゅう)の壁面にあります。映像内では「うまや」と紹介されていますね。猿は馬の守り神と考えられているのでこの建物に猿が彫られているとのこと。

 

昔修学旅行で初めて見た時は有名な割には「小っちゃ!」という印象で、非常にたくさんある東照宮の彫刻の中で、どうしてこれが特に有名なんだろうというのが疑問でした。

 

実は「三猿」って世界中にあるんですね…場所によって意味が変わるのが面白いところですが、こうして比べてみると日光の猿たちは姿かたちもチャーミングで、世界的に有名というのも納得できます。

T.S

 

The photo of three monkeys clicked at Gandhi ashram
photographed by Mitva Shah

インド、ガンジーの僧院にある三猿。「悪を言うな、見るな、聞くな」。

 

A billboard encouraging secrecy amongst Oak Ridge workers

アメリカ政府機関の従業員に向けた看板。「ここで見たこと、やった事、聞いたことを外に持ち出すな」。

 

2015/12/22

おでかけスポット

 

大阪駅にあるビル、“Grand Front Osaka” (グランフロント大阪)は266店の専門店が集まる商業施設部分の他、オフィスやホテル、マンションなど高さ154~180メートルの超高層ビル4棟で構成されています。

 

飲食店も充実しており、中には午前4時まで営業する飲食街 「ウメキタ フロア」 もあります。

 

日本初の店舗もあり、その中のひとつには、映画にも出たり、20年以上、ニューヨーカーから愛され続けているパン屋さん「The City Bakery」も人気です!

 

夜になると駅内、駅周辺も賑わっています。

 

特に冬のイルミネーションの光はとても美しくお店に入らなくても楽しめますね!

 

T.F

2015/12/21

日本の魅力

芸妓さん

 

舞妓さん

 

<生計の立て方>

一般的に、舞妓さんの生活にかかる全ての費用を、「置屋」が出します。

生活費だけではなく、着物代やお稽古にかかる費用の面倒をみてくれのです。

お金は必要な分をお小遣い制でお母さんから舞妓さんへ。お給料制ではありません。

 

芸妓さんになると、自分で生計を立て、自分の能力等でお座敷に呼んでもらうようになるのです。

お給料を少し置屋へ渡すそうです。

 

<仕事内容>

舞妓さんの主な仕事内容は、お客さんにお酌をしたりお話相手になることです。

 

芸妓さんは芸を中心にした仕事内容となっています。

舞踊や音曲・鳴物で宴席に興を添えるのです。

 

<年齢制限>

舞妓さんは15歳頃~20歳前後です。

 

芸妓さんは、年齢制限はありません。

最高齢現役芸者(東京、浅草なので芸妓さんではなく芸者さんとよばれる)浅草ゆう子姐さん(92歳)という方がおります。

 

<舞妓と芸妓の関係>

舞妓さんと芸妓さんの関係を少し見てみましょう。

舞妓さんはお姉さん芸妓さんと杯を交わして一生を通しての教育係、

本当の姉のようになってもらいます。

舞妓さん達にとって、修行時代の大切な場所と時間を過ごす置屋, お母さん, 芸妓さん達, 舞妓さん達の関係は一生続きます。

本当の家族の様な感じなのです。 

 

                                舞妓さん              芸妓さん

 

どうでしょう、大きく分けるとこのような違いがあります。

舞妓さん、芸妓さんの世界は語るには非常に多くの物事があります。簡単には語れません。

その他にもたくさん違いがあります。

 

厳しい作法の習得、経験を重ねて美しい舞妓、芸妓さんになれるのです。

そして日本の文化になくてはならない存在となり、毎日おしとやかに輝き続け,人々を魅了しています。

 

舞妓さん

 

T.F

2015/12/20

ふくい暮らし


先週土曜日に福井市中心部の北ノ庄通りにあるビルから撮った写真

新栄商店街って、上から見るとこんな風になってるんだ…

で、もう2ヶ月くらい前ですがこの商店街の中でビデオを撮ったのを思い出しました。

たまたま空き店舗をまるごと使ってインスタレーションをやっていたり、

個性的で面白そうな店が何軒かあって、

周囲の古びた雰囲気とあいまって、郊外のショッピングモールとは違った魅力を感じました。

T.S

2015/12/17

広島キャットストリートビューは、広島県がその魅力として掲げる
「暮らしが息づく路地裏風景」を、その魅力をいちばん知っている
猫の目線で探索するという、世界初のストリートビュー。
今年9月の開始以来、国内外で大きな反響を呼んでいます。
「猫の目線」で見る町の風景、皆さんの目にはどう映りますか?
ひととき、猫になった気分を味わうのもいいかもしれません。
それにしても広島県観光課のこのアイディア、
そして素敵な映像作品に仕上げた行動力はあっぱれです。
福井県も頑張って!(H.S)

2015/12/16

日本の魅力

置屋前を歩く舞妓さん

 

お茶屋

 

まず始めに、「芸妓」と「芸者」の違いはご存じでしょうか? 「芸妓」は京都で使われ、京都以外では「芸者」と呼ばれます。

 

<住む場所>

さてメイントピック、「芸妓、舞妓の違い」に戻りましょう。舞妓さんは芸妓さんになるための見習いです。

舞妓さん達の住む場所は「置屋」という家。しかし簡単には入れません。

 

15歳頃の女子→条件を確認→応募→書類審査→合格→「置屋」に1年間仕込み(置屋と御茶屋のお手伝いやお稽古)として入れる→舞妓試験→舞妓デビュー(お座敷にあがれる)、その後約5年間見習い期間→襟換(着物の色、髪型を変える式)→芸妓!!

 

「置屋」を拠点に彼女たちは約5~6年間の修行期間を過ごします。 

「お母さん」と呼ばれる置屋の主が舞妓さん達に花街の様々な作法やしきたりを教えたり、お稽古の手配、面倒をみるという本当のお母さんのよう。 

「お母さん」は舞妓さんを養女として受け入れることもあります。

 

芸妓さんになると基本「置屋」を出ます。

芸妓さんの住む場所は私達と同じように普通の家、アパート、マンションです。しかし自身の芸のために「置屋」に残る芸妓さんもいるそうです。

 

華やかな世界の裏では相当な努力をされているのですね。

続きは次回、お楽しみに!!!

T.F

 

ページ