スタッフブログ

2018/04/10

祭り・イベント

4月8日(2018年)に若狭町の宇波西(うわせ)神社で行われた「王の舞」を見てきました。「王の舞」(おのまい)は若狭地方の16もの神社で、その多くが4月から5月にかけて行われている伝統的な神事です。

 

赤い衣装をまとい赤い鼻高面と鳥兜を着けた踊り手が、笛と太鼓に合わせて一定の振付を延々と繰り返す、という所は一昨年美浜町の彌美(みみ)神社で見た王の舞と同じですが、踊り手の仕草や衣装、鳥兜のデザインなど違うところもあります。他の神社のを見ればまた違っているところがいろいろあるのでしょう。でも細部の違いはともかくこの共通の行事が若狭地方一帯で現在まで継承されていることに興味を引かれます。
T.S

 

宇波西神社の王の舞
王の舞(宇波西神社)

 

彌美神社の王の舞
王の舞(彌美神社)
低い姿勢から前方に鉾を突き出す印象的な動きは共通だけど前後の動作が違う

 

宇波西神社の王の舞
鳥兜(宇波西神社)

 

彌美神社の王の舞
鳥兜(彌美神社)
様式化された宇波西神社の鳥に対して彌美神社のは具象的で華やか

2018/03/29

祭り・イベント

3月24日から始まった福井市立郷土歴史博物館 の春季特別展「江戸・京・大坂と城下町福井」を
見てきました。

 

 

今回の主な展示は、福井城下の眺望図や江戸の景観図、洛中洛外図屏風や大坂市街図屏風などです。
当時、航空写真などなかったはずなのに、緻密な鳥瞰図を描いた御用絵師の才能には改めて尊敬の念を抱きます。

 

江戸一目図屏風を見ると、かつての江戸が川を中心に発展していることが分かります。
「日本橋」ももちろんちゃんとあります。今の東京からは想像できませんが、もしこういう水路を生かして都市開発を行っていたなら、アムステルダムやベネチアみたいな観光都市になっていたのかも?
なんて妄想するのも楽しいものですね。(H.S)

 

※開催期間の前期・後期で展示の一部が入れ替わります。

 


元号が明治に改められて今年で150年。
福井では幕末明治福井150年博と銘打って関連の歴史イベントが目白押しです。

2018/01/21

祭り・イベント

西武福井店では、先日ブログにも書いた「世界ネコ歩き」写真展期間中に合わせて
「ねこ祭り」も開かれました。

 

 

イベントでは、猫をテーマにしたアトリエマーケットが出店していたり、限定お取り寄せの
ねこスイーツも販売されていたので私も思わず色々と買い込んでしまいました。

 


何を買ったかというと...
左上から時計回りで、アンファンの猫クッキーとマシュマロ、その他 
イクミママのにゃんこドーナツセット
福井のパティスリーKANSENDOのねこシュークリーム 

 

この「ねこ祭り」は2年前から、福井駅前の商店街が活性化のために始めたイベント。
今では定期的に開催されているようで、これからもぜひ続いて欲しいですね。(H.S)

2017/11/28

祭り・イベント

先日、福井市フェニックスプラザで行われた池間哲郎氏の講演会を聴いてきました。
まずは池間氏のプロフィールからご紹介します。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
1954年沖縄県生まれ。現役カメラマン。沖縄大学非常勤講師。映像製作会社経営の傍ら1987年より
国際協力運動を始める。現在、認定NPO法人アジアチャイルドサポート代表として10ヶ国以上で支援
事業を展開。活動は30年近くに及び、池間氏がたった一人で始めた活動は今や5千人近い会員を擁する日本有数の国際協力団体となり、その実績は高く評価されている。「祖国を愛する思いが国際協力の
基本」との思いで、東日本大震災支援や青少年健全育成についても長期的な活動を続けている。懸命に生き抜く途上国の人々から日本人こそが命の尊さや一生懸命に生きることの大切さを学んで欲しいとの願いで、全国の企業、団体、学校などで行っている講演は3,400回を超えた。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
1時間半に及んだお話すべてに心揺さぶられ、涙があふれ、最初から最後まで一心に聴き入ってしまいました。講演全部をご紹介できないのがとても残念ですが、少しだけ書いておきたいと思います。

 

池間氏がフィリピンのごみ捨て場で出会った女の子の話です。
その子に「あなたの夢は何ですか?」と聞くと
「私の夢は大人になるまで生きること」と答えたそうです。
果たして今の日本の子どもたちにこの意味が理解できるでしょうか。

 

子育てで絶対してはいけないこと、それは過保護と溺愛だと池間氏は強く訴えます。
「幸せとは幸せを感じる心の強さのこと。愛情とは厳しさが伴うもの。
子育てで子どもに好かれようなんて思う必要はまったくありません」と。

 

