スタッフブログ

2018/11/06

アート・工芸


左)ダックスフンドのいる家庭  右)足の生えた箱

 

先週末の日曜日に金津創作の森の「アートドキュメント2018 クリヨウジの大冒険」に行ってきました。そして先生の代名詞であり僕も大好きなアートアニメーションの他多数のマンガやタブローが展示されている中、特に惹かれたのはこの一連の白い箱の作品でした。

 

そういえば僕は昔からジョセフ・コーネルの箱の作品が好きです。絵画はそれ自体小宇宙だと思いますが、こういう作品はその感覚をより強くしてくれる気がします。
T.S

 


90歳になる先生がオープニングトーク会場でエナメルを垂らして描いた絵(大人の背丈くらいある大作)

 

アートドキュメント2018 クリヨウジの大冒険

 

2018/11/04

今年7月、オウム真理教の教祖、麻原彰晃と死刑囚合わせて13人の死刑が執行されました。

 

村上春樹著『アンダーグラウンド』は、1995年3月20日に起きた地下鉄サリン事件の被害者やその関係者62名に春樹氏自身が真摯にインタビューしたノンフィクション大作でしたが、『約束された場所で』は、加害者側であるオウム真理教の信者や元信者8名に、これも春樹氏自身がインタビューしたもの。福井県出身の元信者も取材を受けています。

 

 

私はどちらも読みましたが、オウム真理教が起こしたことを自分の中で風化させたくなくて、『約束された場所で』を再読してみました。

 

本の中で、ある元信者はこう言っています。
「サリンの実行犯には当時とても真剣に信仰していた人たちが選ばれています。そして、君たちは特別に選ばれたんだ、とやられるわけです。使命感に訴えるんですね。帰依というのがオウム真理教における信仰の土台です。その名のもとにすべてのことが整合化されてしまうプロセスがそこにありました。そして、麻原彰晃という存在がたとえ一時的にあるにせよ、この世の中で機能して、それがあのような惨事を起こしてしまったという事実は忘れてはいけないと思うのです」

 

まったくその通りだと思います。再読を終えて、今もこの本が書かれた1998年と状況はあまり変わっていないように思え、教団のこともすべては解明されていないことに愕然とします。

 

第二第三の地下鉄サリン事件を生み出さないためにも、私たちはもう一度、オウム真理教が露わにした問題を根底から検証して、今後も伝えていくべきではないでしょうか。(H.S)

2018/11/01

お知らせ

ブータンミュージアム6周年記念講演会チラシ
ブータンミュージアム6周年記念講演会チラシ

11月11日(日)(13:00~16:00)福井県福井市にある「ブータンミュージアム」にて、

同ミュージアムが6周年を迎えるにあたり、記念講演会が開かれます。

テーマは「私たちはブータンから何を学べるか?」です。二人のスピーカーが、

ブータンミュージアムの役割と、ブータンの国づくりと地域づくりについて講演します。

お二人の話を聞いて私たちは何を学べるかじっくり考えてみたいですね。

 

 

ブータンミュージアムのご案内
ブータンミュージアムのご案内

こちらの博物館には現地の衣装・楽器・祭りの道具などブータンの生活や文化に

なくてはならない品々がたくさんあります。それらの説明文も掲示されており、

ブータンについて詳しく学ぶことができます。

 

歴代の国王やブータンで撮られた写真も飾ってあったり、

衣装体験もできたりとブータンを身近に感じることができます。

 

JR福井駅からは徒歩10分。

是非お立ち寄りください。

2018/10/30

おでかけスポット


ふくべの大滝

 


白川郷展望台の紅葉

 

先週末、石川県の白峰から岐阜の白川郷をつなぐ観光林道「ホワイトロード」を通って来ました。雨だったんですが、紅葉がしっとりと落ち着いた感じで、こういう景色もまたいいですね。写真には撮れませんでしたが、道路脇にいた野生の猿も冬に備えて丸々していました。この道路の供用期間は11月10日まで。今年ももうすぐ見納めです。
T.S

