スタッフブログ

2018/11/21

映画

映画えちてつ物語のチラシ

いよいよ11月23日(金・祝)から、福井のローカル線「えちぜん鉄道」と、その電車に

乗っている素敵なアテンド(客室乗務員)の映画、「えちてつ物語」が全国公開されます。

その日は有楽町スバル座で主演の横澤夏子さん、緒方直人さん、児玉宜久監督が

舞台挨拶を行います。(11:35の回、上映終了後に舞台挨拶)

 

全国の上映される劇場情報はこちらから

 

福井では11月3日より先行ロードショーされているということで、私も先日観にいってきました。

 

福井の美しい景色や人とえちぜん鉄道、そしてそのアテンドの成長をじっくり観られる映画です。

お笑いタレントの横澤夏子さんの元気いっぱいの笑顔と心こもった演技が印象的でした。

 

 

えちてつのアテンドさん

その横澤夏子さんが演じる、えちぜん鉄道に乗っているアテンドとは切符を販売したり、

目的地への行き方やその周辺でのおすすめスポットを教えてくれたりします。

話しやすくてフレンドリーな客室乗務員です。

 

えちてつの電車から見える景色

このアテンドと電車から見える素晴らしい景色がえちぜん鉄道の魅力です。

 

 

えちてつの電車から見える景色

ゆったりと電車に揺られながら見る家々、大きな美しい空、田んぼ、山や川は

いつ見てもほっとします。

 

機会があれば是非、「 えちてつ物語」を観てみてください。

そして、えちぜん鉄道にも乗ってみてくださいね。

 

T.F

 

2018/11/12

映画

日本での公開をひたすら待っていた映画だったので、初日に早速見てきました。

 

 

映画「ボヘミアン・ラプソディ」はイギリスが生んだ伝説のバンド、クイーンとそのリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いた作品です。実は私もクイーンの大ファン。中学生の頃、
ラジオから突然流れてきた「炎のロックン・ロール」のギターリフを聴いた時の衝撃は今も覚えています。

 

クイーンの人気にまず火がついたのは日本だったというのは有名な話ですが、フレディの日本好きも
相当なものでロンドンの自宅には日本庭園までありました。宮本武蔵の「五輪書」も読んでいたそうです。映画の中でも「売れたら日本ツアーだぞ」という台詞が出てきて思わずにんまりします。
またフレディのミュンヘンの家のセットのドアのところには何と金閣寺のお札が貼られていました!

 


フレディが亡くなって27年。伊丹氏はフレディからプレゼントされたカルティエの腕時計を今も着けています。

 

フレディ役のラミ・マレックはじめ、他のメンバーを演じた俳優たちも素晴らしい演技でクイーンの
人生をリアルに追体験できる、映画としても稀有な傑作だと思いますが、クイーンファン、ロックファンにとってはもう怒涛の感動と涙で、あっという間の2時間15分に違いありません。これほど「終わって欲しくない映画」に出合うことはきっともうないでしょう…。二回目の鑑賞はIMAXで見る予定を
しているのでとても楽しみです。(H.S)

 

2018/09/13

映画

 

またひとつ、愛すべき映画がこの世に送り出されました。
福井でも先頃ようやく公開された 「カメラを止めるな!」です。

 

冒頭、役者さん全員が無名という邦画を見るのはこれが初めてかも?と思いながら、そのことに若干の不安を感じている自分がいて、私も映画に対する固定概念に縛られているのかと思ったのも束の間、
どんどん映画の中へと引き込まれていきました。

 

ところで、この映画のプロデューサー、市橋浩治さんは福井県越前市出身、また上田慎一郎監督はお隣り滋賀県の長浜市出身ということで、より親近感を感じてしまいますね。

 

上田監督は、舞台挨拶で来福した時のインタビューで「製作費300万円だったからこその手作り感が
この映画の良さになり、無名の役者さんたちだったからこそ展開の読めない映画にすることができた」と話していました。マイナスが見事プラスに転じたわけですね!