そして「今の日本は異常です」とも。
(産経新聞に載った20ヶ国で行った高校生へのアンケート結果)
※教師を尊敬していますか?   ※両親を尊敬していますか?
他国平均 85% 日本 21%     他国平均 90% 日本 25%

 

日本の子どもたちは「尊敬する」ことを忘れてしまったのでしょうか。
でもこうなった原因は子ども達本人ではなく、私達大人に原因があると池間氏は言います。

 

今回の講演での話題は多岐に及び、アジア諸国の現状、大航海時代という言葉の嘘、白人統治時代の
植民地の実態、戦前の道徳教育、真珠湾攻撃、インパール作戦での日本兵たち、GHQ、WGIP、戦勝国側の正義などなど、学校では決して教えてくれなかった数々の事実に衝撃を受けました。そしてこれからも歴史を検証している本を読んだりして、まだまだ勉強しないといけないと強く感じた講演会でした。(H.S)

 


「おじちゃん、大丈夫よ。弟は私が育てる」
ー20年近く前の話だが、カンボジアの首都プノンペン中心地の広場にいた少女が忘れられない。まだ10歳にも満たないと思われる少女が、弟を抱いて物乞いをしていた。「どこから来たんだ?」と聞くと
タイ国境沿いの村から「生きるために」弟を抱いて都会にやって来たと言う。「親はいないのか?」と
さらに尋ねる。「父ちゃんも母ちゃんも死んじゃった」とうつむく。少女は都会で這いずり回り、手を差し出し、お金を貰い、生き延びる。小さな体で弟を守り続る。この少女に比べると当時40歳余りの
自分が子どもに思えた。「生きる」と言う意味の深さや厳しさも感じた。だらしない自分を恥じた。
懐かしき1枚の写真です。ー
(写真と文・池間氏Facebookより)                       

 

※池間哲郎氏へのインタビュー動画「アジアの人たちが教えてくれた本当の日本」(24'13")
弊社創業者の経営理念である「三方よし」という言葉も聞かれて親しみが増しました。また、ドラマ化されてご存知の方もいると思いますが、ペリリュー島での現地の人と日本兵とのエピソードは今でも胸に迫るものがあります。

2017/10/15

祭り・イベント

先日、何十年か振りでたけふ菊人形に行ってきました。
たけふ菊人形といえば、福井県民にはとても馴染み深いイベントで、この開幕のお知らせを目にする
ようになると秋本番というほど今の季節の風物詩なのですが、いつも気が付くと終わってしまっていたイメージでした。(今年は10 月5日~11月5日まで)

 

さて、久しぶりに行った菊人形会場の武生(たけふ)中央公園はずいぶんと整備されていました。越前市出身の絵本作家かこさとしさんが監修して、作品をモチーフにした遊び場がある「だるまちゃん広場」も完成。隣接する越前市文化センター横にできた新しい施設にはカフェやパン屋さんも入っています。メインの菊人形館では今年のテーマの大河ドラマ「井伊直虎」にちなんだ場面が無数の菊で彩られていました。

 

そして今回は菊人形のもう一つのメインイベントであるOSK日本歌劇団のレビューを初めて観劇してきました。

 

宝塚歌劇団、松竹歌劇団(1996年解散)と並び、日本三大歌劇団の一つと称されるOSK日本歌劇団は大正11年(1922年)に松竹楽劇部として結成され、大阪を拠点に活躍しています。今年は「OSKシンフォニー」というタイトルで1時間ノンストップの華やかな舞台を見せてくれました。「美女と野獣」のダンスシーンあり、フラメンコあり、ジャズダンスあり、福井弁をフィーチャーした愉快なHIP HOPダンスあり、ラインダンスありの、めくるめくひとときです。きらびやかな衣装の早変わりや素晴らしい歌と踊りもさることながら、男役・楊琳(やんりん)さんのまぁ素敵なこと!クールで男前で思わず惚れました。娘役の皆さんの可憐な笑顔にも癒されましたよ。

 

途中、楊琳さんはじめメンバーが客席まで下りて来てくれる演出もあって、すごく距離が近いのも親しみが持てます。OSKのたけふ菊人形での1ヶ月公演(平日2回、土日祝日は3回公演)は休みがたった
1日だけという過酷なスケジュール。でも終わりの挨拶で「私達全員、ここで皆様にいいステージをお見せするため、長い間頑張って練習してきました」という楊琳さんの言葉を聞いて胸が熱くなりました。千秋楽までにもう一度観に行きたいほどです。とにかく楊琳さんを見ているだけでもうっとりするのですが、プロ意識を感じるステージに心から応援したくなる彼女たちなのでした。大阪からの追っかけの方々もいますので、行かれる時は早めに会場で並んでくださいね。(H.S)

 


まだつぼみも多かったので会期後半に行くともっと綺麗でしょうね。

 


