スタッフブログ

2016/08/21

京都

京都迎賓館は日本文化の象徴ともいえる都市・京都で、海外からの賓客を心をこめて迎え、
日本の歴史・伝統・文化への理解を深めてもらうことを目的に平成17年に建設されました。
そして今年から一般公開が始まっています。

 

建物は日本の伝統的な建築様式である入母屋屋根と数寄屋造りを取り入れ、
築地塀をめぐらせた品格あふれる和の佇まいとなっており、
数寄屋大工、左官、作庭、截金(きりかね)などの伝統技能を数多く活用し、
京都を代表する匠たちの技が随所に生かされているそうです。
とは言え、それらは決して華美ではなく、素通りしただけでは気付かないほどの
さりげないしつらえだったりするのです。
たとえば、障子を開けた時、重なる枠の木目の模様がそれは見事につながっていたり…。

 

また庭には桜の木も植えられていますが、その数たった一本のみ。
日本の春の代名詞である桜でさえ、迎賓館の庭ではそのあつらえの一部としての役割なのです。
以前ここに宿泊したオーストリアの首相は、一人この庭を飽かず眺めていたとか。

 

8月・9月の一般公開申し込み受け付けはすでに終了していますが、10月以降の公開予定は
決まり次第、順次公表されますのでご興味ある方は下記内閣府のサイトを要チェックです。(H.S)

 

京都迎賓館一般公開について

 





 

※画像は友人より提供 

 

日本の魅力を世界に発信!バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報を
お知らせするGENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。
メルマガ登録・解除はこちら

2016/07/04

京都

このほど当サイトで下記の動画を公開した世界遺産「金閣寺」。
この動画は特別な許可をいただいて、観光客の方が入る前の早朝に撮影した貴重な映像です。
日本人でこの金閣寺を知らない人はまずいないでしょうが、
その舞台裏がどうなっているのかは意外と知られていないようです。
そこで、今回の撮影や取材を通じて初めて分かったことを少しご紹介します。

 

その1) 金閣寺では約100名もの方が働いている 
その2) 拝観時間前には苑内の掃除と金閣の修復が毎日行われている 
その3) 春はさぞかし桜も、と思いきや金閣寺には桜が少ない。モミジが多いので秋がおすすめ
その4) 舎利殿(金閣)に貼られている金箔は通常の5倍の厚さで枚数は何と20万枚!
その5) 拝観受付手前には「浄蔵貴所(じょうぞうきしょ)」の墓がある。浄蔵は平安時代の僧侶で念力があったと言われ、祇園祭の「山伏山」は浄蔵が山伏姿で大峯山に入る様を表している。

 

(H.S)

 

2016/06/29

京都

四条大橋からすぐ、狭い通りに格子造りの飲食店がぎっしり並ぶ先斗町。
歩いているとどのお店に入ろうか悩んでしまいます。
ここは外国人観光客の方が多いのはもちろん、何やら地元のサラリーマンも
けっこう多いようで、この賑わいは当然かもしれません。
そして初夏から夏にかけての夜は何と言っても「納涼床」でのお食事がおすすめです。
それにしても「先斗(ぽんと)町」って、響きがとてもかわいい呼び名ですよね。
「ぽ」から始まる町名は国内ではめずらしいと思います。
由来を調べてみると諸説あり、正確なところは謎なのですが、
ポルトガル語で「先」を表すpontに当て字で「先斗町」となったという
説がどうも有力そうです。(H.S)

 


南座の前を通って四条大橋を渡るとすぐ先斗町です。

 


狭い路地を歩くというのはなぜか楽しいものですね。

 


メニューの下に並ぶ和傘のディスプレイが目を引きます。

 


とある店の窓で見かけた生け花。本格的です。

 


先斗町は花街でした。今も何軒かお茶屋があります。

 

2016/06/26

京都

京都には好きな場所がいっぱいあるのですが、ここもその一つです。
テレビドラマや旅番組もよく撮影される場所で、夕暮れから夜にかけての
風情は素晴らしく、これぞ京都!と体感できる特別なスポットではないでしょうか。
以前、この白川沿いの宿に泊まったことがあるのですが、二階の部屋からは
風にそよぐしだれ柳越しに白川の流れを独り占めでき、白鷺が優雅にたたずむその佇まいに、
京都ならではの優美さや美意識を感じたものです。
そしてふとここは日本のベネチア(行ったことはないのですが)とでも呼びたい
素敵な場所だなと思いました。(H.S)

 


ライトアップされた店舗も京都らしく町家のつくり。

 


辰巳大明神をぐるりと囲む奉納柵。芸能関係者や舞妓さんの名前も多い。

 


白川通りのすぐお隣、お茶屋が並ぶこの新橋通りは重要伝統建造物群保存地区となっています。
夕方には舞妓さんを見かけることも。

2016/06/19

京都

金閣寺境内の参拝路を歩いて舎利殿を過ぎると龍門瀑という滝があります。滝を遡る鯉になぞらえた石を配して登竜門の故事を表しています。

実際のところ「瀑」や「滝」というにはあまりにも小さい落水ですが、この水が流れる先は庭園の中心である鏡湖池で、こちらは海を表しているので、そのスケール感からすると巨大な瀑布なのかもしれません。

このように小さな景色に大自然を見立てるという美意識は盆栽と似ていると感じます。

金閣寺の朝

T.S

2016/06/02

京都

福井県出身の作家、水上勉の「五番町夕霧楼」を今読んでいます。
主人公の夕子はこれからどうなってしまうのだろうとどきどきしながら、
そして、まだ19歳の夕子に芯の強さも感じながら読んでいるところです。
さて実は2月に京都へ行った際、この小説「五番町夕霧楼」の舞台となった
京都の五番町にも足を延ばしてきました。

