スタッフブログ

第31回 「永平寺大燈籠ながし」

2018/09/08

祭り・イベント

8月25日(土)に九頭竜川の河川敷にて、「永平寺大燈籠ながし」が開催されました。

今年で31回目を迎えたこちらのイベントは、夏の終わりを告げる風物詩で毎年

県内外から多くの人が訪れます。

 

昼と夜の部に分かれていて、私は夜の部から参加しました。

 

昼の部は14時から始まり、太鼓のショーでイベントのオープニングが行われた後、

仮面ライダーショーや、地元出身の歌手のライブや、お笑いライブが行われました。

 

夕方、会場に到着するとすでに、たくさんの人と出店で賑わっていました。

 

 

日本の祭りの出店でおなじみの、たこ焼き
地元の川で獲れた川魚

出店の中にはお馴染みのたこ焼きや、お好み焼きの他に地元料理もありました。

 

 

永平寺大燈籠流し

19時になると奥の方のステージから曹洞宗大本山永平寺の役寮・雲衲衆による法要が聴こえてきて、

会場の雰囲気はガラリと変わり、厳かな空気が漂いました。その後、1万基の供養燈籠と願い燈籠が

九頭竜川に流され、あたりは幻想的な雰囲気に包まれました。

 

燈籠が浮かぶ美しい川面を楽しんだ後は、色とりどりの花火が夜空を彩りました。

 

機会があれば、屋台で地元料理を楽しみ、法要を聴いて心を落ち着けて、川を流れる1万基の

美しい燈籠の光や、花火大会も楽しみに「永平寺灯篭流し」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

T.F

 

詳しくはこちらから

第31回「永平寺大燈籠ながし」ホームページ