スタッフブログ

2016/04/30

音楽・演劇・ダンス

サルサは身体だけではなく、精神面も健康にしてくれます。

私自身の経験ですと、音楽を聴き、身体も動かすので、気分もリフレッシュされて、

風邪が一日で治ったこともあります。

音楽がメンタルに影響を与えることは科学によっても証明されています。

特にサルサは南米の音楽ということで、基本明るいです。楽観的になれるのです。

 

南米系の家族や親せきの集まりでは、みんなでワイワイしながら踊るという、

とても健全なダンスがサルサダンスなのです。

 

比べることをせず、どんな形でもただただ楽しむ、それぞれのダンスが正しくて

間違った形はない、音で遊ぶ、それがサルサダンスなのです。

 

是非、未経験の方もサルサダンスを始めてみてはいかがですか?

 

*シャイン(サルサソロダンス):日本のサルサダンサーKakuさんのレッスンから(サルサラボにて)GEN 動画(2016年03月23日 更新)より 

 

*こちらのブログもご覧くださいね(2016年2月3日掲載GENスタッフブログより)

 

*詳細、お問い合わせは下記よりお願いします。

サルサラボ (Salsa Lab)

住所:福井県福井市豊島2丁目2-24

サルサラボ ホームページ
サルサラボ フェイスブック

 

カク(Kaku)

カク(Kaku) メールアドレス

カク(Kaku)フェイスブック

 

T.F

2016/04/29

日本の魅力

約10年の間で、現在の「高野山」ができたのです。

当時、車はおろか、工事道具も今のように便利ではなかったはずで、

それでも10年で完成させました。

お弟子さん達、その他の工事に携わった方々ももちろん大変素晴らしい偉業を残しました。

また、それを始めようと思い、実際の行動に移した

弘法大師(空海)は非常に行動力と実行力がある方だったのだと感動しました。

 

山を切り開くまではいかなくとも、

私達も弘法大師を見習い、何かすべきこと、したいことがあれば行動に移していきたいですね。

 

T.F

2016/04/28

JETS, GraceJETS

 

2月25日~27日に開催された全米チアダンス選手権「NDA National Championship 2016」で、おなじみ福井商業高校チアリーダー部「JETS」がインターナショナル・チーム・パフォーマンス部門4連覇!

 

その時会場で撮られたビデオを顧問の五十嵐先生からお借りして来ました。

 

緊張が解けてほっとしたんでしょうか、快心の演技ができた喜びでしょうか、最後はみんなすごくうれしそうで、はじけてますね!

 

JETSの皆さんは今、入ったばかりの新入部員を交えて基礎練習をしている毎日かな、昨年見た練習風景が目に浮かびます。

 

T.S

2016/04/27

日本の魅力

いつ高野山にお寺が作られたかご存知でしょうか?

 

807年 (大同2年)

平城(へいぜい)天皇から立宗が認められて、真言宗が始まりました。

弘法大師(空海)が真言宗のお祖師様(真言宗を作った、おおもとの人)です。

中国で学んだことを分かりやすく伝えました。

 

816年(弘仁7年) 6月19日

空海に修禅の道場、勉強の場として高野山を当時の天皇、嵯峨天皇より与えられました。

 

同年 7月8日 

高野山を下賜する旨、勅許を賜りました。

 

817年(弘仁8年)

弟子達を派遣し高野山の開創スタート。

 

818年11月

弘法大師自身が高野山に勅許後(天皇の許可後)初めて登り、次の年まで滞在しました。

 

何もなかった大きな山を切り開いて、現在の高野山ができたのです。

弘法大師は仏教だけではなく、「できないことはない」

ということも伝えたかったのかもしれませんね。

 

T.F

 

2016/04/26

制作日記

先日撮影をした当サイトオリジナル企画「着物でおでかけ」。
この企画は実は半年以上前から温めていたものです。
日本文化を発信する上でやはり着物は外せませんから。
そんな中、友人の一人が着付けを、それもかなり本格的に
習っていることを耳にして、企画がにわかに現実味を帯びてきました。 
そこで撮影の話を持ちかけると、他の友人たちも快く参加してくれることになり、
まずは日程を決め、事前に全員で着物、帯、草履、小物類のチェックも済ませました。
万が一、帯紐や伊達締めなどが足りないと着付けができなくなってしまうからです。

 

そして迎えた撮影当日。
朝早くから自費で美容院へ行き、髪をアップにしてきてくれた友人や、
着付けを習っている友人は、着付けの先生(といっても参加者の中でいちばん若い!)を
応援に連れて来てくれたり、草履をわざわざ新調した友人も。
そして長い間たんすにしまいっぱなしだった私の着物も、本当に久しぶりに日の目を
見ることができました。
心配していた雨も降らず、無事に撮影終了。

 

参加してくれた皆さん、おつかれさまでした!

