スタッフブログ

2016/05/30

ブログ

日本酒はまろやかですが、時に力強く、控えめながら存在感があります。

まるで「日本人」そのものを表しているようにも思えますね。

全国には数多くの酒蔵があり、様々な日本酒があります。

そしてすべての酒蔵に特徴があって、味や口当たりも違うのです。

海外では、日本酒はワインのようだと言われ、多くの人に愛されています。

ワインと同じように、造った人、造られた年や土地によって味が違うのです。

福井県にも多くの酒蔵がありますが、

今回ご紹介させていただくのは「黒龍酒造」。

黒龍酒造は江戸の文化元年(1804年)に初代蔵元、石田屋二左衛門さんによって

福井県吉田郡永平寺町に創業され、200年以上にわたり「良い酒を造る」

というシンプルかつ難しい理念のもと酒造りを続けています。

 

「黒龍」という名は「九頭竜(くずりゅう)川」の古名、「黒龍川」にちなんで付けられました。

「黒龍酒造」には色々な種類の日本酒があり、一つ一つ違った味わいが楽しめますが、

一般的には「透き通った味」「フルーティ」と言われることが多いのです。

特に「しずく」は私も大好きで、とても飲みやすいので、日本酒が苦手な方にもお薦めです。

是非一度「黒龍酒造」の日本酒を飲んでみてくださいね!

 

黒龍酒造 お酒の詳細はこちらから

 

T.F

2016/05/29

ブログ

福井市の郊外、秋になるととても賑わう「コスモス広苑」のすぐ近くに
5月20日、「Kisaki CAFE」がオープンしました。
ここは宮崎地鶏で人気の福井市片町「㐂鶏屋」の姉妹店。
ですからランチでもお店自慢の宮崎地鶏が食べられるのです。
それに福井の老舗ケーキ店「さんしゅうえん」のケーキも置いてあるので、
スイーツ女子にもうれしいお店です。
これから緑がどんどん濃くなる福井の田園風景に癒されて
静かなカフェでのひとときを過ごすのもいいですね。
テラス席もあります。(H.S)

 


田園に囲まれた、福井ならではの風景(Kisaki CAFE Facebookページより)

 


宮崎地鶏のランチメニュー 

 


宮崎地鶏とキャベツのパスタ

 


店内の様子。ディナータイムも期待できそう。

 

2016/05/26

ブログ

福井市の大安禅寺に行った時、迫力ある達磨大師の絵が掛けられていました。
恥ずかしながら、禅寺に達磨の絵が飾られている理由が今ひとつはっきり分からなかったので
調べてみたところ、達磨は中国禅宗の開祖と言われていて、インド人の仏教僧だったんですね。

 

この達磨によって中国に禅宗が伝えられ、臨済宗、曹洞宗などに分かれて、
日本の宗教にも大きな影響を与えたんです。
ですから禅寺では、達磨大師の掛け軸などを仏像のような役割で飾っているらしいのです。

 

また、達磨は岩壁に向かって九年も坐禅を組んで修行していたことで
手足が壊死してしまったという伝説から、「だるま」人形ができて、
宗派関係なく縁起物として広く使われるようになったということです。(H.S)

 

2016/05/25

ブログ

日本では、ここ10年で工場夜景が人気になっているのは存知ですか?

ツアーやサミットまで行われており、本格的です。

 

その大きな魅力が、写真や動画に収めた時の工場の姿です。

迫力があり、うっとりする夜景が撮れるのです。

 

ツアーはバス会社や船舶関係が行っているものです。

例えば乗船時間90分、大人1人4,600円で工場の周囲を回ります。

バス、船のツアー共に1ヵ月前には予約でいっぱいになってしまいます。

 

機会があれば是非参加してみてはいかがですか?

“beatphoto1”さんの動画“

【4K Timelpse】四日市工場夜景~日本の夜旅 工場夜景の聖域~”

をシェアさせていただきます。お楽しみください!

