スタッフブログ

2019/02/20

グルメ

福井のカニは、大きく分けると三種類あります。

 

 

越前ガニ

大きくて高価なことで知られているのはオスのズワイガニ「越前ガニ」。

漁期は11月6日~3月20日。4月~10月は禁漁期間となっています。

多くの福井県民にとっても贅沢な食べ物で、普段よく食べられるものではありません。

 

 

ずわいガニとせいこガニの違い
せいこガニの外子と内子の違い
せいこガニの中身
出典:Rakuten

 

「背子(セイコ)ガニ」はメスのズワイガニです。小さいカニですが、

プチプチとした食感の外子(そとこ)と濃厚な内子(うちこ)が魅力です。

11月6日~12月31日が漁期 (1月10日に終わることもある)。

「越前ガニ」と比べるとお値段が手ごろなカニで、福井の食卓に上ることも多いです。

県内の学校によっては給食に出るところもあるそうです。

 

越前ガニやセイコガニは中身を食べた後も、日本酒を注ぎ「甲羅酒」を楽しむことできます。

 

オスの脱皮直後の「水ガニ」は、ちょうど今の時期に獲れるカニです。

「若ガニ」と呼ばれることもあります。殻から身がズボッと取れることから、

「ズボガニ」とも呼ばれています。ズワイガニと同様に足が大きいですが、

お値段は3分の1ほどで食べやすいので人気です。

 

 

水蟹

私も先日、「水ガニ」をいただきました。やはり身が出しやすいので食べやすく、

身は他のカニより水々しくジューシーでした。県外から福井に来ていた友人も

いっしょに食べましたが、大きな身をズボっと出し、どんどん食べられるので大満足の様子でした。

 

 

福井県観光連盟の動画、「動画で観る福井、冬の味覚の王様!越前がに」を

シェアさせていただきます。迫力があるセリの様子も見られます。

去年と今年は不漁らしく、なかなか食べる機会がありませんでした。

来年に期待したいです。

 

まだ福井のカニを食べたことがない方も、是非機会があれば福井のカニを堪能してくださいね。

 

T.F

2019/02/14

グルメ

京都駅の近くにある「新福菜館本店」に行ってきました。

 

 

ラーメン屋新福菜館の行列

出典:じょなさんぽ

前回は外に長い行列ができていて30分以上待ったのですが、電車の時間が迫ってきて

食べられませんでした。今回はラッキーなことにすぐに入れて、ゆっくり食べられました。

 

 

京都のラーメン屋、新福菜館のラーメン

70年以上も営業しているこちらのお店のラーメンの特徴は黒いスープです。

一見すると、富山のブラックラーメンに似ているような気がしました。

並ラーメンにネギと玉子をトッピングしてもらいました。福井では「ラーメンに玉子」と言えば、

煮玉子が出てきます。なので生卵がラーメンの上に乗っているのをいただくのは初めてで驚きました。

 

テレビ番組、ケンミンショーで出演者が「京都の人はドロドロした濃い味が好きだ」と話しているのを見たことがあります。こちらのラーメンは見た目よりあっさりしていて食べやすかったです。

 

 

京都のラーメン屋、新福菜館のチャーハン

そしていっしょに頼んだチャーハンは香ばしい味で、こちらも大変美味しくいただきました。

 

ちなみにネットとコンビニで購入可能だそうです。

 

私は行列のできるラーメン屋さんに行ったのは初めてでしたが並んだ甲斐があった

美味しさだったので、なぜ行列ができるか納得できました。

 

機会があれば立ち寄ってみてくださいね。平日の夕方前あたりがすいているみたいです。

 

T.F

2019/01/31

グルメ

福井駅近くのユアーズホテル地下一階にあるレストラン、イタリア

福井駅前にあるユア-ズホテル地下1階のレストラン「イタリア」に行ってきました。

こちらは昭和46年(1971)に創業した福井初のスパゲティーとピラフの専門店です。

自家製のトマトソースが別売りされているほどソースにこだわりがあるお店です。

 

