スタッフブログ

2018/02/27

出来事

福井は毎年1月2月に雪が多く降ります。しかし今年(2018年)ほど多く降ることは大変珍しく、福井出身の私でも驚きました。1月の終わり頃から2月13日頃まで多く降り、特に2月5日から8日は、37年ぶりの(1981年、昭和56年の56豪雪以来)記録的な大雪(福井市内2月7日午後2時に145センチの積雪を記録!)となりました。

 

 

2月10日の福井市、中心部の道路

2月10日には雪は少し落ち着き、大きな道路は除雪され車も走りやすくなっていました。

 

 

2月10日の福井市、田原町の道路、雪道がえぐられてデコボコ道になっている

しかし、小さめの道はまだ除雪が追いついていなく、道のところどころで車のタイヤがはまってしまい、動けなくなっていました。道路には、はまったタイヤをどうにか動かせるように、スコップで雪かきをしたあとがたくさんありました。またその雪かきをしたあとのガタガタ道に、新たに車のタイヤがはまってしまい、動けなくなってしまうという悪循環が多発しました。

 

2月10日、福井市の田原町を歩きましたが、30分の間に5台の動けなくなってしまった車を見ました。周囲の人と協力して、なんとか助けたのですが、その中の数台はやっと動き出せてもまたすぐに次のでこぼこ道にはまってしまい、大変な状況でした。

 

2月14日は久しぶりに太陽も出て、暖かくなり、雪もどんどん溶けていきました。

しかし、やはり完全に除雪が終わったというわけではなく、すぐに渋滞ができてしまい、いつもの数倍は移動に時間がかかりました。

 

T.F

 

こちらもご覧くださいね。(GEN過去ブログ)

福井の大雪 2018年2月6日
福井の大雪 2018年2月7日 ー見たことのない景色ー

 

福井の雪景色 パート1
福井の雪景色 パート2  大雪 in 福井 / 始まり

2018/02/26

自然・植物・動物

野鳥レストランにやって来たヤマガラ
この日一番多かったヤマガラ

 

昨日の日曜日、福井県自然保護センターの「冬の野鳥レストラン」に行ってきました。野鳥がお客のレストランというわけで、我々は暖かい室内にいながら目の前の餌場にやってくる様々な野鳥を見たり撮影することができます。鳥のほかリスやキツネなどの動物も時々訪れるとのこと。係りの人が「今日は鳥が少ない」と言っていましたが、それでも7種類は撮影できたし、野鳥たちをこんなに間近に見るのは初めてで非常に楽しめました。今年の冬のうちにもう一度行きたいな。
TS

野鳥レストランにやって来たシジュウカラ
シジュウカラ

 

野鳥レストランにやって来たツグミ、福井の県鳥
ツグミ、福井の県鳥

 

野鳥レストランにやって来たカケス
カケス

 

野鳥レストランにやって来たアカゲラ
アカゲラ

 

野鳥レストランにやって来たヤマガラとコガラ
ヤマガラとコガラ

 

野鳥レストランにやって来たヒヨドリ
ヒヨドリ

 

2018/02/23

音楽・演劇・ダンス

丹精(タップダンス)、杉原夏海(フルート)、仁詩(バンドネオン)

 

先週の土曜日に福井駅前の「ミュージックスペース シューハウス」で開かれたライブ、「Tango ×Tap」に行って来ました。フルート奏者で鯖江市出身の杉原夏海さん、バンドネオンの仁詩さん、それにタップダンスの丹精さんの3人が世界各国の音楽を取り上げての演奏に、たった3人でこんなに豊かな音楽ができるんだと感動しました。タップダンスって完全に打楽器なんですね。

 

特に最後の方に演奏されたチックコリアの「スペイン」には驚きました。彼らにはまた是非福井で演奏して欲しいものです。

 

ところでこの店、ライブやイベントの無い時はカラオケスペースらしいのですが、そこにいたママさんにどうも見覚えがあるのでご本人に聞いてみたら、何度か見たことのある大久保ナオミさんのバイオリンコンサートで伴奏していたピアニスト品川真理子さんでした。
TS