 

色々な要素で楽しめて、見終った後はとてもハッピーになれる映画です。
百聞は一見にしかず。予備知識は必要ありません。
ふらっと映画館に出掛けて、ぜひ「カメ止め!ワールド」に身を預けてみてください。(H.S)

2018/06/14

映画

この映画の原作は福井市生まれの宮下奈都さんで、2016年の本屋大賞を受賞した作品です。
私も原作を読み、映画化されると聞いてから公開を楽しみにしていたので早速見てきました。

 


東宝WEB SITEより
映画の公式サイトはこちら→「羊と鋼の森」 

 

そうしたら何と映画館のロビーで宮下奈都さんご本人とばったり!
もちろん面識はありませんでしたが、思わず「ご本人に会えるなんて!これから楽しみに見ます」と
言うと、宮下さんは「私もこれから見ます」とにこやかにお返事してくれました。試写で既にご覧に
なっているはずですが、地元の映画館で他のお客さんと一緒に見るのはまた違うのでしょうね。
宮下さんは地元のテレビ番組で時々拝見することがあるのですが、おっとりとして上品で、控えめな話し方とどこか少女っぽい透明感もあって、本当に素敵な方だなぁといつも思っていたのですが、リアル奈都さんもそのままの方でした。

 

映画は、美しい絵画のようなシーンが多くて、役者さんたちの演技もそんな映像を決して邪魔しないものでした。ピアノを調律している手元も本物の調律師のようで、皆さんかなりの準備をしてきたであろうことが伺えました。私は光石研さんの演技が好きなのですが、今作でも台詞は少なくてもやっぱり
存在感があります。本当に巧い役者さんだと思います。また、素晴らしいピアノの演奏も堪能できるので映画と音楽の両方の醍醐味を味わえます。特に上白石萌音・萌歌さん姉妹のピアノ演奏には圧倒されました。

 

ピアノ調律の才能がないと思っている主人公に、先輩調律師がこう言います。
「才能っていうのは、ものすごく好きだっていう気持ちなんじゃないかな」
私はこの言葉はすべての人に伝えたい金言だと思います。
何かがものすごく好きで、それを究めることができたら、きっとそれが立派な才能なんですね。

 

そして、エンディングテーマ(曲・久石譲、演奏・辻井伸行)がまた泣きたいほど美しく、作品の世界がずっと続いていくようでした。こういう上質な映画を見ると、日頃の惰性的になりがちな生活を見つめ直して、いくらか軌道修正してくれる気がします。(H.S)

 

2018/06/06

映画

先ごろ開催された今年のカンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した是枝裕和監督の
「万引き家族」
。先週末、福井でも先行上映されたので早速見てきました。

 


一見、豊かな国と思われている現代の日本。
でもそこにはもっともっと議論されるべき問題が山積みしています。
映画を見ながら、次から次へとそんなキーワードが脳裏をよぎります。
そしてそれをメッセージ色などまったく出さずに淡々と映し出す脚本と演出。
加えて、キャストの皆さんの演技を超越した演技が圧倒的なリアリティを生み出しています。
子役の二人も本当にすごい。途中からは、もはや映画を見ているという感覚ではなくなってきます。
食べるシーンが多いのは、食べないと人は生きていけないからでしょうか。

 

是枝監督は安易に泣かせてはくれません。白黒付けさせてはくれません。
わざと外してきます。あたかも、簡単に泣けて正解はこう、なんていう底の浅い映画にはしたくないという監督の矜持を感じるようでした。

 

この映画は、にわか評論家気取りで、ああだこうだと批評すべき映画ではないように思います。
そんな偉そうなことなんてきっと誰にも言えないはずだし、見終っても答えは出ないままだけど、貧困や善と悪について、生きること、死ぬこと、家族愛について、私達一人一人が今一度深く考える機会を与えてくれているのです。(H.S)

 

2018/03/15

映画

先週発表された今年のアカデミー賞で見事作品賞に輝いた「シェイプ・オブ・ウォーター」
ちょうど福井でも上映中だったので早速見てきました。

 


(FOXサーチライト・ピクチャーズ 公式Facebookページより)

 

