スタッフブログ

2017/02/27

ブログ

先日、福井県立音楽堂(ハーモニーホールふくい)で弦楽アンサンブルの演奏会を聴いてきました。
これは福井出身の弦楽器奏者四人が企画したもので、日本を代表する弦楽四重奏団「ジャパン・
ストリング・カルテット(JSQ)」を福井に招いての合同演奏会です。

 

JSQの四名は元東京音大教授で世界的バイオリニストの久保陽子さんはじめ、元NHK交響楽団首席
ビオラ奏者の菅沼準二さんなど、戦後の国内クラシック界に名を刻む重鎮たち。演奏家として、
指導者として長年活動してきた大先輩方との共演は福井の四人にとっても、個人レッスンだけでは
学べない、素晴らしい成果を得ることができたようです。

 

コンサートでは、まず県内の四名による弦楽四重奏に続き、最後には八名全員による息の合った
弦楽八重奏が披露されました。JSQの皆さんはいわゆるシニア世代なのですが、音楽はいくつになっても続けられるだけでなく、さらに熟練していくものだと示してくれた気がします。

 

一度バイオリンの方の譜面が落ちて、やり直しをしたのですが、アンコールの時にその曲をまた
演奏してくれました。「さっき譜面が落ちたのでもう一度やります」なんて言いながら…。
その様子がすごく洒落てて余裕があって上品で、素敵でした。

 

これまで弦楽にはあまりなじみがなかった私ですが、バイオリンやチェロの音色に春の訪れを感じて、
草原を渡るそよ風が吹いているような、透明感あふれる美しい音に包まれた贅沢な時間でした。

 

実は福井県では「芸術教育推進事業」を行っており、その一環として指定の小学校に弦楽クラブが創設されました。そのクラブの指導にはこのコンサートを企画したメンバーが当たっており、何とも
恵まれた環境です。演奏会には、その指定小学校の先生も来ていたのですが、「放課後、校内からバイオリンの音色が聞こえてくるってなかなかいいものよ」と言っていました。 確かに優雅ですよね。(H.S)

 


福井新聞より

 


「ハーモニーホールふくい」 Facebookページより

2017/02/24

ブログ

今回は、2016年の社員旅行で行った北口本宮富士浅間神社の

のご利益をいくつかご紹介させていただきます。

富士火山鎮護、開運、安産祈願、子授、殖産守護、火防守護、

子育大願、容姿端麗、金運招福にご利益があります。

 

北口本宮富士浅間神社はパワースポットとしてもよく知られています。

特に最近では、独身女性に人気だとか。こちらの神社の主祭神は美を司る姫神、

木花開那姫命(このはなさくやひめのみこと)といういうことで、女性が足を運ぶのは

この主祭神のパワーを頂くためなのです。

 

女性の皆さん、機会があれば足を運んでみてはいかがですか?

男性の皆さんも、もちろん訪れてみてくださいね。

T.F

 

ホームページ(日本語): 北口本宮富士浅間神社

Official Website (English) : Kitaguchihongu Fuji Sengen Jinja

 

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

2017/02/21

ブログ

川島小鳥展 境界線で遊ぶ

金津創作の森アートコアで開催中の写真展「川島小鳥展 境界線で遊ぶ」に行ってきました。被写体へのストレートな視線がいいなあ。それが表れてしまう写真というメディアの不思議な魅力を感じます。

 

川島小鳥展 境界線で遊ぶ

今週末の2月26日にはご本人、川島小鳥さんのトーク&ワークショップがあるとのこと。写真家の言葉を聞いてみたいですね。

 

おやすみ神たち(部分)

言葉といえばこの会場に写真とともに展示されていた谷川俊太郎の詩の冒頭の一節が心に残りました。

T.S

 

↓金津創作の森のページ

川島小鳥展 境界線で遊ぶ

2017/02/19

ブログ

美容院などでやってもらうヘッドスパ。
すごく気持ちがいいですよね~。
至福のひとときです。
でも時間と費用がかかるのがちょっと…という貴方、
「椿油」があれば、自分で手軽にできちゃいますよ。

 

