スタッフブログ

2018/03/22

おでかけスポット

3月5日付福井新聞のシリーズ「ふくい世間遺産」に見たことのある写真が載っていました。
それはあわら市花乃杜一丁目の願泉寺にある幽霊の絵です。

 


(3月5日付福井新聞より)

 

GENでは、福井県あわら市のインターネット放送局「ねっとde あわら」の番組を許可をいただいて
紹介しているのですが、その番組の中でも願泉寺を訪れてこの幽霊にまつわる話を坊守さんに聞いています。

 

その幽霊とは ― 
昔ある老婆が夜、寺に来てお経をあげて欲しいと言ったそうです。そこで住職がお経をあげていると
老婆はいつのまにかすっと消えてしまいます。するとその老婆の家の者がやって来て「今うちのおばあさんが亡くなりました」と告げたのです。老婆のいた場所には焦げた両足の跡が残っていました…。

 

新聞で坊守さんが持っている幽霊の絵は、この話を基に描かれ、寺に寄贈されたものらしいです。
また、この願泉寺の庭にはキリシタン灯篭も残っています。江戸時代、このあたりのお殿様はキリシタン大名で有名な九州・有馬晴信の子孫でした。九州から来た家来たちもきっとキリシタンの人が多かったはずですから、灯篭に十字架や聖母マリアを彫って秘かに礼拝していたのでしょうか。願泉寺は真宗のお寺ですが、坊守さんも実は有馬姓なんですね。

 

幽霊の絵といい、キリシタン灯篭といい、なかなか珍しい物が残っているあわら市の願泉寺。絵は希望があれば見せてもらえるそうですよ。夏に訪れてみると思わず涼しくなっていいかもしれませんね。
(H.S)

 

※あわら市提供の願泉寺を訪れる動画はこちらです。
           ↓

2018/03/21

ブータン

ソナムさん福井市内にて。太陽の光が雪に反射して眩しそうだが、笑顔

1月25日は雪が積もっていて大変寒い一日となりました。

そんな中、ソナム・チョキさんは相変わらず元気いっぱいで終始素敵な笑顔を見せていました。

 

時折出てくる太陽が真っ白な雪を照らし、反射して大変まぶしかったです。

 

 

福井駅前の恐竜
福井駅前の恐竜

駅前にある恐竜に興味津々で鳴き声に驚いていました。

 

 

ソナムさん初めてのプラネタリウム

この後、ハピリンの中にあるセーレンプラネットに行きました。ソナムさんは、生まれて初めてのプラネタリウムに大変喜んでいました。

 

 

ソナムさんプラネタリウムの前で記念撮影

ブータンではプラネタリウムを見たことがなく、初めてプラネタリウムを見てすごくきれいで楽しかったと話していました。

 

福井に来てから初めての事ばかりで驚きの連続だとも話していました。

 

ではソナムさんの滞在日記、次回もお楽しみに!

 

T.F

 

こちらもお楽しみくださいね!

「ブータンで出会った少女との奇跡の再会」(GENスタッフブログ)

「ポスターのあの少女が大人になって来日!2018年1月22日」(GENスタッフブログ)

 

ブータンミュージアム公式サイト(福井市にあるブータンミュージアムのホームページ)

2018/03/19

ふくい暮らし

福井市中心部のフェニックス通り沿いを歩きながらちょっと注意してあたりを見たら、ふだん何気なく歩いている街角のいろんな文章が目にとまりました。

 

大通りから少し入ったところにある、福井藩の家老、狛(こま)家の屋敷跡を説明する看板。額縁には福井特産の笏谷石(しゃくだにいし)が使われています。

 

このあたりの地名の由来を説明している看板。ここにも狛家登場。

 

今日もっとも気になったのがこじんまりした居酒屋「春のお店」の店頭にあったこれ。「アルバイトの大学生の卒業のお祝いにみんなで温泉旅行に行くのでお休みです」ってことでしょうか。いい感じのお店の雰囲気が想像できました。
T.S

2018/03/15

映画

先週発表された今年のアカデミー賞で見事作品賞に輝いた「シェイプ・オブ・ウォーター」
ちょうど福井でも上映中だったので早速見てきました。

 


(FOXサーチライト・ピクチャーズ 公式Facebookページより)

 

社会の片隅でひっそりと生きている弱者たちへのまなざしがとてもやさしい映画です。
主人公イライザの職場である政府の極秘研究所にある日運び込まれた、アマゾンの奥地で神のように
崇められていたという半魚人。イライザはその生き物と心を通わせるようになり、何とか助け出そうと
試みます。イライザは声が出せません。そしてそんな彼女を支える二人、ジャイルズとゼルダもそれぞれに悩みを抱えていました。

