スタッフブログ

2018/05/31

祭り・イベント

今年も、奈良県の音楽祭「ムジークフェストなら」に行ってきました。今年は一ヶ月早く、5月7日(月)から6月3日(日)までの開催です。もちろん、お目当ては5月26日(土)と27日(日)の2日間に渡って行われた「沖縄の音楽と笑い  命のお祝いフェスト」

 

今年は一ヶ月早まったおかげで、梅雨入り前の絶好のフェス日和の中、音楽や笑いを楽しむことができました。野外でお昼から飲むオリオンビールも最高でしたよ。(H.S)

 


初日は琉球舞踊で幕開け

 


THE SAKISHIMA meeting
大人気の素敵なお二人、私もファンです
向かって右、石垣島出身の新良幸人(あらゆきと)さんと
向かって左、宮古島出身の下地イサムさんのユニット
石垣島+宮古島だから先島なんですね

 


琉球國祭り太鼓奈良支部の皆さん
大迫力のエイサー、毎回鳥肌ものです

 


楽しい名曲「ユイユイ」で知られる山川まゆみさんが結成したゆいゆいシスターズ
シスターズと言っても、向かって左の二人は母娘なんです
ちなみに中央が山川まゆみさん
沖縄は、親子や兄弟で活動している率が高い気がしますね

 


大トリはディアマンテス
夏にぴったりで大盛り上がり

 


会場は奈良公園奥の春日野園地
後ろに若草山が見えます
この美しいロケーションに出演アーティストの皆さんも大感激

 


猿沢池の近くにぽつんといた鹿さん
まんじりともせず固まってます
なぜかというと前方から散歩中の大型犬がやって来たから
もちろんリードに繋がれてはいますが、鹿の緊張が伝わってきました
気楽に見えて動物にも色々と気苦労があるんでしょうね

 


奈良の大仏さま
今年もお会いしてきました

2018/05/29

雑感

福井という街は1945年のアメリカ軍による爆撃、その3年後の大震災と、2度にわたって徹底的に破壊されたので、古い建造物といってもほとんど残っていないんですが、それでもその後70年たってそれなりに歴史を感じさせる光景に出合うことがあります。最近作られた新しい建物とそういう古い建物が共存する風景を見ると、ほっとするような気がして、これはこれでいいなあと思ったりします。

 

 

市の中心部にある各種行政機関が入った合同庁舎ビルと古びているけれども端正な木造の住宅。

 

 

福井駅前再開発の象徴的な複合施設ビル「ハピリン」と新栄(しんさかえ)商店街の一角にある「新栄テラス」。もと駐車場だったスペースにウッドデッキを敷いて作った広場を取り囲んで、インドネシア料理店やカフェ、チーズ専門店…といった店が並んでいます。古い建物をリフォームした店が並んでいる様子はどこか外国の街角みたいで、けっこう好きな雰囲気です。
T.S

2018/05/27

おでかけスポット

先日のスタッフブログでは、教員研修生として福井大学で勉強されているブータン出身のウゲン・ドルジさんのご家族と一緒に訪れた西山公園をご紹介しました。

 

今回ご紹介するのは、福井県福井市にある一乗谷朝倉氏遺跡です。

朝倉氏遺跡の復原町並は発掘した遺構を一部埋め戻して、武家屋敷と町家10軒ほどを復元してできたものです。

 

朝倉氏遺跡の町にある家

できるだけ類似した材料で復元されたので、当時の雰囲気がどんな感じだったのかというのが感じられます。

 

 

昔の家の中で、ウゲン・ドルジさんの息子さんと奥様がすだれを見ている

ウゲン・ドルジさんのご家族は、昔の日本の建物に興味津々でした。

 

 

ウゲン・ドルジさんのおねえさん 赤い着物を着て嬉しそう

復原町並の中では、着物体験ができます。

 

 

ウゲン・ドルジさんのおねえさんと奥様は着物着て笑顔。2歳の息子さんは普段着で走っている

お二人とも初めての着物に感動していました。

今回着ていただいた着物は、戦国時代の女性がお出かけ用として着ていたものです。

着物を着た感じを「重いけれど美しい」と言いながら、昔の日本を感じながら歩かれていました。

 

 

ウゲン・ドルジさんのおねえさんと奥様着物姿で、外にあるステージに座っている

こちらの着物はブータンの伝統衣装に似ているそうです。

 

 

