スタッフブログ

半端なく闘ったサムライブルー

2018/07/04

スポーツ

FIFAワールドカップ2018でのサムライ達の闘いが終わりました。
2大会ぶりの決勝トーナメント進出に日本中が沸き立った後の非情な結末。
選手の皆さんは一体どれほど悔しかったことか。
サッカーでは 2-0 のリードが一番危ないとも言われているそうです。

 

ベルギー戦で失点するまでの彼らは、いわゆる「ゾーン」(極限の集中状態)に入っていたように
見えました。私が思う「ゾーン」の状態は ― 

 

・頭が冴える
・感覚が鋭くなる
・自信に満ち溢れる
・楽しい
・疲れを感じない

 

などですが、でもこの「ゾーン」現象、一瞬の油断で、魔法が解けるかのようにふっと消えてしまう
ものなのかもしれません。

 

彼らの悔しさを理解することなど到底できませんが、でもそこから這い上がる時に強靭なスピリットが生まれる気がします。

 

日本代表の皆さん、西野監督、スタッフ、本当にお疲れ様でした。
また4年後が楽しみになりました。(H.S)

 


写真は FIFA World Cup 公式ツイッターより
この乾選手の後ろ姿に思わず私までもらい泣き
それにしてもあのミドルシュートはすごかった!