 

監督のギレルモ・デル・トロは日本の漫画や特撮物の大ファンで知られている人。この映画に出てくる半魚人もそのせいか体形がちょっとウルトラマンに似ています(笑)監督ご自身も何だかゆるキャラっぽくて愛嬌たっぷりですが、この半魚人もグロテスク過ぎず、微妙に可愛くて知性があるかと思えば、やはり生き物としての本能なども絶妙なバランスで描かれています。

 

アメリカの繁栄の象徴であるキャデラックの新車を台無しにするシーンはメキシコ人である彼の今の
アメリカへの批判を感じました。また悪の権化のような敵役、女性蔑視、残虐で差別発言満載のストリックランドへの手話での反撃も痛快なシーンです。設定は1962年ですが、セクハラといい政治的にも今の時代そっくりです。それにしてもなぜに半魚人?と不思議に思っていたら、実は監督は昔見た映画「大アマゾンの半魚人」の半魚人にシンパシーを感じてこの映画を作ったとか。半魚人にシンパシーを感じるなんていかにもデル・トロ監督らしいですね。

 

これは「人間の女性と半魚人との愛の物語」と書いたところで未見の方にはピンと来ないと思いますが、心と心が通い合うのは何も人間同士に限ったことではないのかもしれません。世界各地に異類婚姻譚がいくつも残っているように、日本の民話「鶴の恩返し」や福井にある夜叉が池の龍神伝説も思い出されたりして、アニミズム的な人間以外の自然や生き物への畏敬の念も感じた映画でした。(H.S)

 

2018/03/14

ブータン

ソナムさん、左が23歳、右が14歳

先日ご紹介した、ブータンで9年前に偶然写真を撮られ、ブータンミュージアムのポスターに起用されたソナム・チョキさん(当時14歳)が大人になって来福しました!大学生になったソナム・チョキさんは現在23歳になり、1月20日から約1ヵ月間滞在し、日本の生活を経験しました。

 

 

NHKの前の歩道、雪が少し積もっている
NHKのキャラクター
NHK入り口

1月23日にブータンミュージアムの創立者野坂氏、ソナム・チョキさんとNHK福井放送局におじゃましました。ブータンではNHKワールドが放送されており、ソナムさんも見たことがあるそうです。

 

 

NHKスタジオ内
ニュース番組サウルスのロゴの看板

大門博也局長に放送局や番組についての話を聞いたり、NHKのスタジオ内の案内をしていただきました。いつも視聴者としてテレビで見ている風景をスタジオ内でこのように見ることは初めてでおもしろかったです。放送中は数人しかスタジオに入らないそうです。他のスタッフの方々は他の部屋で放送をチェックしながら様々な作業をしているそうです。

 

 

NHKアナウンサー男女一名ずつ笑顔でポスターにのっている
女性アナウンサーが、ソナムさん達はスタジオ内のことを説明している

とても素敵な笑顔が印象的なアナウンサーの森下絵理香さんも、番組の説明など丁寧にしてくださいました。森下さんのお話にソナムさんは楽しそうに聞き入っていました。初めて見るテレビカメラにもソナムさんは興味を持っていました。

 

 

女性アナウンサーが丁寧に、ソナムさんにスタジオ内のことを説明している。ソナムさん楽しそう
ソナムさんと、元野坂理事長がテレビのスクリーンに映し出されている

放送中、視聴者にはどのように映るか、緊急時の速報ではどのように話すかなど教えてくださいました。緊急速報はたまにテレビで見ますが、アナウンサーの方が大変落ち着いていて感情的にならずに、はっきりと読まれているのにいつも感心します。

 

 

この時には、2週間後に何回もの大雪に関する緊急速報が流れることになるだろうとは誰も思っていませんでした。。。

 

 

女性アナウンサー、もりしたえりかさん、野坂元理事長、ソナムさんの3人で記念撮影。笑顔でアナウンサー席に座っている

ソナムさん達は、普段見ることのないスタジオを見学して、テレビの世界の興味深い話を聞くという貴重な経験に喜んでいました。

 

T.F

 

 

こちらもお楽しみくださいね!

