スタッフブログ

サッカーの和製英語

2018/09/06

スポーツ

FIFAワールドカップロシア大会が終わって、早いもので2ヶ月が過ぎようとしています。
サッカーの試合を見ていると、英語がすごく多く使われている気がしますが、
実はそのままでは英語として通じない和製英語もあるみたいなので、ちょっと調べてみました。

 

【和製英語】     【英語】
■ユニフォーム  →   kit
※英語の uniform は制服・軍服といったイメージなんだそうです。

 

■スタメン    →  starting lineup

 

■グループリーグ →  group phase
※決勝トーナメントは knockout phase

 

■ヘディング   →  header

 

■ミドルシュート → let fly from (25) yards など距離で表すことが多い。

 

■PK(戦)    →  penalty shootout

 

そもそも英語ではサッカーでいいのか、それともFIFAの正式名称にも使われているフットボールが
正しいのかも悩ましいのですが、結論としてはどちらでもOKです。サッカー発祥の地であるイギリスではフットボールと呼ばれ、アメリカではアメリカンフットボールと区別するためにサッカーと呼ばれているようです。

 

ところで日本の代表監督の英語での肩書はcoachとなっていますが、イングランドではmanager、
ドイツではtrainer、フランスではsélectionneur (選抜する人) となっています。
国によって期待する役割の違いが表れているようで面白いですね。(H.S)
※参考書籍「ENGLISH JOURNAL JULY 2018」

 


今回のワールドカップで選ばれたサプライズスター5選手。日本代表の乾選手もいます。
(画像はFIFA公式Twitterより)