社会の片隅でひっそりと生きている弱者たちへのまなざしがとてもやさしい映画です。
主人公イライザの職場である政府の極秘研究所にある日運び込まれた、アマゾンの奥地で神のように
崇められていたという半魚人。イライザはその生き物と心を通わせるようになり、何とか助け出そうと
試みます。イライザは声が出せません。そしてそんな彼女を支える二人、ジャイルズとゼルダもそれぞれに悩みを抱えていました。

 

監督のギレルモ・デル・トロは日本の漫画や特撮物の大ファンで知られている人。この映画に出てくる半魚人もそのせいか体形がちょっとウルトラマンに似ています(笑)監督ご自身も何だかゆるキャラっぽくて愛嬌たっぷりですが、この半魚人もグロテスク過ぎず、微妙に可愛くて知性があるかと思えば、やはり生き物としての本能なども絶妙なバランスで描かれています。

 

アメリカの繁栄の象徴であるキャデラックの新車を台無しにするシーンはメキシコ人である彼の今の
アメリカへの批判を感じました。また悪の権化のような敵役、女性蔑視、残虐で差別発言満載のストリックランドへの手話での反撃も痛快なシーンです。設定は1962年ですが、セクハラといい政治的にも今の時代そっくりです。それにしてもなぜに半魚人?と不思議に思っていたら、実は監督は昔見た映画「大アマゾンの半魚人」の半魚人にシンパシーを感じてこの映画を作ったとか。半魚人にシンパシーを感じるなんていかにもデル・トロ監督らしいですね。

 

これは「人間の女性と半魚人との愛の物語」と書いたところで未見の方にはピンと来ないと思いますが、心と心が通い合うのは何も人間同士に限ったことではないのかもしれません。世界各地に異類婚姻譚がいくつも残っているように、日本の民話「鶴の恩返し」や福井にある夜叉が池の龍神伝説も思い出されたりして、アニミズム的な人間以外の自然や生き物への畏敬の念も感じた映画でした。(H.S)

 

2017/12/25

映画

一年の締めくくりとなるこの時期にぴったりの、とっても素敵な映画と出合いました。
「ボブという名の猫」 は、ロンドンのストリートミュージシャン、ジェームズと野良猫ボブとの奇跡のような実話を元にした映画です。

 

主演のルーク・トレッダウェイの演技が自然ですごくいいです。 
薬物依存のため代替薬治療中というナイーブな役を演じながらも「この人は大丈夫!きっと更生できる」と安心して観ていられます。目がいいんですね。また「ダウントン・アビー」でアンナを演じていたジョアンヌ・フロガットが、今作でも厳しさと優しさを併せ持つ筋の通った女性を演じています。

 

そして何と言ってもボブ!
ボブの役はボブ本人(本猫?)が演じているんです。
それにしても何て賢くて可愛い猫なのか!もう本当にいい子なんです。
ジェームズが路上演奏する時も、ビッグイシューを売りに行く時も、そしていよいよ断薬となって苦しんでいる間もボブはいつもジェームズの側にいました。 

 

猫目線でのカメラワークも入って、岩合さんの「世界ネコ歩き」的な面白さもあり、
猫の生態もよく描かれています。特にボブがいなくなった間のジェームズの落ち込み方は
同じ経験をした人には(私も!)分かり過ぎるほど分かる描写でした。
そして最後には誰もがハッピーになれること間違いなしの映画です。
メトロ劇場では来年1月5日まで上映中。(H.S)

 

★2017年ナショナル・フィルム・アワーズUK【最優秀英国作品賞】受賞★

 

 


ビッグイシュー日本版の表紙を飾るボブ
スペシャル企画「ボブとジェームズ、東京へ行く」
ちなみにボブ初登場の 316 号はSOLD OUT!
そしてボブはロンドンの地下鉄の定期券も持っているんです。

 


映画上映期間は、GENでも以前、撮影取材させてもらった「福井犬・猫を救う会」の展示や募金箱も。

2017/12/18

映画

先日、福井市のメトロ劇場「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」
観てきました。

 

 

この映画は、米軍統治下の沖縄にあって唯一人、弾圧を恐れず米軍にNOと叫んだ沖縄のヒーロー
瀬長亀次郎を追ったドキュメンタリーです。沖縄好きを自負する私ですが、恥ずかしながら知りませんでした、こんなすごい人がいたことを。しかもネーネーズが「おしえてよ亀次郎」という曲にして
歌っていることも。