2018/02/22

グルメ

福井が記録的な大雪に見舞われる直前の週末のことですが、
以前からずっと気になっていたお店「職人二人」に行ってきました。

 

なかなか予約が取れないと聞いていたので、2週間以上前に電話をしたら無事予約できました。
料理は一人4千円のおまかせ取り分けコースをお願いしておきました。(一人3千円から応相談)

 

このお店ではご夫婦二人が料理に腕をふるっていて、福井をはじめ日本各地の漁港から
新鮮な海の幸を取り寄せ、和食と地中海料理どちらも楽しめるメニューが考えられています。
そしてそのお料理がどれもとびきり美味しくて至福のひとときになること間違いありません。

 


お店入口にある看板

 


店内の雰囲気

 


まるで宝石箱みたいな茶碗蒸し(お通し)

 


コースのお料理がどんどん出てきます

 


〆は絶品パエリア 

 

お店の大将は一見こわもてで(実は気さく)、最初のお通しを持って来てくれる時、すごく大きな声で歓迎してくれるのでびっくりしますが、思わず背筋が伸びます。ちょうど坐禅している時の警策みたいなものと思ってください(笑)(H.S)

 

2018/02/20

出来事

福井市内は2018年2月7日、前日から引き続き大雪になりました。積雪がさらに増え、7日の午後2時には145センチに達しました。市内の学校は全校休校になり、多くの会社も休みになってしまいました。病院に行こうとしても看護師や医者が病院にたどりつけないため、あいているところは少なく怪我や病気をしている人たちにとって(インフルエンザになり、しかも怪我をした私も含め。。。)大変な状況となりました。もちろん、多くの飲食店もお店をあけることができずにいました。電車もバスも全て止まっていました。異常な事態で街が止まってしまったのです。。。

 

2018年2月7日福井市内の住宅街の道路

そんな中、7日の午前中に外に出てみると、前の日よりも断然積雪が増えていて、見渡す限り雪に包まれていました。国道8号線には1500台の車やトラックが立ち往生し続けているとニュースでは流れていました。一方、住宅街の道路には2,3台の車しか走っておらず、人も少なく静かでした。ただひたすら、除雪車の音が1日中聞こえていました。

 

雪の勢いは収まらず、除雪をしてもどんどん、積もっていくので除雪が間に合わない状態になってしまいました。歩道は、車道から積み上げられた雪で、埋まってしまい、歩行者は車道を歩いていました。

 

やっとの思いで見つけた病院やスーパーも、やはりいつもよりも人は少なく、閑散としていました。いつもは多くの外来患者さんと、10人以上のスタッフがいる病院もこの日は3人ほどしかおらず、外来患者さんもいつもの半分以下でした。

 

スーパーは品薄だと聞いていたので、心配して入ってみると、ラッキーなことに、惣菜、野菜、カップ麺などは、若干少ないかなと感じつつも、ほぼいつも通り販売しており、売られていた肉や魚もいつもの5分の1くらいの量でしたが買え、問題なく食材を確保できました。

 

大雪の中、営業してくださったスーパーや、あけてくださった病院には本当に助けられました。感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

T.F

 

こちらもご覧くださいね。(GEN過去ブログ)
福井の大雪 2018年2月6日
福井の雪景色 パート1
福井の雪景色 パート2  大雪 in 福井 / 始まり

2018/02/20

お知らせ

ブータンミュージアム リーフレット

リーフレット(PDF)をダウンロード

 

GENでも何度かご紹介しているブータンミュージアムが5周年を迎えました。
ブータンミュージアムのある福井市も大雪の影響がほぼ収まり、日常を取り戻しています。
JR福井駅からは徒歩10分。
是非お立ち寄りください。

2018/02/18

スポーツ

昨日の羽生選手オリンピック連覇のニュースは、大雪の長引く影響で心身共に疲弊していた私にとってもまるで一足早く春が来たかのようなうれしさでした。

 


(写真 : スポーツ報知Twitter公式アカウントより)

 

実況でアナウンサーが思わず「何という精神力」と口にしていましたが、羽生選手のその強靭なメンタリティーについて想像する時、私はふと以前読んだ本の内容を思い浮かべていました。

