スタッフブログ

映画「カメラを止めるな!」鑑賞

2018/09/13

映画

 

またひとつ、愛すべき映画がこの世に送り出されました。
福井でも先頃ようやく公開された 「カメラを止めるな!」です。

 

冒頭、役者さん全員が無名という邦画を見るのはこれが初めてかも?と思いながら、そのことに若干の不安を感じている自分がいて、私も映画に対する固定概念に縛られているのかと思ったのも束の間、
どんどん映画の中へと引き込まれていきました。

 

ところで、この映画のプロデューサー、市橋浩治さんは福井県越前市出身、また上田慎一郎監督はお隣り滋賀県の長浜市出身ということで、より親近感を感じてしまいますね。

 

上田監督は、舞台挨拶で来福した時のインタビューで「製作費300万円だったからこその手作り感が
この映画の良さになり、無名の役者さんたちだったからこそ展開の読めない映画にすることができた」と話していました。マイナスが見事プラスに転じたわけですね!

 

色々な要素で楽しめて、見終った後はとてもハッピーになれる映画です。
百聞は一見にしかず。予備知識は必要ありません。
ふらっと映画館に出掛けて、ぜひ「カメ止め!ワールド」に身を預けてみてください。(H.S)