 

五番町は西陣と呼ばれる地域の一角にあり、南北にはとても短い通りなのですが、
東西に延びる細い路地がいくつもあって、小説に描かれている昭和26年頃には、
このあたりだけで200軒近くもの遊郭があったそうです。
今は特に観光地というわけでもなく、大通りからも少し外れているので静かな住宅街になっています。

 

歩いていると、五番町が賑わっていたその頃に、
何だかちょっとタイムスリップしてみたくなりました。 (H.S)

 


当時の建物の外観を残しているようです。

 


格子戸が特徴です。二階の格子部分には、京町家らしく、魔除けの鍾馗(しょうき)さんも見えます。

 


すっぽん料理の名店「大市」(だいいち)がすぐ近くにありました。
この店は江戸中期の創業というのですから、五番町の変遷も目の当たりにしてきたことでしょう。

 


京都といえば八ッ橋。その中でも代表的な「夕子」は
小説「五番町夕霧楼」の主人公、 片桐夕子から付けられているのです。  
正式に水上勉本人の許可を得ているそうですから、水上勉も八ッ橋が好きだったのかもしれませんね。

2016/05/22

京都

和菓子の特徴のひとつが季節を先取りして表現していくこと。
そしてその味だけでなく、目も楽しませてくれます。
抹茶の産地として名高い京都・宇治に本店を構える宇治茶専門店 伊藤久右衛門の茶房では
先日から「紫陽花パフェ」が登場しました。 

 


伊藤久右衛門Facebookページより 

 

色合いが何ともやさしく繊細で、
あたかも目の前で雨に濡れる紫陽花が咲いているかのようです。
食べるのがもったいないですね。(H.S) 

 

伊藤久右衛門公式サイト

2016/05/09

京都

京都ならではのスターバックスが三条大橋のたもとにあります。
京都市内には他にもいわゆる京都らしいスターバックスがあるのですが、
ここにはかないません。
なぜならば、何とここのスターバックスには納涼床があるのです!
納涼床と言えば、京都鴨川の夏の風物詩。
蒸し暑い京都の夏の宵も、鴨川を渡る風を感じられる納涼床に出ると
これがなかなかどうして涼しいのです。
京料理店の納涼床はちょっと敷居が高いかもしれませんが、
ここならコーヒーだけでOK!
ただしとても混みあうので、平日か、納涼床オープン時刻直後が狙い目です。
鴨川の流れに耳を傾けながら、「京都の夏=日本の夏」のひとときを過ごしてみてはいかがでしょう。

 


鴨川の流れが目の前に。
納涼床が満席の時は、地下のフロアもおすすめ。

 


近くには弥次さん喜多さんの銅像もあったりします。

 


三条河原をお散歩するのもいいですね。
なぜか等間隔に座るカップルを横目に(笑)

 


スターバックスの目の前にある京あられの老舗。
歴史を感じますよね。

 

 

夕方になるとこんな感じ。かなり混んでます。
(スターバックス公式HPより)

 

スターバックスコーヒー京都三条大橋店
<納涼床の営業時間>

 

5月と9月 11:30 ~ 22:00
6月~8月 16:00 ~ 22:00 

 

※雨の日は営業しません。

 

(H.S)

2016/04/13

京都

京都・東山の麓にあり、散歩道として有名な「哲学の道」。
永観堂近くの若王子(にゃくおうじ)神社から始まり、銀閣寺までの
約1.8kmに渡る疎水沿いの散策コースで、「日本の道百選」にも選ばれています。
私も大好きなスポットで、特に桜の季節は最高ですね。
カフェや甘味処もあって疲れたら一休みできます。

哲学の道の入口からほど近いところに立つ標識

 

 

この散歩道が「哲学の道」と呼ばれるようになったのは、
哲学者の西田幾太郎やその愛弟子たちが、この道を散歩しながら思索にふけっていたから。
道の途中、法然院の近くに、西田幾太郎が詠んだ歌が石碑に刻まれていました。
「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行なり」


西田幾多郎の歌碑 書は西田の自筆

 


今年の桜も散り始め、疎水がこんなことに!!
阪急電鉄【公式】Twitterより

(H.S)

2016/04/03

京都

銀閣寺から少し北上したところ、詩仙堂の手前近くにある小さな寺「金福寺」。
その昔、松尾芭蕉が訪れて、寺の草庵で住職と風雅の道について語り合ったとか。
時は流れ、今度は与謝蕪村が訪れます。しかし、その庵はすでに荒れ果てて…。
それでもなお近くの村人たちは「芭蕉庵」と呼んでいたのでした。
そこで、芭蕉を敬慕していた蕪村は、その庵を建て直し、いくつかの句も残しています。

寺の庭を少し上っていったところにひっそりとたたずむ芭蕉庵。

 

そしてこの寺にはもう一人忘れてはならない人がいます。それは、村山たか女(じょ)。
大河ドラマ初回作「花の生涯」のヒロインとなった女性で、井伊直弼の不遇時代を支えた人でした。
しかし「安政の大獄」に加担したことで勤王の志士に捕えられ、
京都三条河原で三日三晩、生き晒しにされるも、女だからということで助けられます。
その後、たか女は尼僧となり、この寺で六十七歳の波乱の生涯を閉じました。

 

また、このような由来を知らなくても、風情ある芭蕉庵や、
秋には紅葉の庭が美しいので一度訪れてみてはいかがでしょう。
京都の混みあう有名スポットとは別世界の静かなひとときがそこにはあります。(H.S)

 


自然の地形を生かした庭から望む寺の本堂。山寺ならではの素朴な味わいがありますね。

ページ