 

『鋼のメンタル』(百田尚樹著)という本でしたが、その中で印象に残った箇所があるので引用します。

 

【心を壊すのも立て直すのも自分】
人の心は繊細で壊れやすいものであるのはたしかです。一種の精密機械のようなところがあります。
でも実は、心は外からのダメージには意外と強いのです。それよりも内側からのダメージに弱いのです。つまり敢えて言えば、心を壊す人は、自分で壊しているようなところがあります。  

 

 

この部分を羽生選手に置き換えて考えてみると、ケガという外からのダメージに対して内側にある自分の心をしっかりと守って、自分を信じてきたからこそ努力が実を結んだと言えるのかもしれませんね。

 

羽生選手、素晴らしい演技と金メダルをありがとう!そして本当にお疲れ様でした。(H.S)

2018/02/16

ふくい暮らし

雪の下の椿の花

ここ数日の好天でうず高く積もっていた雪もだいぶ融けてきて、福井市中心部では歩道の除雪も進みだいぶ歩きやすくなりました。そんな歩道を歩いていたら道路わきの分厚い雪の下から植え込みの寒椿が顔を出していたんですが、なんとその中に赤い花がふたつ咲いていたんです。雪の下で咲いたの?と驚きましたが、今月5日以来続いた大雪の前にすでに咲いていたのかもしれません。それにしてもたくましい。
TS

 

福井市中心部の道路のようす

2018/02/13

出来事

1月と2月の福井市は雪の日が多く、大雪の日もあります。

2018年2月6日の福井市の様子です。

この日の午後2時には、136センチの積雪を記録しました。

 

雪が勢いよく降り続き、街中を真っ白にしていきました。雪が風に舞い上げられ、視界をさえぎり、どんどん道に積もっていきました。市内のあちこちで、雪で動けなくなってしまった車が見られました。道路から除雪された雪が、歩道に寄せられて、歩道が大変狭くなってしまいました。

 

市内のコンビニエンスストア、八百屋には2月6日のお昼頃にはまだ、品物がいつものように並んでいました。その日から数日間、交通の麻痺状態の影響で、物が届かず多くの品物が品切れ状態になってしまいました。

 

2月6日から数日間、市内は孤立状態になってしまいました。

 

福井市内、今日も雪が降っています。道の脇にはまだたくさん雪が積もっています。

1日でも早くもとの生活に戻りたいものです。

 

T.F.

 

福井の雪景色 パート1
福井の雪景色 パート2  大雪 in 福井 / 始まり

2018/02/11

出来事

福井市では先週初めからの雪で積雪が147cmに達しました。56豪雪以来の130cm超えです。
県内の大動脈国道8号線での立ち往生や交通網のマヒなどは報道で皆さんもご存知かと思います。

 

今や社会ではAIだのロボット技術だのをもてはやしていても、間断なく降り続く雪を前にするとすべてのことが遠く思えて無力感に襲われました。それでも懸命に除雪作業に取り組む自衛隊の皆さんや、
助け合って雪かきをする近隣の人たちを見ているとやはり最終的には人の力なんだとも感じました。

 

ということで今回の大雪に際して、私なりに感じたことを勝手にまとめてみました。

 

1. 雪に慣れている県民性ゆえに車に乗らない判断が遅れる(これくらい大丈夫的な感覚)
→ 行政からの正式な通達が必要
2. 自治体も企業も個人も「万が一」という想定を日頃からもっとしておくべき
3. 「大雪警報」をもっと早く広く確実に伝達する
4. 命にかかわる状況も多いのでSOSのホットラインを増やす
5. 冬期はガソリン、灯油、食料など早目に余裕を持って備えておく
6. 豪雪でも機能する融雪装置の開発、家庭用には補助金を
7. 地下交通網、地下道、地下街、地下駐車場の整備 
8. リモートワーク(在宅ワーク)の推進

 

今回の教訓を生かして、より雪に強い福井県になってほしいものです。(H.S) 

 


先週のうちの裏庭の様子です。吹きだまりになっているせいか積雪は147cmよりもっとあるような気がしました。

ページ