スタッフブログ

福井の魅力を世界へ!! 地元出身者が海外インターン生と一乗谷朝倉氏遺跡へ パート7

2017/12/08

おでかけスポット

一乗谷朝倉氏遺跡看板

先日よりブログでお伝えしているように、今年6月、福井市にある「ホテル リバージュ アケボノ」の清水社長、同ホテルインターンでアメリカ人のジュリア・コスリアンさん、福井市役所おもてなし推進課の高間さん、アジア系アメリカ人のファンチョ・サンタマリアさん一行と共に私も一乗谷朝倉氏遺跡へご一緒させていただくことになりました。

 

 

大自然の中の朝倉氏遺跡

「一乗谷は、福井駅の南東約10kmにあり、戦国時代の大名朝倉氏が1471年~1574年まで支配していました。その城下町の遺跡がいまでも残っています。昭和46年、一乗谷城を含む278haが国の特別史跡に指定されました。平成3年、諏訪館跡庭園、湯殿跡庭園、朝倉館跡庭園、南陽寺跡庭園の四庭園が特別名勝に指定されました。平成19年、朝倉氏遺跡出土品のうち2343点が重要文化財の指定を受けました。」

引用:福井県通訳案内士協会「おススメ観光スポット/一乗谷朝倉氏遺跡」より

 

 

大自然の中の朝倉氏遺跡と橋

一乗谷朝倉氏遺跡は大自然に囲まれており、それも人気の理由のひとつではないでしょうか。これまでのブログでは一行が天麩羅店で昼食を楽しんだり、復原町並で昔の人々の生活を身近に感じたり、歴史を学んだ様子をご紹介してきました。着付け体験をしたジュリアさんは、まるで戦国時代にタイムスリップしたように感じたと話していました。

 

清水社長、髙間さん、案内の方による歴史の話も大変おもろしく、私もジュリアさんといっしょに聞き入ってしまいました。

 

 

諏訪館橋
ジュリアが橋の上で笑顔

復元された町並みを歩いた後は、復原町並の向かいにある諏訪館橋を渡りました。

 

 

いちじょうだにがわと橋の柱に刻まれている

橋の下に流れているのは一乗谷川の上流です。

 

 

髙間さんと案内人の女性  唐門前の橋にて
髙間さんとジュリア池をのぞく 唐門前の橋から

続いて、唐門前にある小さな橋から小川をのぞいてみると。。。

 

 

鯉と亀

美しい鯉と可愛い亀が泳いでいました。

 

 

唐門に入っていく

そして唐門を通ろうとすると。。。

 

 

唐門の先に見える不思議な男性

門の先に一際目立つ1人の男性が見えました。

 

 

戦国武将なのか?

戦国武将でしょうか?

近づいて話してみることにしました。

 

 

大阪出身のボランティアだと判明 優しい笑顔 身体は大きい

話しかけてみると、大変感じのよい方でした。ボランティアとして朝倉氏遺跡を紹介されているそうです。この男性は朝倉氏遺跡の魅力に惹かれて、なんと大阪から福井に引越してきたとのことでした。「朝倉氏遺跡に初めて来た時はなんとも懐かしい気持ちになり、癒された感じもあった」と優しい口調で話していました。

 

一乗谷朝倉氏遺跡の魅力にはまると、何度も訪れたくなるようですね。
私の国内外の知人友人も朝倉氏遺跡の大ファンで、福井に来た時には必ずこちらの場所に来ています。

 

機会があれば、一乗谷朝倉氏遺跡に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

T.F

こちらもご覧くださいね。

福井の魅力を世界へ!!地元出身者が海外インターン生と一乗谷朝倉氏遺跡へ パート1

福井の魅力を世界へ!!地元出身者が海外インターン生と一乗谷朝倉氏遺跡へ パート2

福井の魅力を世界へ!!地元出身者が海外インターン生と一乗谷朝倉氏遺跡へ パート3

福井の魅力を世界へ!!地元出身者が海外インターン生と一乗谷朝倉氏遺跡へ パート4

福井の魅力を世界へ!!地元出身者が海外インターン生と一乗谷朝倉氏遺跡へ パート5

福井の魅力を世界へ!!地元出身者が海外インターン生と一乗谷朝倉氏遺跡へ パート6

 

 

 

***こちらは福井の観光スポットの英語版の地図です。***

どのバスや電車に乗り、どのように行けるかが大変分かりやすく見られます。

実は、この地図はリバージュアケボノのインターン、ジュリアさんが、

実際に福井でいろいろな場所に行き、福井の魅力を経験して作成したものなのです。

このような地図があれば安心して楽しむことができますね!

 

***こちらからは日本語版の福井の観光スポット一覧が見られます。***

(英語版の内容とは少々異なります。ジュリアさんが作成したものではありません。)

是非、機会があればこちらの地図も参考にして、福井の魅力を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

[メルマガ絶賛配信中!]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

バックナンバーはこちら