 

 

T.F

2016/05/24

ブログ

如何なる星の下に

最近本屋大賞を受賞されて話題になった宮下奈都さんをはじめ福井出身あるいは福井に縁のある作家はきっとたくさんいらっしゃると思うんですが全然読んだことがなかったんです。

ところがしばらく前に福井県の広報番組「まちかど県政」から「高見順を訪ねて」をGENに転載する際に興味を持って作品を読んでみたらこれが面白くて。「如何なる星の下に」の浅草の描写に椎名誠の青春三部作に通じるような魅力を感じました。

 

雁の寺

そして同じくまちかど県政から「水上勉を訪ねて」を今日アップしたわけですが、この人のお寺を舞台にしたミステリー「雁の寺」もとても面白かった。

今さらともいえる偶然の出会いでしたが、この二人の福井出身作家の本を全部読みたいと思いました。

 

高見順を訪ねて<福井県・まちかど県政>

水上勉を訪ねて<福井県・まちかど県政>

 

T.S

2016/05/22

ブログ

和菓子の特徴のひとつが季節を先取りして表現していくこと。
そしてその味だけでなく、目も楽しませてくれます。
抹茶の産地として名高い京都・宇治に本店を構える宇治茶専門店 伊藤久右衛門の茶房では
先日から「紫陽花パフェ」が登場しました。 

 


伊藤久右衛門Facebookページより 

 

色合いが何ともやさしく繊細で、
あたかも目の前で雨に濡れる紫陽花が咲いているかのようです。
食べるのがもったいないですね。(H.S) 

 

伊藤久右衛門公式サイト

2016/05/20

ブログ

先日のスタッフブログでご紹介しましたが、大阪は凄い人で賑わっています。

たまには休憩も必要ですね。

大阪にはたくさんのほっと一息つける場所、飲食店があります。

その一つにHUBというイギリススタイルの飲食店があります。
店内はイギリスパブの造りでメニューもイギリスのパブで出されるようなものです。
スポーツ観戦ができる大きなテレビがあるのも特徴です。

異国の雰囲気を味わいながら休憩をしてみるのはいかがですか?

 

HUB British Pub
http://pub-hub.com/

 

 

T.F

2016/05/19

ブログ

今、静かなブームを呼んでいるのが「写経」です。
コミュニケーションが「自動変換」で済むようになり、
文字を書くことがめっきり少なくなってしまいましたね。
また、こんなにも情報が溢れる中では、
自分を見つめ直すこともなかなかままならず...。

 

そんな毎日にちょっと心が疲れたかもと感じたら、
「写経」をやってみるのもいいかもしれません。
お寺などの静かな環境で、一文字一文字、書くことだけに集中することで
無心になり、心が落ち着きを取り戻してくれそうです。

 

 

都内などでも、気軽に写経体験ができる「寺カフェ」が女子に人気。
お抹茶や美味しい和菓子が付いてくるのもうれしいですよね♪

 

福井市でも「大安禅寺」で写経体験ができます。
詳しくはHPでどうぞ。 (H.S)

大安禅寺

2016/05/18

ブログ

関西を代表する大都会、大阪。
街の中はすごい人で賑わっており、
オフィス街もビルが立ち並んでいます。
ちなみに、昼間の大阪の人口は日本一だそうです。

同じ風景でも昼と夜では印象が全く変わり、

やはり夜の大都会はいつ見ても美しいですね。

「大阪の夜景動画チャンネル Night Movie Channel of Osaka Japan」さんの動画
「大阪の夜景 光輝く大都会 微速度撮影 Glittering Osaka City Night Time-lapse Japan」を
シェアさせていただきます。

日本の大都会の夜景をお楽しみください!

 

 

T.F

2016/05/17

ブログ

沖縄は古くから芸能の島とも言われ、現代も多くのミュージシャンや俳優を生み出しています。
そんな沖縄の「歌姫」と言うと、誰が思い浮かぶでしょうか。
ざっと挙げるだけでも、夏川りみさん、安室奈美恵さん、Kiroro、SPEEDなどなどたくさんいますが、
最近私が憧れる沖縄の歌姫は上原知子さんです。
上原さんは、沖縄を代表するバンド「りんけんバンド」の紅一点であり、ボーカルを担当。
そしてバンドのリーダー、りんけんさんこと照屋(てるや)林賢さんの奥様でもあります。
上原さんの声は、まるで天から届いたような声とでも言ったらいいのでしょうか、
突き抜けた神々しさに溢れているのです。
そんな上原知子さんの動画から沖縄民謡の「多幸山」をご紹介。(1'28") 

 

なお余談ですが、ガレッジセールのゴリは、りんけんさんの甥で、知花くららさんも
親戚にあたります。またりんけんさんの亡くなったお父様(照屋林助さん)は
沖縄では「テルリン」の愛称で親しまれ、戦後の沖縄芸能に多大な影響を与えた
偉大な人物でもありました。(H.S)

 

ページ