 

白山白川郷ホワイトロード

2018/10/28

祭り・イベント

福井市美術館で開催されている「ナショナル ジオグラフィック写真展―地球の真実―」を見てきました。

 

 

記録写真や動物写真で知られる雑誌『ナショナル ジオグラフィック』。
日本人としてただ一人、その表紙を2度飾ったのが岩合光昭さんです。

 


表紙を飾った2冊と岩合光昭さん 
(ナショナル ジオグラフィック日本版公式サイトより)

 

ちなみに上の写真展チラシに使われているライオンの写真も岩合さんの作品。《生死をかけた戦い》と題されたこの写真は、一頭の雄ライオンが群れの中の雄に戦いを挑んだ様子を捉えています。激しい戦いの末、この挑戦者は最後に頭をかみ砕かれてしまいます。岩合さん自身もライオンに襲われる危険のある切迫した状況下での撮影でした。

 

その他多くの展示作品のいくつかはメイキング映像やカメラマンのインタビューも見られます。中でも特に印象的だったのは、ポール・ニックレンが水中でヒョウアザラシを撮った時のエピソード。その
ヒョウアザラシはニックレンのことを狩りの下手な仲間のアザラシと勘違いしたのか、自分が獲った
ペンギンを何度も運んできたのです。ニックレンいわく、「きっと私を飢え死にしそうな仲間だと思ったのかもしれません。こんな経験ができて、写真家としてこの上なく幸せです」。

 

地球の極限の地を探検して命懸けで撮られたような写真の迫力にも圧倒されますが、やはり動物の写真は心打たれるものがあります。この地球は人間だけのものではないことを改めて教えられた気がしました。(H.S)

2018/10/25

旅行

道の駅 神戸フルーツ フラワーパーク 大沢 おおぞう
道の駅 神戸フルーツ フラワーパーク 大沢 おおぞう

先日、社員旅行で兵庫県神戸市にある 道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢(おおぞう) に行ってきました。

 

 

道の駅 神戸フルーツ フラワーパーク 大沢 おおぞう
道の駅 神戸フルーツ フラワーパーク 大沢 おおぞう ゴーカート

美しい花々はもちろん、バーベキュー施設や、遊園地、ゴーカート、パターゴルフなどがあり、

のんびり楽しめます。

 

 

道の駅 神戸フルーツ フラワーパーク 大沢 おおぞう お猿のこうめちゃん
道の駅 神戸フルーツ フラワーパーク 大沢 おおぞう お猿のこうめちゃん

園内を歩いていくと、可愛い猿の「こうめちゃん」とお姉さんがいて、得意技を披露してくれました。2歳の「こうめちゃん」は芸を始めてまだ1年ほどしか経っていません。
まだ芸歴が浅いというのを感じさせないくらい、スムーズに階段を上り下りしたり、合図に合わせて

手を上げたりして楽しませてくれました。

 

 

神戸方面に行かれる機会があったら「道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢(おおぞう)」へも足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

T.F

2018/10/19

雑感

 

ときどき見かけますね、解体したビルの廃材を処分場へ運ぶ車。
大きい車ですが、一回で運べる量は普通のビルでも全体からみると微々たるものでしょう。高層ビルともなるとそれを壊すときにかかるこういう労力はすごいでしょうね。

 

でもそれ以前に、高いビルを解体する技術に興味があります。
日本一高いとか世界一高いとか超高層ビルの話題を耳にすると、そういう建物はどうやって解体するんだろうと思ってしまいます。

 

その現場をドローンで撮影してみたい。
T.S

2018/10/18

おでかけスポット

福井県坂井市にあるゆりの里公園に行ってきました。

 

 

