スタッフブログ

台風シーズン到来

2018/07/06

出来事

先日、今年に入って7個目の台風(台風第7号プラピルーン)が発生しました。

 

毎年平均で約26個の台風が発生し、約4個が上陸しています

(過去7年間、2011年~2017年の記録より)。

 

1年の中で7月~10月が最も台風が多い時期です。台風による被害は大きく分けて3つあります。

風の害(暴風、塩害、フェーンによる大火、竜巻など)、雨の害(がけ崩れ、山崩れ、浸水、洪水など)、波の害(高波、高潮など)に注意と警戒が必要です。

 

過去7年間に発生した台風数と上陸数

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

発生数

27

26

27

23

31

25

21

上陸数

4

6

4

4

2

2

3

*台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸線に達した場合を

「日本に上陸した台風」としています。

 

 

過去7年間(2011年~2017年)に発生した台風の月別平均発生回数

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

平均数

1

0

0

1

1

2

4

4

5

4

2

1

 

参照:国土交通省気象庁(Japan Meteorological Agency)

 

 

去年(2017年)福井にも大きな台風がいくつか来ました。そのひとつ、台風21号の影響で10月21日から23日まで福井市は、雨風が強く傘をさしても壊れてしまったり、車に乗っていても揺れたりと大荒れの状況が続きました。

 

台風の時にはもちろん、外出はしてはいけませんが、10月22日(日)は選挙の日ということもありタイミングを見計らって外に出ると。。。

 

外は想像以上の強風が吹いていて街中の木が、ものすごい音を立てて揺れ、雨風で剥がれた家屋などの部分が宙を舞っていました。強い雨も降っていて、前がよく見えませんでした。身の危険を感じて、なるべく建物の中を通りながら少しずつ前に進んでいきました。

 

福井市の中心部を流れる足羽(あすわ)川はあっという間に増水し、いつもジョギングやサイクリングで楽しむ人で賑わう川沿いの道は浸水していきました。幸運なことに、川の水は橋を超えることはなく、街が浸水することはありませんでした。

 

 

台風の後の福井市
台風の後の福井市
台風後の福井市

台風が過ぎ去り少し落ち着いた朝、街を歩いてみると、木の葉、壁のトタン、植木鉢、どこかの金属の板など様々なものが暴風により飛ばされ、いたる所に落ちていました。

 

増水した福井市の足羽川の水はまだ引いていませんでした。

 

今年はあまり大きな台風は来て欲しくありませんが、

もし来てしまったら十分に気をつけてお過ごしくださいね。

 

 

T.F