スタッフブログ

2017/07/11

自然・植物・動物

5月のスタッフブログでもご紹介した「足羽川桜並木」は

「桜の名所100選」にも選ばれていて、今年もたくさんの花見客で賑わっていました。

春には桜、そして梅雨の季節になると、数多くのアジサイが咲き誇り、楽しめます。

足羽川のそばのアジサイの色は紫。その鮮やかな紫色は空の青色と木々の緑の中で引き立っていた。

先日、足羽川の遊歩道を歩いていると、歩道の横には可愛いくて迫力のある

アジサイがたくさん咲いていました。そこに咲いていたアジサイの色は紫がメインでした。

その紫色は、空の色と木々の緑色の中で引き立って見え、目を惹きました。

 

アジサイは梅雨の訪れを教えてくれます。

そして雨の多いこの季節の雰囲気を良くしてくれますね。

機会があれば是非、足羽川遊歩道のアジサイを見てみてはいかがですか?

 

こちらの足羽川遊歩道の他にも福井には「あじさいロード」と呼ばれている道が

福井市の足羽山にあります。そちらもゆったりと楽しめますよ。

参照:福ふくガイド 福井市散策 足羽山公園より: http://www.fuku2.co.jp/asuwayama.html 

T.F

 

 

[メルマガ絶賛配信中!]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

バックナンバーはこちら

2017/06/25

自然・植物・動物

亡き姑が大事に育てていた鉢植えのくちなしの花。
裏庭にあるため、水やりを忘れてしまうことが多かったのか
昨年とうとう枯らしてしまいました。

 

でもひょっとしたらまだ完全には枯れてないのでは?という一縷の望みをかけて
また水やりをせっせと始めたところ、枯枝から小さな小さな緑の新葉が出てきました。
植物の生命力を目のあたりにして、どっこいこちとらまだ生きてるよ、捨てないでと
訴えているようでもありました。

 

そしてあきらめずに世話を続けたところ、また青々と葉っぱが茂るようになり、
先ごろ久しぶりに花が咲きました。
バニラと花の香りがミックスされたようなとてもいい香りもしています。
バラの香りもゴージャスで好きですが、くちなしの花の香りはもっと甘いので
思わずうっとりとしてしまいます。

 

これからは肥料をあげたりして、もっともっと大切に育てたいですね。
植え替えもした方がいいかもしれません。そして、できたら数を増やしてみたいので
挿し木にも挑戦してみたいです。(H.S) 

 

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

2017/06/14

自然・植物・動物

ツルニチニチソウ

職場に近い道路わきの植え込みに咲いていたツルニチニチソウの花。5枚の花弁が描いていたきれいな曲線が目にとまりました。連想したのは換気扇の羽根や潜水艦のスクリューで、音が静かになるようにこういう湾曲した形に変わって来たと聞いたような気がします。巻貝などの自然物に見られるフィボナッチ数列みたいに、この花の曲線にも法則性がありそうですね。いったい何のためにこの図形を選んだんだろう。
T.S

2017/04/19

自然・植物・動物

先週末の日曜日(2017.4.16)、福井県高浜町の青葉山に登って来ました。小浜方面から見ると三角形の端正な山容が美しい標高693mの山です。山登り自体もとても良かったのですが、下山後に山麓の里山風景の中を歩いていて聞こえたキジとウグイスの鳴き声の競演がまた素晴らしかった!

 

羽ばたくキジ

農作業をしている人のすぐ近くにこんな立派な雄のキジがいて鳴いていました。

 

猿

道路わきの林にいた猿。

T.S

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。
メルマガ登録・解除はこちら

2017/04/13

自然・植物・動物

福井県大野市にある白山ワイナリーの葡萄畑ではすっかり雪が消えて今年の作業が始まりました。周辺には春の野草が元気に咲いています。

 

土筆と経ヶ岳

畑の端の土手に春の風物詩、土筆がニョキニョキ生えています。奥は経ヶ岳(1,625m)。

 

ヒメオドリコソウと荒島岳

葡萄畑に立っている支柱にワイヤーを張り、そのワイヤーに葡萄の枝をくくりつけるところから作業は始まります。奥は日本百名山として有名な荒島岳(1,523m)。

 