 

レストラン、イタリア店内

その味とお店の雰囲気はどこか懐かしい感じがします。

 

 

お昼のお徳用メニューの看板、1140円

この日、私はランチメニューを頼みました。ピラフはスパゲッティーに変更できるとのこと。

私はスパゲティーが大好きなので変更してもらいました。

 

 

熱々のコーンクリームスープ、少し甘い優しい味

まずは熱々のクリーミーなスープが始め出され、優しい味に身も心も温まりました。

 

 

スパゲティー、昭和の味的な懐かしい味がするオリジナルミートソース、小さいエビフライ、ソーセージフライ、サラダ

そしてサラダ、オリジナルソースがのったスパゲティー、さらにその上には海老と

ソーセージのフライがのっているプレートが出てきました。ボリュームたっぷりで大満足!

 

 

食後にはエスプレッソがついている
ハープ

食後には、エスプレッソとシェフが奏でるハープと楽しいお話を聴きました。

料理人さんがレストランでハープを弾いているのを見るのは初めてで驚きました。

 

 

笑顔でハープを持って座っているシェフ、優しそうな笑顔

ご本人も、「ハープを弾くシェフは珍しいですね、おそらく日本では私くらいかな」と

笑顔で話していました。

 

お食事はもちろん、昭和の雰囲気とハープの演奏も楽しめる「イタリア」。また行きたいお店です。

*ハープ演奏はいつも聴けるということではないようです。

 

 

ちなみに息子さんは福井市の加茂河原で「ル・ディアマンローズ  Le DiamantRose」という

フレンチレストランをやっているそうなので、そちらも機会があれば是非行ってみたいと思います。

 

T.F

 

イタリア

住所:福井県福井市中央1-4-8 ユアーズホテルフクイ地下1階

営業時間:11:00~21:00

定休日:木曜日

2019/01/23

グルメ

鬼の和菓子

 

これは先日福井で買った鬼の顔をかたどった上生菓子、直径4cmくらいの練り切り細工です。
一月も後半になると和菓子屋さんはすっかり節分モードのようです。

 

この鬼という存在、強くて怖いものかとおもえば、やさしかったり、かわいかったり、ちょっとマヌケなところもあったりします。このお菓子の鬼も作り手の手加減ひとつでいろいろな表情になるんでしょう。

 

この時季日本中の和菓子屋さんにどんな顔の鬼たちが並んでいるのかと思うと楽しくなります。
T.S

2018/12/20

グルメ

先日、所用で大阪へ行った時に立ち寄ったお店のご紹介です。
有名なお店らしいのですが、そもそもオムライス発祥のお店があること自体、まったく知りません
でした。

 

なぜオムライスが誕生したのかは お店のホームページ にも詳しく書かれていますが、 お客と店主との間で「おいしいやん!なんやこれ?」「オムレツとライスを合わせてオムライスでんな」という
やりとりがあったようです。

 

私が行ったのは心斎橋本店なんですが、レトロな日本家屋といった趣で、中庭がある懐かしい昭和の
雰囲気の広い和室に座ってオムライスをいただくというのが何とも乙でした。海外からの観光客にも
人気というのがうなずけます。

 


卵の繊細な感じが画像から分かるでしょうか?
「やさしい味」とはまさにこのオムライスのことだと思いました。

 


テーブルにあった多言語プレート(お客用)
指差すだけでスタッフに通じますね。

 


スタッフ用プレートもテーブルに。
スタッフも指差すだけでOK!