「ブータンで出会った少女との奇跡の再会」(GENスタッフブログ)

「ポスターのあの少女が大人になって来日! 2018年1月22日」(GENスタッフブログ)

 

NHK福井放送局公式ホームページ(番組情報,イベント情報,アナウンサー情報などが見られます)

ブータンミュージアム公式サイト(福井市にあるブータンミュージアムのホームページ)

2018/03/12

アート・工芸

越前焼に沈金を施した東尋坊の皿
東尋坊をモチーフにしたこの見事な飾り皿は「うるしの木 芽吹くころに/うるし工芸藤 越前飾器展」に出品されている陶芸と漆芸のコラボ作品です。浮き彫りを施した越前焼の皿の青い釉薬がかかった部分に漆で福井県の花、水仙が描かれています。漆で絵というと蒔絵(まきえ)と思いがちですがこの水仙は沈金で描かれています。器の表面に漆で絵を描き金粉や銀粉を撒いて定着させる蒔絵に対し、器の表面を線や点状に彫ってそこに金粉などを埋め込む技法が沈金です。

 

うるし工芸藤 越前飾器展

この展示会では他にも漆と陶器、ガラス、木工、和紙など多様な素材とのコラボレーションが提案されています。福井市中心部にあるギャラリー「ふくい工芸舎」で3月18日まで開催されています。
T.S

2018/03/08

日本酒

福井市の隠れ里とも呼べるような東郷地区に、ひっそりとその暖簾を守り続けている酒蔵
「青木蘭麝堂」があります。酒蔵と言ってもこちらで造られているのは漢方の生薬を十数種入れた
健康酒。戦国大名朝倉家に伝わる秘酒で、旧家である青木家が四百年余りも一子相伝でその製法を
守り、造り続けているのです。

 

昨年GENで取材させていただいたこともあり、私も蘭麝酒を家に常備しています。
疲れを感じた日や、今日はぐっすり眠りたいなと思う時はキャップに一杯、寝る前にいただきます。
味はカルーアのような感じでしょうか。まろやなか甘さで美味しいです。
この冬は厳しい寒さと大雪で大変でしたが、風邪を引かずにすんだのは蘭麝酒のおかげもあったかもしれません。そう言えば、ご当主の奥様も、ちょっと風邪気味だなと思ったら寝る前に蘭麝酒でうがいをするように多めに飲んで寝ると、翌朝は元気になってしまうと話していました。

 

それにしてもこの「蘭麝」という言葉、難しいけれども何だか一度聞いたら忘れられない気がしませんか?インタビューの中で奥様も話していましたが、「蘭麝」とは広辞苑にも載っているれっきとした
日本語なんですね。
※ 蘭麝 - 蘭の花と麝香との香り。また、よい香り。(広辞苑より)

 

青木蘭麝堂は一乗谷朝倉氏遺跡からほど近い、郷愁をそそる用水の流れに癒されるとても静かな環境にあります。朝倉氏遺跡に行かれた時は、帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。優しいご当主夫妻が歓迎してくれること間違いありません。また西武福井店でも「蘭麝酒」と「うす墨桜」を買うことができます。(H.S) 

 


風情ある青木蘭麝堂の玄関と周辺

 


店頭の様子。壁には昔の製造法の絵図も

 


蘭麝酒と大体一回に飲む分量

 

※取材に伺った時の動画はこちらです。

2018/03/06

ブータン

先日ご紹介した、ブータンで9年前に偶然写真を撮られ、ブータンミュージアムのポスターに起用されたソナム・チョキさん(当時14歳)が大人になって来福しました!大学生になったソナム・チョキさんは現在23歳になり、1月20日から約1ヵ月間滞在し、日本の生活を経験しました。

 

 

ソナム・チョキさん、日本食レストラン、花子の家で昼食

滞在2日目(2018年1月22日)のお昼ご飯は福井市の中心部にある「花子の家」でいただきました。 こちらのお店では母の味を大切にしており、全て手作りのものを出しているそうです。

 

 

日本食レストラン、花子の家の昼食、ボリュームたっぷりで500円

ランチ定食は500円で、このボリュームです!

女将いわく、おススメはコロッケとのことです。確かに、こちらのコロッケをいただいてみると、外側はサクサクで、中身はホクホクのカボチャとジャガイモと玉ねぎが大変美味しかったです。

 

ソナムさんはコロッケも美味しかったけれども、お味噌汁が一番美味しかったと感動していました。それもそのはず、こちらのお味噌汁は煮干からじっくりと時間をかけて出汁を取ったというものなのです。

 

 

ソナム・チョキさん、アニメ専門店、アニメメイト福井店の前

次にアニメイトへ行きました。

ブータンで大変人気のアニメ、「ナルト」と「ワンピース」は、ソナムさんも大好きで、この日は「ワンピース」のキーホルダーとペンを買っていました。

 

アニメイトを出た頃、ちょうど雪が強く降り始めてソナムさんと私は傘を持っていなかったので、100円ショップに傘を買いに行きました。

 

 

ソナム・チョキさん100円ショップセリア、アオッサ店にてお買物

ブータンには100円ショップはないので、興味津々でいろんなものを見ていました。

さすが大学生!文房具が好きだと話していました。

この日ソナムさんは単語カードと傘をゲットしました。日本語を覚えたいそうです。

 

ちなみに100円は、ブータンのお金で約57ニュルタムだそうです。

 

 

ボタン雪に感動するソナム・チョキさん、福井市ハピリンのスケートリンクのそば

帰りにはボタン雪が深々と降っていて、ソナムさんは感動していました。ブータンでは雪は少し降りますが、ボタン雪のような大きな雪がたくさん降ることはないそうです。

 

ではソナムさんの滞在日記、次回もお楽しみに!

