スタッフブログ

アルテ イ ソレラ 鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団 パート3 -世界が尊敬する日本人100人に選ばれた夫婦- 

2017/04/24

音楽・演劇・ダンス

先日、福井県鯖江市文化センターで

ARTE Y SORERA(アルテ イ ソレラ)鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団による

「フラメンコショー」&「フラメンコ創作劇」(小川未明原作の赤い蝋燭と人魚)を見てきました。

 

創作劇の後は、第二部の「フラメンコショー」。

情熱的かつ哀愁漂う音楽で、ダンサー達が力強く踊りました。

参照:アルテ イ ソレラ 公式サイト 公演記録メニュー(愛こそすべて ~華麗なるフラメンコ・レビュー~ 2011年9月3日、4日、世田谷パブリックシアター)より
http://www.arte-y-solera.com/performance/2011_05.shtml#../images/2011_05...

 

参照:アルテ イ ソレラ 公式サイト 公演記録メニュー(TEATRO VILLAMARTA・TEATRO JUAN BERNABE DE LEBRIJA「ARTE Y SOLERA歓喜」2005年11月6日、12日スペイン公演)より
http://www.arte-y-solera.com/performance/2005_final.shtml#../images/2005...

 

佐藤浩希さんがフラメンコの始まりついて説明してくださいました。200年ほど前、スペインのアンダルシア地方でジプシーにより始められました。当時アンダルシア地方は乾いた土地が広がる荒野だったそうで、住民達は貧しい生活をしていたのです。その中で、もっとも辛い生活をしていたのがジプシー(ロマ族)たちでした。ジプシーはインドから西に流れてきた放浪民族で定住をしない民族でした。

参照:アルテ イ ソレラ 公式サイト 公演記録メニュー(ARTE Y SOLERA 誓い 2008年8月2日、3日 ル テアトル銀座)
http://www.arte-y-solera.com/performance/2008_05.shtml#../images/2008_05...

 

その苦しみや辛さを歌と踊りで表現したのが始まりだそう。いろんな気持ちをぶつけ表現することで、また前向きに進んでいけたのでした。なのでフラメンコの音楽を聴いたり、踊りを見ると、お祭り騒ぎのようなただ明るいものではなく、どことなく哀愁が漂っていて、力強さを感じるのでしょうか。
心の叫びを感じますね。

 

この日私が見たダンサー達もステージの上で力強く、色々な心の叫びを全身で表現していました。観客の中にはスペイン語を話すグループもいて、スペイン語で何か叫んでいました。おそらく「素晴らしい!」と言っていたのでしょう。ダンサーも「グラシアス!!」(ありがとう)と答えていたので。

 

なにしろ、会場全体が大変盛り上がりを見せていました。

そして最後にはアンコールも延長された様で、ダンサーと演奏家も一緒に自由に踊りだしていました。

 

先日の公演の動画ではないのですが、あまりにも「アルテ イ ソレラ」さんが素敵だったので

「ARTEY SOLERA」さんの動画「ARTE Y SOLERA 愛こそすべて アルテイソレラ 鍵田真由美 佐藤浩希 Mami y Hiro Flamenco」をシェアさせていただきます。

美しいだけではなく、力強さも伝わるフラメンコの踊りと音楽をお楽しみください。

 

T.F

 

ARTE Y SORERA(アルテ イ ソレラ)鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団ホームページ

http://www.arte-y-solera.com/

 

こちらのブログもお楽しみ下さいね。

アルテ イ ソレラ 鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団 パート1 

http://www.genjapan.com/ja/blog/content/1560

 

アルテ イ ソレラ 鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団 パート2 

http://www.genjapan.com/ja/blog/content/1572

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら