スタッフブログ

2016/12/26

映画

大ヒットした「永遠の0」の山崎貴監督と主演の岡田准一が再びタッグを組んだ映画
「海賊とよばれた男」
を観てきました。

 

冒頭シーンは「永遠の0」を一瞬彷彿とさせますが、今回は特攻隊員ではなく、実在した出光興産創業者の出光佐三がモデル。そして、2013年本屋大賞の原作でも印象に残った旧日本海軍の石油タンク底さらえの過酷さは映画でもたっぷり描かれています。

 

石油がまったく足りない戦後の日本、それらのタンクに確かに油は残っているとはいうものの、それは汚泥の中のわずかばかりの油だったのです。ポンプも機械も使えず、強烈な異臭と有毒ガスが溜まる
十メートルという深さの真っ暗なタンク底へ、社員たちは一人十分交替で命綱を付けて降りていくのです。

 

原作の中で、そんな仕事を請けた鐵造(佐三の役名)を見て社員の一人は、ただ驚きます。
「命知らずの海軍さえも手を出さなかったタンクの底に降りようと考えるとは。
しかも、そのことで見返りさえ期待しない。日本中が自分のことしか考えていない中にあって、
いったい何という人なんだ、この人は。」

 

そんな苦役をもいとわない日本人の労働に対する一生懸命さが今の日本を作り上げてきたのですね。「石油は国の血液や!」と叫ぶ鐵造の言葉に、今では当然のように使っている石油がもしまた輸入できなくなったら、と改めて考えさせられます。

 

またこの映画には私の好きな演技派俳優たちがこれでもかと出演しているのもたまりません。小林薫、國村隼、近藤正臣、堤真一、吉岡秀隆、染谷将太、浅野和之、野間口徹、光石研、鈴木亮平などなど。特に小林薫と國村隼は燻し銀の素晴らしい演技。そして鈴木亮平はさすが英検1級、完璧な英語を披露しています。

 

さてこの映画のクライマックスと言えば、やはり「日章丸事件」を再現したシーンでしょう。
山崎監督お得意のVFXを駆使して、日章丸が英国海軍の駆逐艦と真っ向から対峙する場面は
当時の乗組員たちの緊張が時を越えて伝わってくるようでした。

 

上映時間は2時間半ですが、長さを感じさせませんし、社員たちから慕われた佐三の生涯を共に生きているかのようでもあり、全編通して男たちが必死に頑張っている姿を見て知らず知らずに涙が頬を伝っている、そんな映画でした。(H.S)

 

2016/12/22

日本の魅力

2016年秋の社員旅行で訪れた山梨県吉田町にある

北口本宮富士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)。

大きな鳥居に圧倒されながら、進んでいくと2本の大きな木がありました。

拝殿前の両脇にある、樹齢千年!!の「富士太郎杉」「富士夫婦檜」という御神木は、

大変迫力があり、生き生きとしていて、美しくそびえ立っていました。

そっと触ってみると、神聖な感じがしました。

 

その他に、北口本宮富士浅間神社の境内にある

本殿、西宮本殿、東宮本殿は重要文化財に指定されています。

 

機会があれば是非、北口本宮富士浅間神社へ足を運んでみてはいかがですか?

 

北口本宮富士浅間神社ホームページ

T.F

 

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

2016/12/21

雑感

若狭三方縄文博物館のトイレの案内標識

これは福井県の若狭町にある若狭三方縄文博物館のトイレの案内標識。男女を表すピクトグラムが埴輪っぽくなってるのがかわいいですね。サインシステムは機能が第一だと思いますが、こんなちょっとした工夫がされていると楽しくなります。(T.S)

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

2016/12/14

アート・工芸

久しぶりに美術館へ行ってきました。
前々から楽しみにしていた 「ランス美術館展」を観るためです。

 


ランスとはフランス北部シャンパーニュ地方にある古都の名前。
「ランス美術館」はそのランスの中心部にあり、シャンパーニュで財を築いた
富豪たちからの寄贈品を基に、1913年に開館しました。

 