ここはその名の通り、ユリの花で知られる公園なのですが、ユリの季節は毎年6月頃。でも今はユリの代わりに秋バラを楽しめるのです。今年は度重なる台風のせいで、かなり花が落ちてしまっていましたが、それでも頑張って咲いていたバラたちを何種類も見ることができました。

 








 

広々とした公園内には遊具のある芝生広場、屋根付きバーベキュー施設、水車や噴水、せせらぎ水路もあって夏も涼し気に遊べそうです。カフェもあって、ここの屋上からは絶景の夕日が見られるらしいので、日没前に訪れてみるのもいいですね。カフェのメニューはテイクアウトできるので、公園の好きな場所でピクニック気分で食べることもできます。農産物直売所もあって、ゆっくり遊んだ後は、ここで食材を買ってそのまま家に帰れるのも奥様方にとっては助かりますね。通年で夜のライトアップとプロジェクションマッピングもやっているということで、夜訪れるとまた違った雰囲気が味わえそうです。(H.S)

2018/10/17

音楽・演劇・ダンス

ハピネスフェスティバル2018ちらし

10月6日(土)福井県福井市にあるフェニックスプラザで「ハピネス フェスティバル 2018」

が行われました。フェスティバルには5つのグループが出演し、素敵な演奏や歌声を披露しました。

 

老若男女、障害を持つ方から健常者まで楽しめるこの音楽イベントは、日本ロータリークラブ

によって主催されました。

 

 

福井キッズコーラスファミリー
福井キッズコーラスファミリー

1番目の出演者は「福井キッズコーラスファミリー」でした。

メンバーは0歳から30歳と幅広く、大きな家族のような合唱団です。仲の良い雰囲気が伝わり、

元気いっぱいの歌声を聴いているとこちらも元気になって笑顔になりました。

 

 

ゴールデンエイジ

ゴールデンエイジ

2番目は「ゴールデンエイジ」。

60歳以上の男性合唱団です。大人数のこちらの合唱団はステージに立っているだけでも大迫力で、

歌い始めると優しく力強い歌声が印象的でした。

 

 

和田八幡宮風陣太鼓
和田八幡宮風陣太鼓
和田八幡宮風陣太鼓
和田八幡宮風陣太鼓

3番目は「和田八幡宮風陣太鼓」。

小中学生27名が参加している太鼓集団です。この日ステージに立ったのは10人でした。

凛とした雰囲気で登場し、演奏は鳥肌が立ち続けるほどの迫力でした。

 

 

きむやん プロスピュート
きむやん プロスピュートと手話合唱グループ
きむやん プロスピュート

4番目はGENでお馴染みの「きむやん(プロスピュート所属)」。

自然な演奏と美しいギターの音を聴いていると、耳の聴こえないギタリストということを

いつも忘れてしまいます。

 

 

ディキシーハピネス
ディキシーハピネス
ディキシーハピネス

最後は「ディキシーハピネス」。

本格的なディキシーランドジャズを演奏するグループです。とっても明るいジャズの演奏で

会場を盛り上げました。

 

 

音楽のイベントは国、年齢、性別などを超えて楽しめて色んな人と交流できますね。

機会があれば音楽のイベントに参加してみてはいかがでしょうか。

 

T.F

2018/10/12

アート・工芸

 

TVニュースで福井国体のバドミントン会場で無料配布されたかわいい記念品の話題が取り上げられていました。バドミントン競技で大量に出る廃シャトルを利用した、勝山市民の手づくりによる福井国体のマスコット「はぴりゅう」です。これも廃材アートと言っていいのかな。

 

廃棄された機械部品や流木など、ふつうはゴミとして処理される物を利用した作品には独特の風合いがありますが、何より作者の想像力に魅力を感じます。

 

上の写真は10月15日までふくい工芸舎で開催中の展示会場で見た福井在住の和紙造形作家かとうこづえさんの作品で、脚はメガネ工場の廃材、体は公園に落ちていたという栗のイガです。目玉と頭の飾りに和紙が使われています。
T.S

ページ