ヒメオドリコソウとオオイヌノフグリ

赤紫の五重の塔のようになった葉の間に小さいピンクの花をつけたヒメオドリコソウと、オオイヌノフグリの可愛い青い花が目立っていました。

T.S

2017/03/29

自然・植物・動物

フクジュソウ

2017年3月15日東京都神代植物園にて

 

春を告げる代表的な野草のフクジュソウですが、街中でみかけるとしたらそれは園芸用に作られた栽培種かも。栽培種は種を作らないので自力では繁殖できません。

そして自然種のフクジュソウは開発や里山の荒廃により姿を消しつつあり、東京ではすでに絶滅危惧種になっています。私たちのまわりではどうでしょうか。

レッドデータブック東京

T.S

2017/02/12

自然・植物・動物

雪が降った2月11日の朝、通りがかりにiPhoneで撮影した福井城址の雪景色です。お堀の鴨もこういう日はじっとしているのかと思ったら、あちこちで他の鴨をつついたり追いかけまわしたりして、意外とにぎやかでした。

 

御廊下橋の奥で続いていた山里口御門復元工事も今年度中に完成予定とのことで、建物の工事らしい外観になっていました。この工事現場は一部見学もできるとのことです。工事中の様子を見られるのも今のうちですね。

T.S

 

「山里口御門復元工事」については福井県のホームページに説明があります。

2016/10/05

自然・植物・動物

9月も下旬にさしかかると、突然銀木犀の香りに気付く瞬間が訪れます。
それは毎年決まった時期に届くお知らせみたいなものなのですが、
ささやかな喜びも運んできてくれるようです。

 

今年もその瞬間は、やはり唐突に訪れました。
まるで庭の銀木犀が「もう咲いてるよ」と告げにきたように。
そしてこの時期は、洗濯物を干しにベランダに上がると、
「もうそんな季節だから今年もちゃんと咲いたんだねぇ」と
いつもは気に留めない木を、その律義さに感心しながら眺めるのです。(H.S)

 

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

2016/08/04

自然・植物・動物

最近「島唄」でおなじみ元THE BOOM 宮沢和史さんのトークを聞く機会があり、そこでこの
プロジェクトのことを知りました。宮沢さんが言うには、「島唄」が大ヒットして沖縄音楽がより多くの人に愛されるようになったことは素晴らしいこと、しかしながら一方で、三線の売り上げも急速に
伸びて、三線の棹の材料である黒檀(沖縄では黒木ーくるちーと呼ばれる)が無計画に伐採された
結果、今や沖縄では黒木がほとんど採れなくなってしまったそうです。

 

そこで宮沢さんはじめ、「百年後の沖縄をくるちの杜でいっぱいにしたい」との想いに賛同した有志により、2012年このプロジェクトが立ち上げられました。生育するのに百年かかるというくるちを、
沖縄本島中部にある読谷村から植樹をして育てていこうというプロジェクトです。

 

毎年少しずつ育っていくくるちを愛でながら歌って飲んで、そしていつか孫の孫たちがその育った
くるちでできた三線を弾く日が来ることを願いながら、プロジェクトのメンバーたちは暑い夏も
草刈りや手入れに精を出しています。(H.S)

 


(同プロジェクト Facebookページより)
発起人の宮沢和史さん(右)と、筆頭賛同人で南島詩人という別名を持ち、幅広い活動をしている
小浜島出身の平田大一さん(左)。ちなみに沖縄のエイサー曲として知られる「ミルクムナリ」は
彼の作詞でインディーズながら1万枚を超えるヒットを記録。

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、GENオフィシャル
メールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

2016/07/28

自然・植物・動物

今日取材に訪れた越前焼作家前田和伸さんの工房で、せっせと餌を運ぶツバメの親とそれを待つヒナたちを見つけました。見つけた…といっても、よくある軒下とかにではなくて工房の中。そこで毎日仕事をしている前田さんにとっては当たり前の光景のようです。

 

ツバメたちのすぐ近くで作陶作業にいそしむ前田さん。
T.S

 

ページ