スタッフブログ

HY ライブ in 鯖江 

2018/12/16

音楽・演劇・ダンス

先日、鯖江市文化センターで行われたHYのライブに行ってきました。

 


(画像はHYオフィシャルウェブサイトより)

 

HYは、2000年に沖縄県うるま市の同級生や幼なじみで結成されたバンド。HYというバンド名は、彼らの地元「東屋慶名」(ひがしやけな)の頭文字から取っています。

 

トークでのやりとりで、満席の会場の何と8割ほどの皆さんがHYライブ初参戦とのこと。ライブ中盤、メンバーが高校生に扮したコント仕立ての寸劇(しかも皆さん上手い!)があったんですが、ボーカルの新里さんが「HYのライブ、いつもこんなことやってるんですよー」と説明してくれました。それに
しても紅一点・泉ちゃんのキャラクター、大好きです。今、午後の紅茶のCMでまた注目されている「366日」のような切ない歌を書き、抜群の歌唱力に加えてあの面白さ!彼女からは本当に元気もらえます。

 

後半、「帰る場所」の演奏では、琉球國祭り太鼓のメンバーも登場して、沖縄の伝統芸能エイサーとのコラボを見せてくれました。HYの皆さんは今も沖縄在住。沖縄の海の音や風の音、暮らしから音楽が
生まれることも多いそうです。地元ではビーチクリーン運動にも取り組んでいます。ライブを見ていると、本当にメンバー同士が仲良くて、お互い信頼していることがすごく分かりました。

 


ライブ終了後、真ん中に集まり全員で記念撮影
眼鏡産地・鯖江なので「めがねポーズ」で
(画像はHYオフィシャルブログより)

 

余談ですが、ライブ開演前、会場のロビーで福井の人気ユーチューバ―、カズさんをお見かけしたので声を掛けたら、一緒に来ていた奥様がHYの大ファンとのこと。「HYのライブ、久々なので楽しみ」と話していました。カズさん、動画で見る彼本人そのもので、とっても気さくな方でした。(H.S)

 

HY PVより「帰る場所」(2'00")