スタッフブログ

2017/09/02

花火

20年ぶりに行ってきました!8月のブログでもご紹介した「三国花火大会」。

 

今年も、8月11日に福井県坂井市にある三国サンセットビーチで、約1万発の色鮮やかな水中花火、

一尺玉、二尺玉、仕掛花火、スターマインが打ち上げられ、三国の夜空を彩りました。

 

集まった観客は、三国中に響き渡る迫力満点の大きな音に圧倒されたり、色鮮やかな花火の美しさに見とれていました。

 

毎年、三国花火には行きたいと思うのですが、電車は混み、道路は渋滞というのが当たり前なので、なかなか足を運ぶまでにはいたりません。

 

今年は大変幸運なことに、私の三国方面在住の友人が案内してくれるということで行ってきました。やはり、その土地のことをよく知っている方と一緒に見ると大変スムーズに全てが進み、いろんなお話も聞けて安心して楽しむことができました。

 

続きは次回のブログでお伝えします。どうぞお楽しみに!!

 

機会があれば是非、見てみてくださいね!

三国花火大会、公式サイト

 

T.F.

 

 

[メルマガ絶賛配信中!]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

バックナンバーはこちら

2017/08/27

アーサー・ビナード(Arthur Binard)は、1967年米国ミシガン州生まれの詩人。
大学卒業と同時に来日して、日本語での詩作や翻訳を始めました。
2001年に詩集『釣り上げては』が中原中也賞に選ばれたのを皮切りに受賞作多数。
現在は広島市在住で、テレビやラジオ出演の他、日本各地で講演会活動も精力的に行っています。

 

実は福井市でも7月に彼の講演会があったのですが、都合がつかず行けませんでした。
読書家だった亡き友が彼について話していたことも記憶にあり、彼の本を一度読みたいと思って
いましたが、最近になってようやく2冊のエッセイを読むことができました。

 

 

彼は「一番好きな日本語は?」とよく聞かれるそうなのですが、ありすぎて悩むそうです。
テレビ番組でも外国人にこの質問をしているのをよく見ますが、もし「一番好きな英語は?」と
聞かれても私もとっさには答えられないし、多分いっぱいあってどれにするか、かなり悩むでしょう。

 

また、彼が日本で目にする英語と、アメリカ人としての感覚のズレのエピソードが面白いです。
たとえば2008年のアメリカ大統領選で、わが福井県小浜市が当時のオバマ候補を応援していた時の
応援団ロゴマークに書かれていた FIGHT OBAMA。ところが、FIGHT OBAMA は日本語では通じるものの、英語では逆の意味の「打倒!オバマ」になってしまうのです。誰かが指摘したらしく、途中から
I LOVE OBAMA に書き換えられたそうですが、彼にとってはそれも何かくすぐったいようなズレが
あって、どっちもどっちの茶番大統領選に妙にマッチしていたとか。

 

ちなみに彼がアメリカに輸出したい日本語は「花吹雪」だそうです。
彼の故郷のミシガンでは、花びらが舞うような状態でも誰も「吹雪」にたとえることはなく、
きまって「綿」のようという表現にとどまるらしいのです。

 

英語の学習者や翻訳に携わっている人など、英語と日本語の言葉というものに日々向き合っている人には特におすすめしたいアーサー・ビナード。読んでみると色々な発見があるはずです。(H.S)

 


福井でのアーサー・ビナードの講演会を取り上げた記事
(2017年7月4日付 日刊県民福井より)
講演を聞いた知人は「期待以上の講演で、涙が出るほどうれしい話だった。あんなに本当のことを言うアメリカ人にはお目にかかったことがない」と話していました。話の内容も真珠湾攻撃から第五福竜丸事件にまで及んだそうで、目から鱗だったそうです。

2017/08/23

アート・工芸

巨大な食べ物の模型が並ぶ渡辺直美展 その1
巨大な食べ物の模型が並ぶ渡辺直美展 その2

 

先月下旬におとなり石川県のイオンモール新小松で開かれていた「渡辺直美展」で見た巨大な料理の皿々。唐揚げやパスタ、ハンバーガーなどがこれでもかと積み上げられていました。もちろん本物ではなくてリアルな食品サンプルです。

 

食べ物が題材ということでついオルデンバーグの巨大なハンバーガーを連想したりしますが、ポップアートの批評性といったような小難しさはここにはありません。大好きな食べ物をドーンと盛ってみました!という渡辺さんの幸せそうな笑顔が目の前に浮かびました。
T.S

2017/08/20

ふくい暮らし

福井市の名勝、 養浩館庭園の近くにある福井県国際交流会館。
福井在住の外国人はもちろん、パスポートの申請や各種イベントなどで県民にもなじみのある施設ですが、中に入るとすぐにこんな大きな地球儀があることをご存知でしたか?