 


お店の玄関

 

行ったのは週末、お昼過ぎの1時頃でしたが、待ち時間は20分くらいだったでしょうか。
外で行列する必要がなくてよかったです。
京都にも何か所か店舗があります。(H.S)

2018/10/04

グルメ

「イルボスコ」は、家からわりと近いこともあって時々来ています。
先日は友人たちとランチを食べてきました。
その時、皆でシェアしたメニューから一部ご紹介します。

 


前菜盛り合わせ

 


熱々のフォカッチャは木箱に入って出てきます
フォカッチャはお持ち帰り用もあるそうです

 


生ハムとあわら産ルーコラのピッツァ

 


自家製タリアテッレ ベーコンとほうれん草のクリームソース

 


スペイン産栗豚のソテー マルサラソース

 


デザートはピスタチオのセミフレッド

 


賑わう店内

 


お店の外観とアプローチ

 


お店の看板

 

どのお料理も本格的で間違いない美味しさです。
また、お店の規模のわりにはスタッフがたくさんいるので、接客も行き届いています。
平日はお得なランチもありますよ。
土日は予約してから行かれることをおすすめします。(H.S)

2018/08/08

グルメ

「ベイカリウム」は昨年オープンした、まだ新しいパン屋さんです。
ここではパンはショーケースに並んでいて、最近ではめずらしい対面方式で販売しています。
確かにこの方が衛生的ですし、衝動買い防止にもなりますね。

 

店内も素敵な雰囲気で、ちょっとレトロな雑貨屋さんといった感じ。
パンも手作りで丁寧に作られた味わいがあっておすすめです。(H.S)

 


お店の看板プレート
スタイリッシュでパン屋さんぽくないですね

 


エントランス付近

 


パンの袋にもロゴが映えてます

 


この日買ったパンたち 
サービスでほうれん草のパンをいただきました
このパンのおまけ一個が無性にうれしかったりします

2018/08/05

グルメ

ルプリュムーチョ(Le PLUS MUCHO)は昨年オープンしたばかり。スペインとフランス、それぞれの国と料理を愛する二人の料理人が始めたお店ということで、先日お昼に初めて行ってきました。

 

ランチは2種類あり、私はパエリアコースをチョイス。もう一方は肉料理だったと思います。夜は
タパス料理や自家製ソーセージもあるとのことなので、ワインを飲みながらゆっくりできそうですね。(H.S)

 


季節野菜のサラダ(友達がサーモンのマリネをのせてくれました)

 


パエリアはそれぞれ一人用のパエリア鍋で出てきます 

 


デザートのヌガーグラッセ、とても美味でした 

 


天井が高く、すっきりしたデザインの店内

 


エントランス外観 

 

2018/07/29

グルメ

「開花亭 sou-an」は、風情ある浜町通りの老舗料亭別館で、隈研吾氏設計による木の格子で覆われた外観がとても個性的でモダンなお店です。

 

ここはやはり特別な日に行きたいお店。友人から誕生日のお祝いはここでとのリクエストがあり、先日久しぶりにおじゃますることができました。

 

静かで洗練された雰囲気の中、ゆっくりと極上のお料理やお酒を楽しむことができて贅沢なひとときとなりました。(H.S)

 


店内は木組みがほどよい目隠しになり、特に夏は涼し気で落ち着きます

 


夏を演出するエントランスの大きな生け花

 


先附「雲丹豆腐、じゅんさい、ヤングコーン」

 


吸い物「鱧抹茶葛打ち 紅白素麺」

 


焼物「甘鯛XO醤焼き ほうれん草のソース」

 


強肴「和牛モモ肉西京焼き 白味噌ソース」

 


食事「鰻飯蒸し 止め椀」

2018/06/25

グルメ

天菊の天丼
時々ランチタイムに福井市中心部のいわゆる片町の一角にある天ぷら店「天菊」に行きます。いつも食べるのは800円のシンプルな天丼。えびの天ぷらとかきあげが乗っていて、これにアサリの赤だしと御新香がついて来ます。

天菊のおはぎの天ぷら
おいしいねーなんて思いながらこれを食べ終わる頃にデザートが出て来て、この値段なのにと初めての時はちょっと驚きました。それがおはぎの天ぷらです。それからはこのお菓子が食べたくなると足を運んでいる感じです。
T.S

ページ