おねえさん、ブータンの踊りをみせてくれた

ブータンでは、伝統衣装を着て、どのように踊るか教えてくれました。

 

 

ウゲン・ドルジさんの奥様とっても楽しそうに笑っている

日本とブータンのことについて話が尽きません。楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

 

日本とブータンは似ているところもあり、違うところもあると知りました。

お互いの国の違いについておもしろいなと感じたことは、ブータンでは学校やその他の公共施設や政府の建物に行く時には普段から伝統衣装を着るということです。日本では、普段から着物を着て学校などへ行く人はなかなかいませんね。

そして日本と似ているところの1つとして、ブータンでも多くの人がスマートフォンを使っているそうです。連絡はもちろん、画像や動画を撮影したり、自撮りをしてSNSに投稿していている人たちが大勢いるそうです。

 

 

おねえさん抹茶をいただいてる
奥様抹茶のカップを両手で持って、笑顔

着物体験の他、お抹茶をいただくことができます。

 

 

一乗谷朝倉氏遺跡看板
復元町なみ入り口の値段と、開園時間案内

機会があれば、自然に囲まれてリフレッシュ効果もあり、歴史を学び感じられる一乗谷朝倉氏遺跡に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

T.F

2018/05/24

アート・工芸

福井県立美術館開館40周年特別企画展の「光の芸術 印象派の誕生 ターナーからモネへ」
見てきました。ご存知の通り、ターナーはイギリスの画家でモネはフランスの画家。
展示を通してイギリスとフランスの画家たちが実はお互いに影響し合っていたということを初めて
知りました。

 


展示会のフライヤーにも使われている、クロード・モネの《サン・ジョルジョ・マッジョーレ、黄昏》(1908年)「睡蓮」の連作で有名なモネですが、当時ベネチアに滞在していたんですね。

 

私が見に行った日はちょうど福井文化服装学院とのコラボ企画展があって、絵画から着想を得た
デザインの作品や19世紀のイギリス、フランスの衣装を再現した作品も展示されていました。

 


着物の生地のリメークでしょうか?アンティーク風でゴージャスです。

 


とってもエレガントに見えますが、実はミニドレスなんですね。

 


柄づかいと異素材の組み合わせ、色のコントラストも素敵な作品。

 


クロード・モネ《パラッツォ・ダリオ》(1908年)

 

たくさんの展示作品の中で私が一番気に入ったのはこの作品です。
ベネチアがやさしく淡い明るさで描かれていて、とても新鮮でした。(H.S)

 

※「ターナーからモネへ」展は福井県立美術館にて5月27日(日)まで開催。

2018/05/22

雑感

 

先日ドローンで田植え風景を上空100mくらいから撮った写真を見て、こんなモダンアート風のタイトルをつけたくなりました。

 


ここは越前市にある水田。水鏡に映った日野山の影を揺らしながら田植え機が進みます。

 

水鏡といえば別に山里などではなく市街地に近くても、この季節の静かな早朝にまわりの普通の風景を映し込んだ水田を見るときれいだなと思います。これが埋められて一面のソーラーパネルなんて無粋なことになって欲しくはありません。
T.S

2018/05/20

ビューティ&ヘルス

沖縄の野菜や植物には健康にいいものがたくさんありますね。
代表はやはりゴーヤーでしょうか。
我が家でも育てていて、夏は毎日のように食卓に上ります。

 

また、月桃(げっとう)という植物があるのですが、
私はその香りがとても好きで、沖縄に行くと月桃の石けんやお茶などを買ってきます。
ちなみに月桃には赤ワインの34倍ものポリフェノールが含まれているそうです。

 


月桃(ウィキペディアより)

 

さて今回ご紹介するのは沖縄県与那国島の長命草です。
与那国島といえば、日本最西端の島。 島にある「日本最西端の碑」まで行くと
台湾まではもうわずか111km。晴れた日には台湾の山並が見えるとか。

 

私はまだ与那国島へは行ったことがないのですが、いつか行ってみたい島です。
ドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地としても有名ですね。
診療所のセットもまだ保存されていて見学できるそうです。

 

長命草は、そんな与那国島に自生するセリ科の植物。
栄養価がとても高いことから、パワーベジタブルと呼ばれているそうです。
強い日差しや潮風にさらされる過酷な環境と琉球石灰岩というミネラル豊富な土壌でたくましく育つ
長命草にはポリフェノール、ビタミン、ミネラル、食物繊維がバランスよく含まれているのです。