■やり方(大島椿説明書より)
椿油をティースプーン1~2杯程度、
指先に取って、指の腹で
シャンプー前の乾いた頭皮全体に
まんべんなくやさしくなじませます。
髪ではなく頭皮!を意識して。  
      ↓ 
そして5分程度おきます。
(その間、私はシャワーキャップをしてお風呂に浸かっています)
      ↓
ぬるま湯で髪と頭皮をよくすすぎます。
      ↓
シャンプーで頭皮を丁寧に洗います。
(洗い上がりが気になる時は二度洗いしてもOK)
      ↓
ドライヤーで乾かします。
(ドライヤーは根元から毛先に向かって吹きおろすように)
(下から風を当てるとパサついて広がりやすくなるそうです)

 

頭皮は汚れがたまりやすく、毎日のシャンプーだけでは落とせないそうです。
椿油は皮脂と同じ成分を含むため、刺激が少なく無理なく汚れを浮かせる、頭皮にやさしいオイル
なんですね。オリーブオイルよりもさらに多くのオレイン酸を含む椿油。頭皮や髪にもかなりの効果が期待できそうです。ケアは週一回で十分。一びん千円台で何回か使えるのもうれしいですよね。

 

頭皮と顔の皮膚は一枚皮だと言われます。 
頭皮をちゃんとケアすることで顔のリフトアップにもなるそうですよ。(H.S)

 

2017/02/18

ブログ

「今年の福井の冬は雪が少ないですね」と言っていたのもつかの間、

2月10日あたりから数日間大雪になりました。

動画は、福井市中心部のお昼から夜の様子です。

夜の雪で覆われた街路樹、信号機の光そして走っている車のヘッドライトはとてもきれいでした。


この次の日、言うまでもなく街中、真っ白になっていました。

福井市の中心部は交通に問題はなかったのですが、

ところどころ除雪のされていないところは人も車も通りにくい状態になっていました。

 

T.F

 

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

2017/02/13

ブログ

マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の原作に出合ってから28年。
ようやく完成までこぎつけた映画 「沈黙―サイレンス―」を観てきました。
スコセッシ監督はシチリア移民の子としてニューヨークのリトル・イタリーで生まれ育ちました。
意外なことに監督は少年の頃、神父になりたかったそうです。
リトル・イタリーは敬虔なカトリック教徒の家庭が多く、しかし一歩街に出ればマフィアが牛耳る
という二面的なコミュニティでもありました。
そんな社会で育った監督の生涯のテーマが「信仰」と「暴力」であることは必然なのかもしれません。

 

私は今回、初めて原作も読んだのですが、映画は原作にかなり忠実なものでした。
オープニングに音楽はなく、映画はまさしく沈黙の中、幕を開けます。
本編でもほとんど音楽らしきものは耳に残りません。エンドロールにいたっては
風、雨、波、蝉、蛙、遠い雷鳴といった自然の音がごく控えめに流れるだけです。
私は監督のこの美意識に心から感動しました。このことは、原作に対する敬意だけでなく、
日本の風土や精神性に対して監督自身が深く理解しているからこそと思えたのです。
それもそのはず、スコセッシ監督は日本映画に対する造詣も深く、劇中、夜の海に
小舟で漕ぎ出すシーンは溝口健二監督の「雨月物語」をイメージして撮ったと公言しています。

 

一方、日本の俳優陣も頑張ってくれました。
特に笈田ヨシ、映画監督でもある塚本晋也、そして窪塚洋介が素晴らしいです。
中でも窪塚洋介演じるキチジローが、司祭の持つロザリオの珠の一粒が欲しくて
じっと見つめる時の目といったら!
また今作は本年度アカデミー賞撮影賞にノミネートされていますが、
それに大きく貢献したのは海の中で磔にされる「水磔」のシーンでしょう。
笈田ヨシと塚本晋也が実際に身の危険と闘いながらの撮影シーンでは、
現場のクルーたちやエキストラ、誰もが泣いたと言います。

 

