スタッフブログ

オウム真理教と村上春樹著『約束された場所で』

2018/11/04

今年7月、オウム真理教の教祖、麻原彰晃と死刑囚合わせて13人の死刑が執行されました。

 

村上春樹著『アンダーグラウンド』は、1995年3月20日に起きた地下鉄サリン事件の被害者やその関係者62名に春樹氏自身が真摯にインタビューしたノンフィクション大作でしたが、『約束された場所で』は、加害者側であるオウム真理教の信者や元信者8名に、これも春樹氏自身がインタビューしたもの。福井県出身の元信者も取材を受けています。

 

 

私はどちらも読みましたが、オウム真理教が起こしたことを自分の中で風化させたくなくて、『約束された場所で』を再読してみました。

 

本の中で、ある元信者はこう言っています。
「サリンの実行犯には当時とても真剣に信仰していた人たちが選ばれています。そして、君たちは特別に選ばれたんだ、とやられるわけです。使命感に訴えるんですね。帰依というのがオウム真理教における信仰の土台です。その名のもとにすべてのことが整合化されてしまうプロセスがそこにありました。そして、麻原彰晃という存在がたとえ一時的にあるにせよ、この世の中で機能して、それがあのような惨事を起こしてしまったという事実は忘れてはいけないと思うのです」

 

まったくその通りだと思います。再読を終えて、今もこの本が書かれた1998年と状況はあまり変わっていないように思え、教団のこともすべては解明されていないことに愕然とします。

 

第二第三の地下鉄サリン事件を生み出さないためにも、私たちはもう一度、オウム真理教が露わにした問題を根底から検証して、今後も伝えていくべきではないでしょうか。(H.S)