 


与那国島で育つ長命草
資生堂 長命草 ブランドスペシャルサイトより)

 

以前から気になっていた長命草ですが、一度飲んでみたいと思って、先日、資生堂の粉末タイプを
購入。お茶に混ぜて飲み始めました。抹茶みたいで飲みやすいですね。
口コミサイトを見ると、腸内環境改善やむくみ(血流)改善の他、小顔になる、毛穴が目立たなくなる、肌荒れしなくなる、髪に艶が出る、吹き出物が出なくなったなど、意外と美容的な効果も多いようでした。私もしばらく続けてみようと思っています。(H.S)

 

 


2018/05/18

おでかけスポット

先日のスタッフブログでは教員研修生として福井大学で勉強されているブータン出身のウゲン・ドルジさんのご家族と一緒に訪れた越前松島水族館と福井の海をご紹介しました。

 

今回ご紹介するのは、福井県鯖江市の西山公園と西山動物園です。

西山公園はつつじの名所です。

西山動物園はレッサーパンダでよく知られています。

 

 

鯖江市の道路

福井県坂井市にある越前松島水族館のあとは、福井県鯖江市にある西山公園と動物園へ向かいました。車で約1時間程です。この日は天気がよく、ドライブと行楽日和でした。

 

 

ブータンの2歳児がソフトクリームを食べる

いい天気で暑いほど!「道の駅西山公園」で休憩です。

ウゲン・ドルジさんの息子さんもソフトクリームを食べて涼んで充電です。

 

 

私はこちらの人気商品「つつじソフト」をいただきました。可愛いピンク色が印象的で、味は普通の
ソフトクリームよりかすかに酸味がありました。見た目も楽しめ、美味しいのでおススメです!
(上の動画は2015年5月にGENのスタッフが撮影したものです)

 

こちらの「道の駅西山公園」には飲食物販施設と特産品販売店があります。そしてエレベーターで2階に上がると歩道橋があり、公園と動物園に楽にアクセスできるようになっています。

 

西山動物園では、とても可愛い動物たちがお出迎えしてくれます。

 

 

ボリビアリスザルを見るブータンの2歳児

元気よく動きまわるボリビアリスザルは、とっても可愛くて皆さん釘付けになっていました。

 

 

たんちょう
ブータンの2歳児が動物園でテンションがあがる

初めて見るタンチョウに大興奮の息子さん。

動物園自体が初めてで終始大喜びでした。

 

 

レッサーパンダ

中国との友好関係のシンボル・レッサーパンダはこの動物園の人気者です。

 

西山動物園がレッサーパンダを飼育し始めて今年で約34年目です。昭和59年~60年に中国北京動物園から3頭のレッサーパンダが寄贈されたのが始まりでした。以来、こちらの動物園で大切に飼育され、入園者に愛され続けています。

 

 

つつじを見るウゲン・ドルジさんのお姉様と2歳児の息子さん

西山動物園の中を進んでいくと、きれいなつつじが咲いていました。ウゲン・ドルジさんのお姉さんは花が大好きで大喜びでした。ブータンでもつつじを育てているそうです。

 

きれいなつつじを十分見られたと思いましたが、この日は4月下旬で、5月上旬の満開時期に比べると
まだまだでした。西山動物園がある西山公園は毎年5月上旬には約5万株のつつじが咲き乱れます。
「つつじのじゅうたん」と言われ、日本海側随一のつつじの名所です。

 

 

噴水の前

西山公園には大きな広場や噴水もあり、のんびり歩いたり、ボールなどで遊んだりと、子供から大人まで楽しめる場所です。機会があれば足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

T.F

 

鯖江市西山動物園

西山公園

2018/05/15

雑感

 

先日滋賀県東近江市でドローンを使った農薬散布を行った際、同市にあるドローン専門店「ソラクル」の敷地内で、XAIRCRAFT社製農薬散布用ドローンのデモ飛行を見てきました。独自の計測システムによる精密な飛行を特徴とし、離陸から着陸まで人による操作を必要としないというマシーンです。この日は強めの風が吹いていたんですが、それを全く感じさせない安定した飛行でした。全自動と言っても飛行の前に散布する圃場の形を人力で計測する必要があるのですが、飛行そのものに人のスキルを必要としないというのは散布作業の効率化に役立ちそうです。
T.S

 