 

TBSテレビ報道局の佐古忠彦氏(53歳)の初監督作品でもあるこの映画は、元々テレビのドキュメンタリー番組として1年かけて制作し、昨年8月に放送したもの。その番組は夜中の関東ローカルにもかかわらず、大変な反響を呼んだことで佐古氏は映画化を決意、追加取材や再編集をして完成させたのです。
映画は沖縄での先行公開から異例のヒットを記録しています。作品の主旨に共感した坂本龍一がオリジナル楽曲を手がけ、大杉漣が語りで出演しているのも話題です。

 

【民族抑圧】
この言葉を目にして、日本のことを連想する人は決して多くはないでしょう。
しかし、終戦後アメリカの占領下となった沖縄ではまさしくこの言葉の通りの圧政が敷かれていたのです。映画に登場した元米海兵隊員で、沖縄返還交渉の実務にも携わった男性は涙をこらえながら苦渋の表情でこう語っていました。
「米国の恥ずべき歴史のひとつだ。米国政府は沖縄の民衆をただただ恐れていたんだ」
その占領下にあった1955年、嘉手納村で起きた幼女暴行殺人事件。
残虐な犯行で亡くなった、たった6歳の由美子ちゃんは、唇を噛みしめ、数本の草を握りしめて息絶えていたと言います。犯人の米兵の軍曹は軍法会議で死刑判決を受けたものの、結局は無期懲役に減刑。そして本土復帰後も繰り返される米軍関係者による事件や事故。つい先日の13日には、あろうことか
普天間にある小学校の校庭に米軍の大型輸送ヘリの窓が落下するという事故が起こってしまった
沖縄…。

 

映像の中で、亀次郎が国会議員となって国会で当時の佐藤栄作首相に、鋭くも実直に質問を突き付ける場面には胸が熱くなりました。佐藤首相の方も懸命に応じながらも当時の難しい状況も見て取れます。

 

佐古監督はこの映画について「保守革新を超越した沖縄の原点である亀次郎の姿を通して、今後の国の在り方を考えるきっかけにしてほしい」と話しています。
メトロ劇場では今月22日まで上映中。(H.S)

 


上映に先立ってメトロ劇場を訪れた監督の佐古忠彦氏
(11月24日付福井新聞より)

2017/07/30

映画

メル・ギブソン監督の「ハクソー・リッジ」を観てきました。
タイトルの「ハクソー・リッジ」とは、のこぎりで切ったかのような断崖という意味で、
第二次世界大戦で最も激戦地だった沖縄県浦添城跡の一角にある前田高地のことです。
米軍をして「ありったけの地獄を集めた」と言わしめたほど凄惨な戦地となりました。

 

この映画の主人公は、実在した米軍の衛生兵デズモンド・ドス伍長。
映画は戦闘シーンを非常にリアルに描いていますが、もう一つの大きなテーマが信仰です。
映画の中で、聖書からの「殺人は最も重い罪である」という場面があります。
重い罪だから殺人はいけないことなんだというくだりには、ちょっと違和感を覚えましたが(これは
日本語字幕の訳し方のせいかもしれません)、ドスは「自分も国のために戦う。でも僕は人を殺すのではなく助けたい」という信念を貫きます。

 

また、軍に志願したきっかけは日本軍による真珠湾攻撃だったとも言っています。このシーンを見て、アメリカ国民にとって真珠湾攻撃がどれほどショッキングだったのかを改めて思い知らされました。

 

映画の中での戦争は当然ながら、あくまでも米軍目線。米戦艦からの絶え間ない艦砲射撃や火炎放射に怯える沖縄の住民たちについてはまったく触れられていません。「やつらは死を怖れない」と米軍を
おののかせた日本兵たちもとにかく不気味な存在でしかありませんでした。そしてやはり欧米的に
「ハラキリ」は外せないのか、牛島司令官を思わせる自決シーンでは唯一、日本兵がアップで描かれていました。

 

