スタッフブログ

福井県立歴史博物館 特別展「幕末維新の激動と福井」

2018/10/11

祭り・イベント

福井県立歴史博物館で行われている特別展「幕末維新の激動と福井」を見てきました。

 

 

幕末明治福井150年博の一環として開催されているこの特別展には、初公開の貴重な展示が2点あり
ます。ひとつは、坂本龍馬の花押(署名)付書簡の原本。そしてもうひとつは、橋本左内の紋服です。

 

坂本龍馬のその手紙では、薩摩藩士に同行して関東に行くことを福井藩士・村田氏寿に知らせており、花押付の原本は全国でも唯一という大変貴重なものです。

 

また、橋本左内の紋服は、左内の母 梅尾が遺品として大事に持っていたものです。表は黒い絹地ですが裏が藍染になっていて、今も鮮やかなその藍色を見ると、左内が本当に若かったということを目の当たりにした気がします。

 

橋本左内関連の展示では、自筆の「啓発録」の掛け軸(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)や「明道館諸役輩名簿」などもあり、見事なバランスで几帳面に書かれた筆致からは左内の聡明さがダイレクトに伝わってきました。

 

他にも、松平春嶽、由利公正、横井小楠、坂本龍馬、西郷隆盛の書簡や資料も数多くあり、非常に見応えのある展示でした。(H.S)