 

この地球儀は、沖縄返還交渉で当時の佐藤総理の密使として米側との交渉に尽力した、本県出身の国際政治学者、故・若泉敬氏が、1988年、若者たちに世界や地球に対する夢を持って欲しいという思いで福井県に寄贈したものなのです。寄贈式には当時のマンスフィールド駐日米大使が立ち会い、マイク・マンスフィールド地球儀と命名されました。(H.S)

 

マイク・マンスフィールド地球儀

 


地球儀はスイッチで回転させることができます。

 


日本列島のところをよく見ると、ちゃんとFUKUIとSABAEの表記がありました。
若泉敬は現在の越前市生まれですが、晩年を鯖江市で過ごしています。

 


在りし日の若泉敬(NHK所蔵)

 


今年、満を持して「若泉敬顕彰会」が設立され、6月27日放送のNHK「ニュースザウルスふくい」で
若泉氏と会の活動が取り上げられました。

2017/08/19

花火

毎年3日間にわたって開催される「福井フェニックスまつり」。今年は8月4日から6日まで行われ、
初日の花火大会「福井フェニックス花火」では10,000発が約1時間、福井の夜空を鮮やかに彩り、
祭のオープニングを飾りました。

福井市の街なかを流れる足羽川河川敷で行われ、大勢の人が河川敷と周辺に集まり、大変な賑わいを
見せていました。

 

今年は「瞬~またたき~」をテーマに、「耀~かがやく~」、「踊~おどる~」、「想~おもう~」、
「夢~ゆめみる~」、「翔~かける~」、「瞬~またたく~」など様々なシーンを演出しました。

ちなみに「花火大会2017」の「福井県の花火大会人気ランキング」によると「福井フェニックス花火」は県内6位にランキングしています。

 

間近で見るのも迫力があり楽しめますが、会場が街なかということで周辺にはたくさんの飲食店やビル、マンションがあるので、そこでご飯を食べたり、仲間たちとワイワイしながら見るのもおススメですよ。

 

では、2015年7月に撮影したフェニックス花火をお楽しみください。

機会があれば是非、見てみてくださいね!

T.F.

 

福井フェニックスまつり公式サイト

 

[メルマガ絶賛配信中!]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

バックナンバーはこちら

2017/08/16

8月も半ばを過ぎて暑さも一段落ですね。
「猛暑日」という言葉にもすっかり慣れてしまった感がありますが、
暑さに耐えているのは人間だけではないようです。
たとえば、うちの猫たち ― あの子たちも彼らなりの知恵で暑さをしのいでいました。

 

猫は肉球以外、汗をかきません。ましてや全身を毛で覆われているのですから、
その体感温度はきっと人間以上かもしれませんね。
コロコロで余分な毛を取ったり、水をこまめに補充したりしていますが、
彼ら昼間は家の中でも比較的涼しい場所を見つけて、ちゃっかり寝ていました。(H.S)

 


階段で伸びるだけ伸びてみた

 


キャットタワーの定位置でも足はアウトサイド

 


これは一応アイロン台なのですが、今やギルのベッド

 


ミーコ、女子力の危機

 


猫はみんな大好き段ボール箱にインしてみた

 


ギル・オン・ザ・たたみ(夏は畳の良さが身に沁みます)

 


新聞紙の上もお気に入りのひとつ
それにしてもテーブルと保護色すぎ(笑)

2017/08/14

雑感

iPad Proで水彩画風に写生

先日坂井市にある福井県の総合グリーンセンターに行き、友人が参加している絵画サークルのスケッチ会を見学しました。なんと高校時代にお世話になった美術の先生がその指導をされているんです。

 

その日は木造ホール「ウッドハウス九頭竜」のデッキから見える風景を水彩で描くこということで、しばらく見ていましたが僕もへたっぴながらiPad を使って片隅でスケッチしてみることにしました。アイデアスケッチなどのためにiPad ProとApple Pencilは持ち歩いているんです。ただこんなふうに写生に使ったことはありませんでした。

 

で、画材としてのiPad Pro(アプリは、Photoshop Sketch)の感想はというと
 ・あたりまえだけどバッテリーが速く減る
 ・何といってもこの暑いのに本体が熱を持ってくるのがたまらない
 ・意外と水彩っぽく描けるけど表現の自由度が少ない
というわけで長時間じっくりスケッチするには向かないという印象でした。