浦添市史によると、当時の浦添村では人口9,217人のうち約45%が死亡。前田地域だけでも549人が
犠牲となりました。この映画の公開に合わせて浦添市では関連したイベントが企画されています。また浦添城跡周辺を案内するNPOのガイドの一人によると、映画公開以来、ガイド利用者が増え、一日100人を超える日もあるとか。観光客も多く、米軍関係者もいるそうです。

 

映画終盤、何度も退却を余儀なくされた米軍が再び気勢を上げ、「よし、行くぞ!」と前田高地を
突進する場面は戦争の大義なき侵攻を目のあたりにしたようで「一体何のためにまだ進むのか。その先に何があるというのか。夥しい数の死者を生み出すことが正義とでも?」と私はやり切れない憤りに
駆られました。

 

2006年に87歳で亡くなったデズモンド・ドスは戦後二度、沖縄を訪れており、取材にも応じています。また、日本兵の傷の手当もしたというドスのために、彼の記念碑を建てようと沖縄では募金活動が始まったそうです。完成の暁には、「命(ぬち)どぅ宝」(命こそ宝)という言葉が今も受け継がれている沖縄で、平和を象徴する新たなモニュメントとなることでしょう。(H.S)

 


「ハクソー・リッジ」公式サイトより 

 


6月18日に開催された「前田高地の戦跡めぐり」から(浦添市HPより)

 

グーグルマップを見ると前田高地に「デズモンド・ドス・ポイント」という表示が出ます。

2017/06/04

映画

すごく面白いという評判につられ、ついつい私も劇場へ。
映画は評判通りの面白さでとっても楽しませてもらいました。

 

出演者も皆イケメンというだけでなく、まったくぶれのない演技を見せてくれます。
まるでオスカルの再来のような間宮祥太朗、個性的な面々の中にあって一陣の爽やかな風のごとくの
竹内涼真、嫌な奴をおバカに徹して演じ切った野村周平、ドラマ「家売るオンナ」で個人的に注目していた千葉雄大はやはり頭角を現し、そうそう強烈な存在感の志尊淳も忘れちゃいけません。
菅田将暉くんに至ってはこれ以上ないハマり役でしょう。

 

それにしても4年前の朝ドラ「ごちそうさん」で杏ちゃんの、地味で真面目な長男を演じていた菅田
くんの今の姿を誰が予想したでしょうか。それに当時は誰も彼のことをイケメンだなんて言ってませんでした(笑)野村周平くんも朝ドラ「梅ちゃん先生」(2012) ではほんとに純朴だったっけ。そして
竹内涼真くんは今期の朝ドラ「ひよっこ」にもまもなく登場するとのことで楽しみです。「ひよっこ」は昭和三十年代からが舞台。涼真くんはすっきりした昭和顔なのですごく似合いそうですね。

 

帝一の父親役の吉田鋼太郎もあえて舞台並みの声の出し方で、この親子の掛け合いを見ていると自分
まで一緒に声を出してる気になって何だか全身がデトックスされたようなスッキリ感を味わえました。
和太鼓のシーンも見応えたっぷりだし、「マイム・マイム事変」は愉快。
台詞から発せられるメッセージを咀嚼する余裕も与えず、四の五の言わずとにかく楽しめ!と
スクリーンの中から畳み掛けてくるような映画でした。

 

クライマックスの生徒会長総選挙では、竹内涼真演じる大鷹弾のように、抜群に頭がよくて爽やかな
イケメンでまっすぐな人物が日本の総理大臣になったら...と思わず妄想。

 

監督は永井聡(あきら)(47歳)サントリーBOSSやカロリーメイトのCMなどを手掛けてきて、今作が長編映画3作目。前作は「世界から猫が消えたら」― この作品も見たいですね。(H.S) 

 


こういう表情は菅田くんの真骨頂(帝一の國 公式Twitterより)

 


「応援上映」も実施中 上映館はコチラ

 


5月17日に TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた応援上映 
応援上映の声援で一番人気だったのは弾(涼真)と森園(千葉)だったとか。やっぱり! 
(シネマトゥデイより)

映画「帝一の國」公式サイト

ページ