XAIRCRAFT P20
XAIRCRAFT社のP20(プロペラを外した状態)
バッテリーや液剤のタンクがカセット式なのが洗練されている感じ

 

KUBOTA MG-1K
我々が使用しているクボタのMG-1K

2018/05/13

ビューティ&ヘルス

昨年から今年にかけて放送されていた NHKスペシャル「人体 神秘の巨大ネットワーク」
私も毎回楽しみに見ていましたが、その中でも特に興味を引いたのが「脳」の特集でした。

 


山中伸弥さんとタモリさんが司会でした(番組公式サイトより)

 

 
まずは「ひらめき」について。
では、どうすればひらめく状態にできるのでしょうか?
それは意外なことに「何も考えずにぼーっとすること」なんだそうです。
何もしていない時の脳の状態をデフォルト・モード・ネットワークと呼ぶのですが、
実はその時でも脳はエネルギーを7割も使っているそうです。
ぼーっとしている時、脳は記憶の断片を自由自在に繋ぎ合わせ、新しい発想を生み出していると考えられています。

 

「ぼーっとする」ことの大切さ、これはもう脳科学にとっての大きなパラダイムシフトと言ってもいいそうです。現に、山中伸弥さんはシャワーをぼーっと浴びている時に突然あるアイデアを思いつき、
それが後年のiPS細胞に結びついたと言います。

 

但し、ぼーっとした状態で記憶の断片を結びつけるためにはまず記憶をしっかり蓄えておくことが必要です。ではどうしたら記憶力を高めることができるのでしょうか?

 

実はこれも簡単で誰にでもできることなのです。
鍵はすべての臓器からのメッセージ物質にあって、それにはバランスの取れた食生活をすること、そして適度な運動をして筋肉を鍛えることが重要なんだそうです。食べ物を得た時に出るインスリンが記憶力アップにつながるよう脳が進化した可能性もあるとか。確かに生きる上で食べ物はとても大事なので理にかなっていると山中さんは話していました。

 

放送を見て、集中するばかりでなく、時にはぼーっとする時間を持つ大切さや、暴飲暴食をせずに
適度に運動することの意義に改めて感じ入りました。(H.S)

2018/05/11

おでかけスポット

先日のスタッフブログでは教員研修生として福井大学で勉強されているブータン出身のウゲン・ドルジさんのご家族と一緒に訪れた福井県勝山市にある越前大仏をご紹介しました。

 

今回ご紹介するのは、越前松島水族館と福井の海です。

 

ウゲンさんのご家族にとって初めての海と水族館です。とっても感動していました。

 

ウゲン・ドルジさんの息子さんが水槽に釘付け

水族館に入るとすぐに息子さんは大きな水槽と泳いでいる魚に釘付けになり、じっと見つめていました。

 

ウゲン・ドルジさんのお姉さんが、クラゲの水槽の前にいる

ブータンには海がなく、もちろん魚やクラゲが泳いでいるのを見るのは初めてでした。水族館の中で見るもの全てが新しく、皆さん興味津々でした。クラゲはゾンカ語で何と言うか尋ねたところ、クラゲがいないのでその言葉は知らないとのことでした。

 

ウゲン・ドルジさんのお姉さん、奥様、息子さんが水槽をのぞきこんでいる
サメを触ったあと

越前松島水族館には、海の生き物に触れるコーナーがあります。ウゲン・ドルジさんのご家族もタコとサメに触ってみました。

怖がりながらもタコを触ってみると、「柔らかい!」と驚いていました。

サメは「ざらざらしている」と不思議がっていました。

 

海に行きましょう

その後、海へ向かいました。

 

ウゲン・ドルジさんのお姉さんが海を見ている
姉、海をバックにバンザイ!

お姉さんはインドに行った時に海を見たことがあるそうですが、福井の海はとてもきれいだと喜んでいました。

奥様と息子さんは人生で初めての海でした。じっと黙って海を見つめて、静かに感動していた様子でした。

 

イルカの水槽に釘付け
ブー君と女の子、イルカの水槽の前

息子さんはもともと魚は大好きで、イルカや魚を見るたびにじっと見つめていました。

 

ペンギンのお散歩
ペンギンが公園に入った

越前松島水族館には、イルカショー、ペンギンのお散歩、アザラシふれあいタイム、カワウソお食事タイム、3Dシアターなど様々なアトラクションがあり楽しめます。

 

T.F

 

越前松島水族館公式サイト

ページ