スタッフブログ

晩秋の京都へ・ショコラ ベルアメール 京都別邸編

2017/12/14

京都

さて今回どうしても寄りたかったのがこのお店。
四季を大切にし、日本に合うショコラ作りを目指すベルアメールが2年前に
チョコレート激戦区の京都に打って出た ベルアメール京都別邸三条店 です。
チョコレートに限らず、京都は意外にも珈琲専門店やベーカリーの激戦区でもあるんですよね。
実はパンの消費量は京都府が日本一なんです。

 

いざお店に着くとドアの内側のベンチにお客さんが数名座っているので
もしや入店制限かと思いきや、2階にあるカフェに入る順番待ちの皆さんでした。
無事店内に入るとショーケースに並ぶ、まるで宝石のようなチョコたちに目を奪われ、
あれもこれもと目移りして大変でしたが、京都らしいショコラを買い込んで、
しかもどのショコラも甘すぎず、深い風味が広がり
「チョコレートってこんなに美味しいものだったの?」と感動。
大満足の京都での一日となりました。(H.S)

 


京都ならではの町家風エントランス

 


次は2階のカフェにも行ってみたいですね。
アフタヌーンティーセットもいただけるようです。

 


暖簾をくぐると中庭も

 


賑わう店内。そしてさすが京都、瓦の上には鍾馗(しょうき)さん

 


水引がリボンの代わり♪

 


「ショコラ雅」
日本の季節をイラストで表している美しさだけでなく、すべてガナッシュや
プラリネなので一粒の中に和と洋の素材を合わせて味わえるんです。
右上から時計回りに「うぐいす」苺ローズマリー 「雪柳」白味噌ココナッツ
「紅葉」黒糖カフェ 「七夕」抹茶シトロン