なぜ楽しみにしていたかと言うと、もう十数年前になりますが、
ランスを訪れたことがあるからです。
シャンパーニュのメゾンを訪ねてみたくて、パリから足を延ばしました。
街に着くまでに目に入るのはなだらかな丘陵地帯に延々と広がる葡萄畑。
陽の光を浴びるその風景はただ美しいだけでなく、
フランスが農業大国であることを改めて実感させるものでした。

 


シャンパーニュ地方の葡萄畑 

 

お目当てのメゾンはモエ・エ・シャンドンとパイパー・エドシックを見学。
両社とも見学コースが整備されており、製造工程をしっかり学べます。

 

ランスは世界遺産のノートルダム大聖堂がその威容を誇る静かな街でした。
パリと違ってのんびりしているランスでは、レストランで食べた食事もとても美味しく、
対応してくれたギャルソンも感じがよくて、旅のいい思い出になっています。

 

さてこの展示会での目玉は何と言っても藤田嗣治でしょう。
ランスは、藤田が洗礼を受け、レオナール・フジタとなり、
かねてからの夢だった礼拝堂建築を成し遂げたゆかりの地なんですね。

 

この藤田嗣治を含む計70点が並ぶ「ランス美術館展」。
私はバルビゾン派と呼ばれる風景画が好きで、今回の展示の中では
カミーユ・コローの「川辺の木陰で読む女」がお気に入りです。

 

会期は12月25日(日)まで。
何かと忙しい師走ですが、今年の締めくくりに普段なかなか観られないフランス絵画に囲まれて
しばし優雅なひとときを過ごすのはいかがですか。(H.S)

 

2016/12/13

おでかけスポット

先日、福井県坂井市丸岡にある「越前竹人形の里」に取材のためおじゃましました。

この日は、二人の出演者が竹を使って人形制作体験、その他様々な体験を行いました。

 

二人とも初めての体験ということで、ナイフで怪我はしないかハラハラしていましたが、

ベテラン職人さんのご指導のもとで、楽しみながら無事に全ての作業を終えることができました。

実は、こちらの45年の経歴を持つ職人さんは、もともと建具屋さんだったのです。

建築関係でドアなどを作っていた、それがもの作りの始まりだったそうです。

 

「越前竹人形の里」理事長の師田龍一郎氏も忙しいスケジュールの合間に、

撮影現場に来られて、二人にナイフの使い方などをアドバイスしてくださいました。

さすがプロです。外国人の二人にもすぐ伝わり、行っていた作業がよりスムーズに進みました。

 

後日アップ予定のGEN「越前竹人形の里」の動画も楽しみにしてくださいね!

 

越前竹人形の里公式サイト

http://www.takeningyo.com/

 

制作体験の詳細(所要時間、料金)はこちらを参考にしてください。

制作体験メニューは、5種類あります。

•竹とんぼ   ¥300円(税込)  制作に約20分

•雪ん子    ¥700円(税込)  制作に約20分+乾燥15分

•pen立て   ¥800円(税込)  制作に約20分+乾燥15分

•干支各種   ¥1,000円(税込)  制作に約30分+乾燥15分

•雛人形    ¥1,400円(税込)  制作に約30分+乾燥15分  

(竹人形の里 ブログ参照)

 

T.F

 

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

2016/12/07

雑感

歩道と同じタイルを貼ったマンホールの蓋。

 

まわりのタイルの模様に合わせて一つ一つ手作業で仕上げているわけですよね。

 

いつからこういう手の込んだことをするようになったのかわかりませんが、鉄のままより雨や雪の日には滑りにくいかもしれません。

 

でもそういう機能的な面とは関係なく、この歩道のタイルとマンホールの蓋が作る形がアブストラクトの絵画みたいで面白いです。

 

これもシンプルだけど細かい仕事してますね。

 

街を歩いているとそこだけ四角く切り取って壁に掛けたくなるような景色がたくさんあります。

 

T.S

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

2016/12/04

わが福井県を代表する作家、水上勉の名前はもちろん知っていましたが、
恥ずかしながら作品をちゃんと読んだことはありませんでした。
ところが当サイトGENで彼にちなんだ動画「水上勉を読んで京都を歩く」を制作することになり、
何冊か読んでみて、すっかり魅了されました。
そんな水上文学、今回は直木賞を受賞した『雁の寺』についてご紹介します。

 