 

T.F

 

こちらもお楽しみくださいね!

「ブータンで出会った少女との奇跡の再会」(GENスタッフブログ)

ブータンミュージアム公式サイト(福井市にあるブータンミュージアムのホームページ)

 

 

<1月22日に行った所>

福井おふくろの味

「花子の家」

福井市順化1丁目10-15

電話0776-30-1190

 

アニメ・コミック・ゲームの専門店

「アニメイト福井」

福井市中央1丁目8-17

テアトルサンク 1F

電話 0776-28-0255

 

100円ショップのSeria(セリア)

「Seria アオッサモール店」

福井市手寄1-4-1

AOSSA 3F

電話0776-89-1514

2018/03/03

自然・植物・動物

2月28日の朝、もういちど福井県自然保護センターの「冬の野鳥レストラン」に行ってきました。このイベントは通常なら2月末までですが、今年は雪が多いので3月一杯実施されることになりました。

 

この日は僕が着く直前にリスが来ていたそうです。残念ながらリスは見られませんでしたが、25日には見られなかったコゲラやゴジュウカラを見ることが出来たし、アカゲラもこの前より長く姿を見せてくれました。
T.S

 

コゲラ
初めて見たコゲラ

 

ゴジュウカラ
かろうじて撮れたゴジュウカラ

 

アカゲラとツグミ
アカゲラ vs ツグミ

 

ヒヨドリ
果物が大好きなヒヨドリ

 

ヤマガラ
めずらしくじっとしていたヤマガラ

 

冬の野鳥レストラン
冬の野鳥レストラン

 

2018/03/01

ビューティ&ヘルス

NHK Eテレ「スーパープレゼンテーション」はTEDカンファレンスのプレゼンを厳選して放送している番組です。私も興味のあるテーマだと時々見ています。

 

先週は発達心理学者スーザン・ピンカーが「健康で長く生きる秘けつ」というテーマで話していました。キーワードは「ブルーゾーン」。ブルーゾーンとは、世界にいくつかある、長寿の人の数が飛びぬけて高い地域を指した言葉です。ちなみに日本にも一カ所ブルーゾーンがあります。沖縄です。ブルーゾーンは2005年のナショナルジオグラフィックのプロジェクトによるものですが、残念ながら現在、
沖縄県民の平均寿命は低下の一途をたどっています。

 


スーザン・ピンカー(NHK「スーパープレゼンテーション」番組サイトより)

 

そのブルーゾーンの一つ、イタリアのサルディーニャ島は100歳を超える人の比率が何とイタリア本土の6倍、北米の10倍です。スーザン・ピンカーによると、それは島民の楽天的な性格や食べ物とは関係がなく、人と人との関係が密接で、じかに会って交流することが多いからだそうです。

 

またプレゼンの中ではこんなデータも紹介されていてとても興味深かったです。
【死亡する可能性を最も減らした要因は何か?】
☆ では「低い要因」からいきます。(つまり死亡することにあまり関係ない順)
10.きれいな空気      
9.高血圧の治療     
8.体重が重いか軽いか  
7.運動            
6.心臓のリハビリ  
5.インフルエンザの予防接種 
4.禁酒          
3.禁煙
2.親しい人がいるか  
1.社会的統合    

 

運動よりインフル予防接種の方が長生きに効果ありというのは意外でしたが、堂々のトップは「社会的統合」。これは日々の活動でどれだけじかに人と交流があるかという意味です。それはソーシャルメディアでつながっていることとは違うそうです。メールなどではなく、じかに顔を合わせることで神経伝達物質が放出されて、ワクチンと同じように人を守ってくれると言うのです。

 

となるとやはり「孤独」というのは長生きにとっては大敵なのでしょうか。プレゼンの中では、話し相手が一人もいないという人が今や人口の4分の1もいるとも言っていました。そういえば、イギリスのメイ首相はこのほど「孤独担当相」を新たに任命したとか。

 

人と人との直接的な交流が認知症の発症率を低くして、免疫を強化、長寿の可能性を高めるというのですから、これは日本としても本腰を入れて取り組むべき課題かもしれませんね。(H.S)

 

ページ