 

しかしこのグリーンセンター、スケッチするにはいい場所です。
水彩の道具を用意して通いたくなりました。(T.S)

 

総合グリーンセンター | 福井県ホームページ
http://www.pref.fukui.jp/doc/green-c/

 

福井県総合グリーンセンター Facebookページ
https://www.facebook.com/fukuikengreencenter

2017/08/11

花火

今年も本日(8月11日)に「三国花火大会」が福井県坂井市三国町にある

「三国サンセットビーチ」で行われます。なんといっても、

名物の、花火師が直接海中に投げ入れる水中花火は迫力満点です。

三国水中花火とスターマイン

参照:高画質壁紙写真集 無料壁紙「三国水中花火とスターマイン」(http://k-kabegami.sakura.ne.jp/mikunihanabi2/6.html)より

 

水中花火の他にも一尺玉、二尺玉、仕掛花火、スターマインなど、

約1万発の多彩な花火が約1時間、三国の夜空を彩り、福井で大人気の花火大会となっています。

まだ、見たことがない方は、機会があれば是非行ってみてくださいね。

 

昨年GENのスタッフが三国花火見にいき、撮影しました。

そちらの10倍速をシェアいたします。お楽しみください。

T.F

 

大会特別ページ:第37回福井県坂井市三国花火大会

 

 

こちらのブログもお楽しみくださいね!

日本 / 夏の風物詩 / 花火 パート1 

日本 / 夏の風物詩 / 花火 パート2 / 三国花火の歴史

日本の夏の風物詩 / 花火 / パート3 / 三国花火の花火師

日本の夏の風物詩 / 花火 パート4 / たまや~

日本の夏の風物詩 / 花火 パート5 / ルーツ

日本の夏の風物詩 / 花火 パート6 /最終回

 

[メルマガ絶賛配信中!]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

バックナンバーはこちら

2017/08/10

グルメ

おしゃべりしながら美味しいランチをいただくのは女性にとって楽しみのひとつですよね。
そして久しぶりに会う友人とゆっくりランチを楽しみたい時は、ホテルでのランチがおすすめです。
静かな雰囲気の中、上質のサービスが受けられる非日常のひとときをプチ贅沢気分で味わえるのですから。

 

福井ではやっぱりここでしょう。JR福井駅前にある、県民にはおなじみ「ユアーズホテルフクイ」の
3階にあるフレンチレストラン「ボヌール」です。

 

ここのランチメニューにはすべてサラダビュッフェとデザートビュッフェが付いているので、少しずつ色々選べて女性にはうれしい限り。また最近だとキヌアなど話題のスーパーフードまで揃っているのがさすが。

 

◎ランチメニューの一部
月替わり ボヌールランチ 2,500円
日替わり マルシェランチ 1,500円 (数量限定)
パスタランチ      1,340円
牛肉の赤ワイン煮ランチ 1,890円
海の幸ランチ      1,890円
若狭牛ハンバーグ    1,890円

 

ランチタイムの営業時間も11時から14時半(土日祝日は11時から16時)までと長いので、早めに行ってゆっくり食事して、デザートも何種類も味わって、時間を気にせずおしゃべりして過ごせるので
とても気に入ってます。予約はしておいた方がベターですね。また待ち合わせも3Fのロビーを使えるので便利なんですよね。ホテル目の前の福井駅西口地下駐車場を使えば、1時間割引券がもらえます。
(ホテル地下の駐車場は宿泊客専用)

 

ちなみに夜の女子会プランもおすすめですよ。
インターネットで予約すると特典も付いてきます。(H.S)

 

フレンチレストラン「ボヌール」

 


この日はマルシェランチをチョイス。メインはポークソテーのオレンジソース添えでした。

2017/08/09

ふくい暮らし

KURAGE cafe&Barの看板

 

海水浴場ではやっかいものなのに、水族館では大人気。クラゲって不思議ですね。

 

ところで福井市の繁華街「片町」の一角で見つけた「KURAGE cafe&Bar」の看板。
店内にクラゲの水槽があるのかな…一度行ってみないと。

 

また福井には水族館に勤務していた人がやっているクラゲの専門店っていうのがあって、クラゲやウミホタルの他それを飼育・観賞するための水槽などを扱っています。以前殿下地区で行われたホタル鑑賞会でその人にお会いして以来、こちらも行ってみたいと思っています。
T.S

 

 

[メルマガ配信中]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら
バックナンバーはこちら

ページ