主役の井伊直虎

 


直虎がまだ次郎法師だった頃

 


一番左が井伊直政

 


菊師のプロフィール
「美尚堂工房」とはどこにあるのかと思ったら、何と山形県でした。
はるばる武生まで来られて菊人形を制作しているんですね。

 


OSK会場の越前市文化センターでは巨大な楊琳さんがお出迎え☆

2017/03/06

祭り・イベント

先月の最終日曜、 勝山左義長まつり に行ってきました。
勝山左義長は福井県勝山市で毎年二月の最終土日に行われ三百年の歴史を誇るお祭りです。勝山市街地の各町内に12基の櫓を建てて、その上で赤い長襦袢姿の男女が子どもも一緒になって、独特のおどけた振り付けで三味線、笛、鉦の軽快なお囃子に合わせ浮かれながら太鼓を叩く様子は、全国でもこの勝山左義長だけの特徴ということで、この祭りが奇祭と呼ばれるゆえんでもあります。

 


雪国とは思えない派手な衣装で皆さん弾けてます!

 

祭りの期間中は各町内ごとに違う色の短冊が道路の上に飾り付けられ、それが風になびいてとっても
にぎやかな雰囲気。お祭りの屋台も軒を連ね、地元の人たち手作りの美味しい物も色々と売られているから、あれもこれもとついつい食べ過ぎてしまうんですよね。

 

祭り二日目の日曜日には地元の酒蔵 「一本義」で酒蔵まつりも催されます。
これを目当てに祭りに足を運ぶ方も多いのではないでしょうか。かくいう私もその一人。
なぜなら、この日はふだん入れない酒蔵の見学もできて、一本義で作った酒饅頭の販売もあったり、
特設の屋台では代表的な一本義の銘酒がお得に飲めるんですよ。左義長限定のお酒も販売されるのですが、私が着いた午後一時頃には既に売り切れていました。残念!

 


酒蔵の中に掛けられていた一本義の大きな垂れ幕。年季が入ってますね。

 

個人的にもとてもおすすめのお祭りです。勝山左義長にはJR福井駅から、えちぜん鉄道でのお出かけが便利ですよ。終点の勝山駅まで雪景色を眺めながら、のんびり各駅停車の旅を楽しむのもまた一興です。そして同じ勝山市内にある大人気の福井県立恐竜博物館もぜひ訪れてみてください。
勝山駅から博物館行きのバスも出ています。(H.S)

 

こちらは二年前に勝山左義長へ行った時の動画です。

2016/11/20

祭り・イベント

11月6日(日)越前町観光連盟主催の「泰澄大師ゆかりの秘仏 特別拝観バスツアー」に同行、
撮影取材をしてきました。このツアーで巡る福井県越前町朝日地区は、泰澄大師ゆかりの寺社・旧跡が数多くあり、平安・鎌倉期の仏像の宝庫なのです。戦国時代の争いや明治時代の廃仏からも生き延びて
今なお住民たちの信仰で守られている秘仏をこの日は特別に拝観させていただきました。

 

※泰澄大師は飛鳥時代(7世紀末)、現在の福井市麻生津(あそうづ)に生まれました。
神童と呼ばれた大師は11歳の時、夢のお告げで越前町の越知山大谷寺に登り、苦行難行の後、
ついに仏の教えを悟ったと言われています。その後36歳の時に霊峰白山を開山。

 


朝日観音福通寺 木造 千手観音菩薩立像(鎌倉時代)福井県指定文化財 
頭上に十一面を頂き、四十二本の手を持つ観音様

 


福通寺では御朱印もいただきました。

 


日吉神社 木造 大日如来坐像(平安時代)有形文化財
神社の拝殿に大日如来像があるのはめずらしいのですが、
元々は上記の福通寺にあったと言われ、御開帳の時には福通寺まで
大人十人以上で担いで里帰りするそうです。

 


八坂神社 木造 十一面女神像 (平安時代) 
現在、ごらんの通り福井市立郷土歴史博物館「福井の仏像」展に出張展示中
この写真は博物館で特別に許可を得て撮影

 


八坂神社には「延命水」と呼ばれる湧水も出ています(北陸の名水百選)
京都の八坂神社と同じく「祇園祭」が7月14日行われるそうです。
とても風情ある祭りとのこと。行ってみたいですね。 

 


1300年の歴史を誇る北陸屈指の古刹、越知山大谷寺の本堂

 


大谷寺の敷地にあるこの九重塔は泰澄大師の墓と伝えられています。 国指定文化財

 


浄勝寺へ向かう階段
浄勝寺第十三世の住職、上野丹山は江戸時代後期を代表する文化人でした。

 


浄勝寺敷地にある長屋門

 


長屋門を出ると目の前に里山の秋の風景が広がります。 

 