映像が浮かぶような描写や、物語のクライマックスとも言える場面の斬新な構想については
すでに語り尽くされていると思いますが、主人公慈念の姿を借りて語られた水上勉の生い立ちと、
それが水上勉という作家に与えた影響にも興味は尽きることがありません。

 

水上勉は京都の寺に小僧として預けられることになり、九歳で故郷の若狭を出ます。
勉の家は、区長から村歩きという仕事を仰せつかい十二銭もらう、そんな貧しい家だったそうです。
それにしても、まだまだ母に甘えたいであろう、たった九歳の子が一人遠くの見知らぬ寺へ行くために雪道を歩いていく。そんな光景を思い浮かべるとただただ不憫でなりません。その時の勉は何を思っていたのでしょう。今はそんな子どもなんていないだろうけど、当時は勉みたいな境遇の子が意外といたのかもしれません。勉が汽車の中から改札口を見るとそこにはたたずむ母の姿がありました。

 

読みながら、フロイトの考え方からの「偉大な表現者は、子どもの頃の親子関係に何らかの問題を抱えていた」という精神分析者 岸田秀さんの言葉が頭をよぎります。太宰治しかり。

 

司修著『雁の寺の真実』や自身の全集のあとがきで、水上勉はこんなことを言っています。
「苦境ばかりで、苦境を乗り切るということが私は語れないんですよ。どうにもなりません。」
「『雁の寺』にも書きましたけど、和尚は私を起こすのに紐を私の腕にくくって引っ張るんです。
それは辛かったです。」
「私の生涯の、九歳から十九歳までの、大事な精神形成期に、寺から教えられた人間苦の問題を、そうたやすく消しゴムで消すふうには忘れ去れないのです。一生、その部分は私につきまとい、死ぬ時の棺にまで入るにちがいありません。」

 

『雁の寺の真実』にはGENにもインタビュー出演していただいた京都・相国寺の有馬頼底管長が
「水上文学と禅」と題して寄稿しています。その中から一部引用したいと思います。

 

「水上さんとは世代は違うが、寺に入るということで似ているところがありました。
母親に対する思いも共通しています。水上さんもお母さんをすごく慕っている。私もそうです。
水上さんはよくご自身のことを、破戒坊主と言われますね。けれどもあれでいいんです。
あの人がもし禅の道へまっすぐ進まれていたら、それこそ超一流の禅僧になっているはずなんですね。作家として超一流になられたのはそれでいいと言いながら、やはり私は禅僧として生きていただき
たかった。もしあの方がそういう道を歩まれたなら、おそらく禅宗界を変えていたかもわからないですよ。それだけの人やと思います。」

 


『雁の寺』の和尚のモデルである相国寺塔頭瑞春院(上記写真)の山盛松庵和尚が、京都・河原町松原の路上で交通事故に遭って亡くなったのは昭和三十四年のことでした。
『雁の寺』はこの和尚の死後、昭和三十六年に発表され、同年直木賞を受賞。(H.S)

2016/12/01

日本の魅力

先日、社員旅行で山梨県吉田町にある北口本宮富士浅間神社

(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)に行ってきました。

 

色鮮やかな紅葉も見られ、空気は澄んでいて終始、清々しい気分で、時間を過ごせました。

紅葉は北半球の温帯地域でしか見られないもので、全世界どこでも見られるものではありませんね。

一部の東アジア、ヨーロッパ、アメリカそして日本で紅葉は見られます。

その中でも日本の紅葉は「世界一美しい」と言われています。

 

日本の紅葉の魅力の大きな一つはなんと言っても、多彩な色の変化。

ヨーロッパやアメリカの紅葉が黄色を主体にしているのに対して、

日本の紅葉は赤や緑や黄色といった、お互いの色が鮮やかに映える、コントラストが楽しめます。

 

それもそのはず、落葉樹の種類が欧米の倍あります。

日本は26種類、カナダ13種類、欧州13種類。

 

「Discover Nippon」さんの動画 

「[4K]KYOTO JAPAN 美しい京都の紅葉

More beautiful Kyoto autumn in the world 京都観光 日本の紅葉」

をシェアさせていただきます。お楽しみくださいね。

 

 

T.F

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら