スタッフブログ

2018/02/20

お知らせ

ブータンミュージアム リーフレット

リーフレット(PDF)をダウンロード

 

GENでも何度かご紹介しているブータンミュージアムが5周年を迎えました。
ブータンミュージアムのある福井市も大雪の影響がほぼ収まり、日常を取り戻しています。
JR福井駅からは徒歩10分。
是非お立ち寄りください。

2018/02/18

スポーツ

昨日の羽生選手オリンピック連覇のニュースは、大雪の長引く影響で心身共に疲弊していた私にとってもまるで一足早く春が来たかのようなうれしさでした。

 


(写真 : スポーツ報知Twitter公式アカウントより)

 

実況でアナウンサーが思わず「何という精神力」と口にしていましたが、羽生選手のその強靭なメンタリティーについて想像する時、私はふと以前読んだ本の内容を思い浮かべていました。

 

『鋼のメンタル』(百田尚樹著)という本でしたが、その中で印象に残った箇所があるので引用します。

 

【心を壊すのも立て直すのも自分】
人の心は繊細で壊れやすいものであるのはたしかです。一種の精密機械のようなところがあります。
でも実は、心は外からのダメージには意外と強いのです。それよりも内側からのダメージに弱いのです。つまり敢えて言えば、心を壊す人は、自分で壊しているようなところがあります。  

 

 

この部分を羽生選手に置き換えて考えてみると、ケガという外からのダメージに対して内側にある自分の心をしっかりと守って、自分を信じてきたからこそ努力が実を結んだと言えるのかもしれませんね。

 

羽生選手、素晴らしい演技と金メダルをありがとう!そして本当にお疲れ様でした。(H.S)

2018/02/16

ふくい暮らし

雪の下の椿の花

ここ数日の好天でうず高く積もっていた雪もだいぶ融けてきて、福井市中心部では歩道の除雪も進みだいぶ歩きやすくなりました。そんな歩道を歩いていたら道路わきの分厚い雪の下から植え込みの寒椿が顔を出していたんですが、なんとその中に赤い花がふたつ咲いていたんです。雪の下で咲いたの?と驚きましたが、今月5日以来続いた大雪の前にすでに咲いていたのかもしれません。それにしてもたくましい。
TS

 

福井市中心部の道路のようす

2018/02/13

出来事

1月と2月の福井市は雪の日が多く、大雪の日もあります。

2018年2月6日の福井市の様子です。

この日の午後2時には、136センチの積雪を記録しました。

 

雪が勢いよく降り続き、街中を真っ白にしていきました。雪が風に舞い上げられ、視界をさえぎり、どんどん道に積もっていきました。市内のあちこちで、雪で動けなくなってしまった車が見られました。道路から除雪された雪が、歩道に寄せられて、歩道が大変狭くなってしまいました。

 

市内のコンビニエンスストア、八百屋には2月6日のお昼頃にはまだ、品物がいつものように並んでいました。その日から数日間、交通の麻痺状態の影響で、物が届かず多くの品物が品切れ状態になってしまいました。

 

2月6日から数日間、市内は孤立状態になってしまいました。

 

福井市内、今日も雪が降っています。道の脇にはまだたくさん雪が積もっています。

1日でも早くもとの生活に戻りたいものです。

 

T.F.

 

福井の雪景色 パート1
福井の雪景色 パート2  大雪 in 福井 / 始まり

2018/02/11

出来事

福井市では先週初めからの雪で積雪が147cmに達しました。56豪雪以来の130cm超えです。
県内の大動脈国道8号線での立ち往生や交通網のマヒなどは報道で皆さんもご存知かと思います。

 

今や社会ではAIだのロボット技術だのをもてはやしていても、間断なく降り続く雪を前にするとすべてのことが遠く思えて無力感に襲われました。それでも懸命に除雪作業に取り組む自衛隊の皆さんや、
助け合って雪かきをする近隣の人たちを見ているとやはり最終的には人の力なんだとも感じました。

 

ということで今回の大雪に際して、私なりに感じたことを勝手にまとめてみました。

 

1. 雪に慣れている県民性ゆえに車に乗らない判断が遅れる(これくらい大丈夫的な感覚)
→ 行政からの正式な通達が必要
2. 自治体も企業も個人も「万が一」という想定を日頃からもっとしておくべき
3. 「大雪警報」をもっと早く広く確実に伝達する
4. 命にかかわる状況も多いのでSOSのホットラインを増やす
5. 冬期はガソリン、灯油、食料など早目に余裕を持って備えておく
6. 豪雪でも機能する融雪装置の開発、家庭用には補助金を
7. 地下交通網、地下道、地下街、地下駐車場の整備 
8. リモートワーク(在宅ワーク)の推進

 

今回の教訓を生かして、より雪に強い福井県になってほしいものです。(H.S) 

 


先週のうちの裏庭の様子です。吹きだまりになっているせいか積雪は147cmよりもっとあるような気がしました。

2018/02/09

ふくい暮らし

福井神社 平成30年2月9日の朝

 

今朝8時半ごろの福井神社。
1月31日に撮った同じ場所の写真はモノクロームにしか見えませんが今日はひさしぶりの青空です。
前回書いたようにこの神社は現在常駐の宮司がいないのですが、ここ数日の記録的な積雪にもかかわらず、境内の参道はきちんと除雪されていました。
TS

2018/02/04

ふくい暮らし

先日ブログにも書いた新年会がお開きになると、
皆で隣りにあるカフェに行くのがいつものパターン。
実はそのお店、福井では知る人ぞ知るコーヒーの名店なんです。

 


店内も落ち着いた雰囲気でとっても静か。
コーヒーのいい香りに包まれてゆっくりできます。

 


こちらのお店では、選んだコーヒーの中からさらに豆の種類やドリップ方法まで指定することができるんですよ。たとえば、ブラジルコーヒーなら、ブルボン種、イエローブルボン種、ナチュラル種など
から選べて、ドリップは、オールドカリタ、ケメックス、エアロプレスの3種類の淹れ方から選ぶことができるんです。ここまでカスタマイズできるお店、福井にはなかなかないんじゃないでしょうか。

 


私は「本日のコーヒー」を注文。
ベルギーのロータスビスケット”ビスコフ“が添えられています。

 

ロータスのウェブサイトを見るとこんなキャッチコピーが…
“Every coffee needs a Lotus”    
「全てのコーヒーにロータスを」
シンプルな表現だけど、こういう擬人化って好きです。(H.S)

 

「cafe notes」Facebookページ

2018/01/31

ふくい暮らし

福井神社 雪の朝

福井城址にある福井神社の雪の朝。

 

通学や通勤の人々が慌ただしく歩く道の脇で
ここだけ静寂に包まれた空間になっていて、
雪化粧した境内に一層の神々しさを感じます。

 

建物は打ちっぱなしコンクリートのモダンなもの。
元々は総檜造りだったのが戦災で焼失し昭和32年に
新時代にふさわしい建築様式として再建されたとのこと。

 

他ではみたことのない形の大鳥居を眺めていて、
過去の再現ではないところに魅力を感じ、
コルビジェや安藤忠雄が設計した教会を思い出しました。

 

ただ残念ながら現在は常駐の宮司がいません。
もちろんなんとかしようという努力もなされているのですが、
この神社は1,700あると言われる福井県の神社の中でも飛びぬけて格が高く、
普通の宮司では務めることができないのだ、
という話を先日ある神社関係者から伺いました。
TS

 

福井神社にて
神社の横は福井城址のお堀

 

福井神社 別格官幣社の石碑
別格官幣社の石碑

 

福井神社 境内から外を見る
外を通勤通学の人々が通って行きます

 

2018/01/28

グルメ

今年も友人たちと恒例の新年会を開きました。
お店は福井市花堂(はなんどう)にある「お料理 まさ季」。
友人の一人がバイトしていた縁で、新年会はいつもこちらでお世話になっています。

お店の玄関

 


お店に入るとこんな感じです。焼酎がずらり。

 


私達はいつも奥の座敷を貸切りです。
達磨の掛け軸に今年も喝を入れてもらいました。

 


飲んだお酒たち
日本酒は福井・永平寺町にある吉田酒造 の純米大吟醸

 


食べた料理の数々 
新年会で必ずいただくのが白子の松前焼
友人の一人は家でも作るらしいので私も今度やってみよう

 


今回、一月に誕生日を迎える友人のお祝いも兼ねていたので
お菓子作りが得意な別の友人が手作りケーキを用意してくれました。
これ、実はマクロビオティックケーキで、材料は豆腐、豆乳、菜種油、小麦粉、
オレンジとアーモンド。生地もしっとりしていてとても美味しかったです。(H.S)

2018/01/26

ブータン

福井からブータンを訪れた一人の写真家が、その少女に出会ったのは9年前でした。

 

お互いにどこに住んでいるか、誰なのかも知らないまま月日が経ちました。

 

その二人が今年2018年1月22日に奇跡的に再会を果しました。

 

9年前、写真家の松田宗一(まった むねかず)氏がブータン滞在中に偶然、集団下校をしていたブータンの子供たちに出会いました。その中で一際目を惹いた少女がソナム・チョキさん(当時14歳)でした。

 

 

当時14歳だった、ソナム・チョキさん

そして、松田氏はソナムさんや、その子供たちを撮影しました。 その時に撮影した一枚がこちら、ブータンミュージアムのポスターに使われたのです。

松田氏によると、ブータンミュージアムが創立された当初、この少女は誰だという声が多く上がっていたそうです。しかし、どこをどう探しても、住んでいるところも、誰かも分からないまま月日が過ぎていってしまったそうです。

 

昨年になって、ブータンミュージアムの創立者、野坂弦司氏が初めてブータン王国に問い合わせて、調べてもらったところ、少女の制服を見てブータンには2種類の制服しかないので、きっと見つけられると協力をしてもらえることになりました。

 

そして遂にその日がやってきました。

 

ソナムさんのお姉さんが、ある日ブータン関連のFacebookページを見ていたところ、そこには妹、ソナムさんの写真が載っており、「この少女を知っていますか?探しています」という文章が

あったのです。

 

そこからは、王室に招かれたりと、驚きの連続だったそうです。

 

 

現在23歳になったソナム・チョキさん

今年1月20日にソナムさんが福井にやって来ました。

そして。。。

 

写真家、松田宗一氏

もう二度と会えないと思っていた二人の奇跡の再会が実現したのです!

 

福井での滞在記を何回かにわけてお届けしますので、お楽しみに!

 

T.F

 

 

「ブータンミュージアム」とは?

ブータンミュージアムは、ブータン王国以外で初めて本格的にブータンを紹介した施設です。ブータンの魅力に心打たれたメンバーたちが集まってつくられたNPO法人「幸福の国」により運営されています。ブータンと福井の交流を通じて、幸せを感じ、幸せを考える活動が行われています。
ブータンは国の発展の指標として、GNP(国民総生産)よりも、GNH(国民総幸福)を優先して取り組んでいることから、特にここ数年、世界から注目を浴びている国です。機会があれば足を運んでみてはいかがでしょうか?

ブータンミュージアム公式サイト

ページ