ツアーには県内のみならず、県外からのお客様もいて、大阪から一人で参加していた女性は、
ネット検索でこのツアーを知ったそうです。地元の大阪にもまだまだ知らない仏像がけっこう
あるんですと話していました。

 

案内役の福井市立郷土歴史博物館の藤川学芸員によると、仏像そのもののパワーがあまりにも強い
ため、人々がその強すぎるパワーを浴び続けないよう制御するため扉を閉ざして秘仏にしたとのこと。
その理由に目から鱗が落ちるようでした。

 

来年もこのツアー開催されるようですから、
晩秋の一日、ぜひ福井の秘仏に会いに来てみませんか。(H.S) 

2016/10/20

祭り・イベント

宮古島には「パーントゥ」というとても変わったお祭りがあります。
島尻地区で旧暦の9月上旬(正式な日程は直前まで発表されず)に行われるこの祭り、
仮面を付けた三体の仮装神が出現して各家を回るのですが、
何がすごいって、この神様たちは全身に泥を塗りたくっていて、
その泥を誰彼かまわずなすりつけていくのです。

 


(写真 ・ 旅行予約サイト「たびらい沖縄」より)

 

おまわりさんや観光客にだって容赦しません。
そのうえ厄介なのが、この泥のにおいです。
この泥は何と、この祭りだけのためにわざわざ専用の沼のようなところで培養されており、
そのにおいたるや強烈で、洗ってもまず落ちないそうです。
想像するに堆肥に近いものなのでしょうか。

 

それでも厄払いのご利益は多大なようで、祭りの日が近づくと 
地区の人たちはこの神様たちが現れるのを心待ちにしているようです。
この宮古島の「パーントゥ」は平成5年(1993年)、重要無形民俗文化財に指定されました。
そして今年の「パーントゥ」は先ごろ10月6、7日に無事行われたそうです。
今年も集落には子どもたちの絶叫(?)が響き渡っていたとか…。

 

勇気ある方、一度見物に行ってみませんか?ただし着替えをお忘れなく!(笑)
(H.S) 

2016/10/13

祭り・イベント

先日のスタッフブログで「葵祭」が日本最古の祭りとご紹介しましたが、

その約30年後にもう一つの祭り始まりました。

593年から始まった「愛染祭り」です。

大阪市天王寺区の愛染堂で行われます。

 

「苦しみや悲しみを抱く人々を救済したい」という聖徳太子の願いを長年受け継ぎ、

行われてきた、無病息災を祈る祭りです。

 

毎年6月30日から7月2日まで行われます。

 

また現在ではこの祭りは「大阪三大夏祭り」の一つになっています。

大阪の夏の三大祭りとは「天神祭り」「住吉祭」そしてこの「愛染祭り」なんです。

 

「宝恵(ほえ)かご行列」の一部をお楽しみください。

「Mari Yoshitani」さんの「愛染まつりパレード(2)」をシェアさせていただきます。

 

いかがでしたか?とても素敵な愛染娘さん達が印象的でしたね!

 

ではもうひとつ、だんじり囃子と龍踊りもお楽しみください。

「BinsukeIPO」さんの動画

「2016年 愛染まつり② だんじり囃子&龍踊り①」をシェアさせていただきます。

 

 

T.F

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、GENオフィシャル
メールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

2016/10/08

祭り・イベント

すっかり涼しくなり、秋になった今日この頃、いかがお過ごしですか?

日本では、夏だけではなく、秋にも様々な祭りが行われます。

暑い中での夏祭りも楽しく、盛り上がれますが、涼しく、しっとりとした雰囲気の中で楽しめる秋の祭りもいいんじゃないでしょうか?

 

さて、日本最古の祭りはご存知ですか?京都の567年から始まった「葵祭」です。

7月に行われている祇園祭と、10月の行われている時代祭と合わせて、京都三大祭とされています。

 

もともとこの葵祭は別名「賀茂祭」と呼ばれます。

この祭りでは上賀茂と下賀茂と両神社の祭礼が行われています。

 

太古別雷神(わけいかづちのかみ)が、現在の社殿の北北西にある山に降臨された時に

開かれた祭りだと言われています。

 

567年、日本は自然災害が多く起こり、作物が育たなくなってしまいました。

そこで、当時の天皇から命令をうけ、占い師がうらなったところ、

賀茂の神々の祟りが原因だという結果がでてきました。

 

その祟りを抑えようと4月に盛大に行われた祭りが、葵祭の始まりです。

 

“Japanesquest”さんの動画“Aoi Matsuri Festival in Kayoto! / Video Japan Guide”

をシェアさせていただきます。 お楽しみくださいね。(日本語の字幕付き)

 

こちらのGENスタッフブログもご覧くださいね。

日本の夏祭り パート1
日本の夏祭り パート2
日本の夏祭り パート3

 

T.F

 

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、GENオフィシャル
メールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

ページ