 


左の黄色の着物はこの友人のお母さんのもの。
右の黒い花柄の方は私の着物です。

 


このピンクの小紋と帯も私物。30年以上も前の着物です。

 


着物は後ろ姿も美しく、目を楽しませてくれますね。
(H.S)

2016/04/25

雑感

今月福井市中心部にオープンした「インターナショナルスクール EN.College(エン・カレッジ)」の各国から来た先生たち。(動画は準備中です)

 

この撮影の時もそうでしたが、僕は英会話に自信が無いのでGENのスタッフをはじめつい近くにいる達者な人に頼ってしまって、そのくせ後で寂しい思いをしたりします。一度や二度じゃないんですよね。

 

しょっちゅうそんな思いをするくらいなら自分で話せるようになればいいじゃないか、というわけで個人的に「今度こそ英語を話せるようになろうプロジェクト」始動です。

 

というわけで、ここに来ている小学生たちはすぐ当たり前のように英語で話すようになるんだろうな…と思いつつ、恥ずかしげもなくブロークンな英語をしゃべりまくってる自分を想像してます。

 

T.S

2016/04/22

出来事

平成28年4月14日以降、熊本県と大分県を中心に相次いでいる地震では

非常に大きな被害がでております。

 

多くの方々がお亡くなりになり、又は行方不明となっており、大変な状況です。

 

建物が崩壊し、家を失った方々もたくさんおられます。

 

現地では毎日余震が続いており、被災された方々の疲れもピークになってるのでしょう。

 

私達にできることとしては。。。

 

現地に出向き手伝う、支援物資を各自治体に持っていく、義援金を送る等々があります。

 

福井市の市役所では支援物資を市民から集めており、被災地へ送ります。

*福井市役所、熊本地震義援物資の受け入れ窓口詳細

4月23日で支援物資の受け付けは終了しました。5月8日まで義援金のみの受付となります。

 

お近くにそのような窓口がない状況でしたら、こちらからも協力ができます。

*日本赤十字社 平成28年熊本地震災害義援金の受付
(直接、お近くの日本赤十字へ義援金を手渡すこともできます。

又、ボランティア参加も受け付けております。)

6月30日までの受付となっております。

 

「TOKYOFMofficial」さんの動画をシェアさせていただきます。JFN加盟38のFM局では募金を受け付けており、集められた募金は日本赤十字社を通して、被災地の義援金配分委員会に全額送られ、救済に役立てられます。

 

多くの人が助けを必要としています。
現地へ直接行くことのできない私達にもできることがたくさんあります。
これら以外にも国内外で様々な支援活動が行われております。
もしできることが一つでもあるのなら、ぜひ行動してください。

 

この度の震災で心痛める日々が続いておりますが、
被害を受けている方が一日でも早く、
安全で安心な日常生活に戻れますよう心よりお祈り申し上げます。

 

T.F

2016/04/21

出来事

弊社の主事業はコインパーキング運営であり、
熊本県でも事業を展開しております。
このたびの地震発生を受け、九州地区を管轄する福岡支店の社員が
弊社が管理する熊本市内のコインパーキングへ緊急出動。
停電のため、駐車中の車のロック板を手動で一つ一つ下げていきます。
そんな緊迫した状況の中、福岡支店から石垣が崩れ落ちた熊本城の写真が届きました。

 

熊本城と言えば、言わずと知れた日本屈指の規模を誇る城です。
しかし今回の地震で多数の瓦が落ち、櫓がつぶれ、石垣もかなり崩れてしまいました。
修復には二十年はかかるという見通しに加え、修復費用も気が遠くなる額です。
そんな熊本市に近い弊社福岡支店では、トイレットペーパーなどの支援物資を最寄りの指定場所に
早速届けているスタッフもいたりと、地道な支援活動がこれからも続けられていくことと思います。(H.S)

2016/04/20

日本の魅力


この写真「奥の院」の、奥の方に弘法大師(空海)が眠っています。*奥側は撮影禁止

 

弘法大師(空海)(774年-835年)は何をした人?

人里から離れ、修行に熱中できるようにと

高野山の頂上に金剛峯寺を建てた弘法大師(空海)。

 

他にも様々な偉業を成し遂げました。

今日はその一部をご紹介させていただきます。

 

804年(延歴23年)に中国へ留学をしました。

2年という非常に短い時間で、真言宗の元となる教え(密教)の全てを学んだのです!!

帰国後は真言宗を始め、学んだ事を日本でわかりやすく広めていきました。

 

そして綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)という大学を作りました。

この大学は日本初の、身分や貧富に関係なく学ぶことができる大学で

それまでの日本の教育のあり方を変えてしまいました!

 

実は弘法大師(空海)が身に付けたものは真言宗の教えだけではなく、

土木関連の技術もあったそうです。

高知県にある日本最大の農業用ため池「満濃池(まんのういけ)」の改修工事も行ったそうです。

 

山の上にお寺を建てただけでも凄いのですが、さらに大学を作ったり、工事もしたりと

尋常ではない行動力と知識に圧倒されました。

 

 

T.F

2016/04/19

日本の魅力


この写真「奥の院」の、奥の方に弘法大師(空海)が眠っています。*奥側は撮影禁止

 

弘法大師(空海)の子供の頃の名前は「真魚(まお)」と言われており、父「佐伯真田公 善通(さえきのあたいだぎみ よしみち)」、母「玉依御前(たまよりごぜん)」に大切に育てられました。

 

好きな遊びは粘土遊びで、仏像を作るのが好きな子供だったらしいです。

 

粘土遊びが好きだったというところは、比較的、現代の子供たちとつながり、身近に感じられます。
しかし、その粘土で仏像を作るのが好きだったとは!幼少の頃から偉大さが感じられますね。

 

そして学生時代は非常に勉強することを好み、大変熱心に学業に励んだそうです。

 

大学入学後は、弘法大師(空海)の行動力の高さ、好奇心旺盛な部分がよく見られます。
大学→中国留学→仏教を学ぶ→建築も学ぶ→日本で仏教を広める→高野山にお寺を建てたいという思いが生まれる→実際に高野山に金剛峯寺を建てる

このように改めて弘法大師(空海)のことを知ってみると、止まることをせずに、動き続けていた、
精一杯生き抜いた方なんだと実感しました。

 

弘法大師(空海)の生き方を見習い、動き続け、精一杯生き抜きたいですね。

 

T.F

ページ