そして物語の鍵を握るもう一人の人物が、元キリシタンでもあり、棄教させるため残酷な拷問を
自ら考えたと言われる井上筑後守。
イベントとしてクリスマスやハロウィン、バレンタインを祝い、チャペルもどきで結婚式を挙げる今の日本。彼なら一体どう皮肉ることでしょう。「仏教は正室、異教は側室」などという比喩でも司祭を
追い詰めたイノウエもお手上げかもしれません。

 

「沈黙―サイレンスー」は、神や信仰についてだけでなく、真理、そして人間の本質についても
次から次へと問いを投げかけてくる映画です。
今も劇中のさまざまなシーンが私の脳裏から離れることはありません。
イチゾウやモキチ、キチジローの顔、「パードレ」(司祭さま)と言ってすがる信徒たちの声が
消えないのです。そしてむしろ、あの映画の中の世界にまた戻りたくなるのです。

 

原作で、ロドリゴ司祭は日本に着いた当初、こう言っていました。
「人間には生まれながらに二種類の人間がいる。強い者と弱い者と」
強い者とは殉教者、弱い者とは棄教者のことでしょう。

 

しかし最後は、彼にこう言わせています。
「強い者も弱い者もいないのだ。強い者より弱い者が苦しまなかったと誰が断言できよう」

 

強い者の意見だけがまかり通る今の世界に、静かに、重く、響いてくる言葉です。(H.S)

 

2017/02/12

ブログ

雪が降った2月11日の朝、通りがかりにiPhoneで撮影した福井城址の雪景色です。お堀の鴨もこういう日はじっとしているのかと思ったら、あちこちで他の鴨をつついたり追いかけまわしたりして、意外とにぎやかでした。

 

御廊下橋の奥で続いていた山里口御門復元工事も今年度中に完成予定とのことで、建物の工事らしい外観になっていました。この工事現場は一部見学もできるとのことです。工事中の様子を見られるのも今のうちですね。

T.S

 

「山里口御門復元工事」については福井県のホームページに説明があります。

2017/02/05

ブログ

読書の際などに眼がつらくなってきたので、
ペーパーグラス」のウェリントンタイプというモデルを購入しました。

 

眼鏡の産地として有名な福井県鯖江市、西村プレシジョンの製品で、
2013年のグッドデザイン賞も受賞している、
折りたたむと厚さが2mmという画期的な老眼鏡です。

 

ただもともとコンパクトなペーパーグラスとはいえ、
使うたびにケースを出して、メガネを取り出して…
というのが手間だなあと思っていたんだけど、

 

持っていた「キングジム はさめるペンケース ペンサム スリムタイプ」に
これがぴったり収まることに気が付きました。

 

このペンケースにはマグネットが内蔵されたフラップがついていて
ジャケットの内ポケットに簡単に固定できるので、
必要な時に眼鏡をワンタッチで取り出せ、またしまう事ができます。

 

こんな感じ。
これも「シンデレラフィット」ってやつかな?

T.S

 

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

2017/02/01

ブログ

時々、無性に食べたくなるんですよね、ここ「香花」のエスニック料理。
「香花」では、タイ料理、ベトナム料理、インド料理、インドネシア料理、韓国料理、
メキシコ料理、ケイジャン料理、フランス料理、イタリア料理、そして和風にアレンジした
アジア料理と、それは幅広いエスニック料理が食べられるんです。

 

しかもお値段はいたってリーズナブル。私の家からは割と近いこともあって、
何か食べに行きたいねー、じゃとりあえず「香花」というパターンが多いのです。
だってメニューが超豊富で、何かしら食べたいものが見つかるから。
でも注文し過ぎは要注意!
一品ずつの量が多いので女子だけだと食べ切れない可能性があります。
頼み過ぎるとお店の人も「食べられますか?」と聞いてきます(笑)

 

カウンターと小上がりにテーブル卓二つだけという狭いお店なんですが、
とにかくいつも混んでるんですよね。
だから直前でもいいので、電話してから行くことをおすすめします。(H.S)

 


カオマンガイ(タイ風チキンライス)

 


カシスオレンジのポークソテー

 


グリーンカレーコロッケ

 


ワカモレ

 


海老のタイ風アヒージョ

 


レッドカレーのパリパリ焼きそば

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら