スタッフブログ

2018/07/04

スポーツ

FIFAワールドカップ2018でのサムライ達の闘いが終わりました。
2大会ぶりの決勝トーナメント進出に日本中が沸き立った後の非情な結末。
選手の皆さんは一体どれほど悔しかったことか。
サッカーでは 2-0 のリードが一番危ないとも言われているそうです。

 

ベルギー戦で失点するまでの彼らは、いわゆる「ゾーン」(極限の集中状態)に入っていたように
見えました。私が思う「ゾーン」の状態は ― 

 

・頭が冴える
・感覚が鋭くなる
・自信に満ち溢れる
・楽しい
・疲れを感じない

 

などですが、でもこの「ゾーン」現象、一瞬の油断で、魔法が解けるかのようにふっと消えてしまう
ものなのかもしれません。

 

彼らの悔しさを理解することなど到底できませんが、でもそこから這い上がる時に強靭なスピリットが生まれる気がします。

 

日本代表の皆さん、西野監督、スタッフ、本当にお疲れ様でした。
また4年後が楽しみになりました。(H.S)

 


写真は FIFA World Cup 公式ツイッターより
この乾選手の後ろ姿に思わず私までもらい泣き
それにしてもあのミドルシュートはすごかった!

2018/07/03

雑感

 

先日六甲山で撮った写真で、鮮明ではないですが枝にツバメが4羽止まっています。

 

福井の我が家のまわりでもやはり今年生まれたんだろうなという感じの、
ちょっとほっそりした若いツバメが何羽もよくさえずっています。

 

それが当たり前の光景なので考えたこともなかったのですが、
ツバメは減りつつあり県によってはレッドデータブック入りしているとのこと。

 

この若鳥たちがまた元気に帰ってきて、いつまでも身近な鳥であってほしいなと思います。

 

なお「若いツバメ」という言葉には年上の女性の若い愛人という意味があります。

 

女性解放運動家平塚らいてうの夫になる年下の画家が自らをそう表したというのが由来なんですが、
僕にとっては小説「美は乱調にあり」で読んだ印象の方が強くて、
本の中ではらいてうが言った言葉になっています。

 

かなり昔に読んだこの本、ストーリーはほとんど覚えていないんだけど
この題名「美は乱調にあり」は至言だなあと今でも思います。
T.S

2018/07/01

おでかけスポット

福井県越前市出身の絵本作家、かこさとしさんが5月2日に92歳で亡くなられました。
かこさんの描くおおらかな絵本からはちょっと想像できませんが、かこさんは戦時中、航空士官をめざす軍国少年でした。しかし、視力が足りずに断念、同じ軍人を目指した級友たちは特攻隊員となり死んでいった現実と自分の判断への後悔から、せめてこれからの子どもたちには自分のような過ちはさせたくないと、亡くなる直前まで、ただただ子どもたちのためストイックなまでの創作活動に勤しんだ信念の人でした。

 

かこさんはご高齢ではありましたが、まだまだお元気でいてくれるものとばかり勝手に思っていました。そんなかこさんを偲び、作品の世界にもっと触れてみたくて、以前から行ってみたかった越前市にある 「かこさとしふるさと絵本館」へ行ってきました。

 

駐車場に着くと県外ナンバーの車もちらほら。館内に入ると、家族連れだけでなく、大人だけで訪れている人もいて、じっと絵本を読んでいる様子が印象的でした。

 

人気のシリーズはもちろん、緻密な内容で知られる『人間』や、ゴッホやピカソの名画を紹介している『うつくしい絵』などもここで読むことができますし、グッズの販売もあります。また2階では原画も展示されていて、かこさんの真面目で几帳面な性格が手に取るように分かり、改めてかこさんのすごさに感動しました。(H.S)

 


絵本館の看板

 


エントランスでは在りし日のかこさんと、おなじみのキャラクターがお出迎え

 


壁にもだるまちゃん

 


館内には、かこさんへのメッセージコーナーもありました(6月まで)

 


絵本館の全景

 


駐車場にあった看板
このだるまちゃん、インパクトありますね!

2018/06/28

おでかけスポット

先日、海開き間近の福井県三国町にあるサンセットビーチに行ってきました。

このビーチのおすすめポイントをいくつかご紹介させていただきます。

 

この日は30度近くあり大変暑い日だったので、海開き前にも関わらず何人かの人は海で泳いでいました。

 

 

三国サンセットビーチ

夕方6時を過ぎると日が沈み、だんだんと涼しくなっていきました。

 

 

三国サンセットビーチ 夕焼け

おすすめポイントの一つ目、こちらのビーチはその名の通り、きれいな夕焼けを見ることができます。この日も日没前になると空が少しずつオレンジ色になっていき、美しい夕焼けが広がっていきました。

 

 

三国サンセットビーチ 夕焼け

さらにピンク色っぽくなり、日は沈みました。

さざ波の音が耳に心地よく、ぼーっと空や海を眺めているだけで心が落ち着きますね。

 

 

三国 ゆあぽーと

おすすめポイントの二つ目は、このビーチの横には「三国ゆあぽーと」という日帰り温泉があり、日本海を一望しながら温泉に入れることです。営業時間は10時から23時までなので、温泉と夕焼けを同時に楽しむという贅沢なこともできてしまうんです。入浴料金は中学生以上500円、3歳以上は200円です。

 

その他の詳細はこちらからご覧ください

三国温泉ゆあぽーと公式ホームページ 

 

 

そして忘れてはいけないおすすめポイントが、毎年8月11日に行われる北陸最大級の三国花火大会が目の前で見られることです。こちらの動画は去年このビーチで撮影したものです。美しい夕焼けの後は、約一万発の色鮮やかな水中花火、一尺玉、二尺玉、仕掛花火、スターマインが彩る夜空を楽しめます。

 

花火大会の詳細はこちらからご覧になれます。

第38回 福井県坂井市 三国花火大会 

 

 

今年の夏、機会があれば、美しい夕焼け、日本海を一望できる温泉、北陸最大級の花火大会が楽しめる「三国サンセットビーチ」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

T.F

2018/06/25

グルメ

天菊の天丼
時々ランチタイムに福井市中心部のいわゆる片町の一角にある天ぷら店「天菊」に行きます。いつも食べるのは800円のシンプルな天丼。えびの天ぷらとかきあげが乗っていて、これにアサリの赤だしと御新香がついて来ます。

天菊のおはぎの天ぷら
おいしいねーなんて思いながらこれを食べ終わる頃にデザートが出て来て、この値段なのにと初めての時はちょっと驚きました。それがおはぎの天ぷらです。それからはこのお菓子が食べたくなると足を運んでいる感じです。
T.S

2018/06/24

音楽・演劇・ダンス

先日、福井県坂井市にあるハートピア春江で夏川りみさんのコンサートがあり、行ってきました。

 

 

りみさんのライブを見るのはこれで4回目。
と言っても、これまではすべて野外フェスだったので、室内の会場で見るのは初めてです。
今回のツアーのテーマは「歌さがし」ということで、りみさん自身が今、本当に歌いたい歌は何かと
いうことを見つめ直して構成したそうです。

 

コンサートは、まず沖縄を代表する曲の一つ「芭蕉布」で始まりました。私も大好きな曲です。
大ヒット曲「涙そうそう」の他に「海の声」や、テレサ・テンも歌った「夜来香」(イェライシャン)を北京語で披露。最近は台湾でライブすることもあるそうです。
またジャズナンバーを英語で歌ったり、りみさんが生まれ育った石垣島に伝わる八重山民謡を
三線の弾き語りで披露してくれました。何を歌っても完璧なりみさん。これだけ実力のある歌手は他にはすぐ思い浮かばないです。

 

トークの中で、物心つく前から歌を歌っていたこと、ごはんを食べる時も歌っていて、家族から「ごはんを食べるか歌うか、どちらかにしなさい」と叱られたこと、子どもの頃から石垣島の歌謡大会では
飽き足らず、沖縄本島まで「のど自慢荒らし」に行っていたことなど、強者ぶりを次々と語ってくれました。

 

飾らない人柄で、沖縄言葉を交えた思わず笑いが起こるおしゃべりやカチャーシータイムも楽しく、
最後の一曲まで高く透き通った声が響き渡って、心が浄化されるようなひとときでした。

 

もちろんこの曲も歌ってくれましたよ!
曲を作ったBEGINも石垣島出身。この曲は石垣島のことを歌ってるんですね。
動画は2年前の「ムジークフェストなら」より、同じ石垣島出身の新良幸人(あらゆきと)さん
とのコラボ。(H.S)

2018/06/22

祭り・イベント

はすまつり2018年
はすまつり情報 2018年

7月上旬から8月上旬にかけて、福井県南越前町にある

花はす公園では可愛くも美しい花はすでいっぱいになります。

 

世界中から集められた120種類が咲いており、

中には2,000年ぶりに咲いた千葉の「大賀蓮」なんていう珍しい花も見られます。

 

はすの花は決してきれいな環境とはいえない

濁った泥の中でしか咲かないのはご存知の方も多いと思います。

 

このことを人生に例えると、

泥とは困難や悲しみなどで、はすの花は自分と考えられるかもしれません。

簡単ではない状況の中でも、学びながら成長できれば、より良い自分になれますね。

 

機会があれば、はすまつりに足を運んで、花はすを見て美しいという感動だけでなく、

その美しい花を咲かせている環境のことに思いをはせてみてはいかがでしょうか。

 

詳しくはこちらから  南越前町観光情報サイト 第26回はなはすまつり

 

T.F

2018/06/19

雑感

 

 

最近大野の山奥で見た稼働中の砕石プラントです。
近代的な美しい工場の風景というのももちろんいいんですが、
精密さとかスマートという言葉とはおよそ無縁な、
錆びた鉄のかたまりのような無骨な構造物が見せる
ティンゲリーの彫刻のような(ただしこちらは全く無名な)
その風情に魅力を感じます。
あくまで外見だけの話ですけどね。
T.S

2018/06/15

グルメ

radicare 正面、外観

福井市内の中心部にある「越前バル RADICARE(ラディカ-レ)」でランチをいただきました。

12時少し過ぎにお店に入ると、すでに席はほぼ満席!

 

 

radicare ランチメニュー、外の看板

福井の食材を使って作られているランチは5種類あり各1000円です。

全て注文を聞いてから作っているそうなので、出来立てほかほかの温かい食事がいただけます。

 

 

ハンバーグ 鬼おろしポン酢

こちらは友人が選んだ「ハンバーグ~鬼おろしポン酢~」

お肉がとてもボリュームがあるけれど、ポン酢と一緒に食べるととってもあっさりしていて美味しいと喜んでいました。

 

 

ハンバーグ~デミグラスソース~

こちらは、私がいただいた「ハンバーグ~デミグラスソース~」です。

新鮮な野菜を使ったサラダはもちろん、お味噌汁も出汁がきいていて美味しかったです。

そして、メインのハンバーグをいただいてみました。

ボリュームのあるハンバーグにかけられた濃厚なソースと白身プルプルの半熟目玉焼きがものすごく合います。

さらに黄身を崩して一口。濃厚は黄身の味とデミグラスソースと肉厚なハンバーグが合わないわけがない!

 

店内は落ち着いたお洒落なカフェのような雰囲気です。

平日のお昼でオフィス街の中にあるせいか、スーツ姿のビジネスマンがたくさんいました。

 

 

メニュー1
メニュー2
メニュー3
メニュー4
メニュー5

店名の越前バルとあるように、壁に記載のメニューは福井産の食材のメニューが満載です。

ランチメニューの他にもいろいろありますね。

ランチ営業だけでなくディナー営業も行っています。

 

 

黒龍 日本酒

福井のお酒「黒龍」もあり、福井の食材で作った美味しいお料理とピッタリ合いそうですね。

 

T.F

 

住所:福井県福井市大手3-8-10

電話番号:0776-28-3033

営業時間:

ランチ11:00~14:00(L.O)

ディナー17:00~22:00(L.O料理21:30、ドリンク22:00)

定休日:

ランチ土曜日、日曜日

ディナー日曜日

*ランチは予約優先なので、事前に連絡をするか、時間に余裕を持って行かれることをおすすめします。

2018/06/14

映画

この映画の原作は福井市生まれの宮下奈都さんで、2016年の本屋大賞を受賞した作品です。
私も原作を読み、映画化されると聞いてから公開を楽しみにしていたので早速見てきました。

 


東宝WEB SITEより
映画の公式サイトはこちら→「羊と鋼の森」 

 

そうしたら何と映画館のロビーで宮下奈都さんご本人とばったり!
もちろん面識はありませんでしたが、思わず「ご本人に会えるなんて!これから楽しみに見ます」と
言うと、宮下さんは「私もこれから見ます」とにこやかにお返事してくれました。試写で既にご覧に
なっているはずですが、地元の映画館で他のお客さんと一緒に見るのはまた違うのでしょうね。
宮下さんは地元のテレビ番組で時々拝見することがあるのですが、おっとりとして上品で、控えめな話し方とどこか少女っぽい透明感もあって、本当に素敵な方だなぁといつも思っていたのですが、リアル奈都さんもそのままの方でした。

 

映画は、美しい絵画のようなシーンが多くて、役者さんたちの演技もそんな映像を決して邪魔しないものでした。ピアノを調律している手元も本物の調律師のようで、皆さんかなりの準備をしてきたであろうことが伺えました。私は光石研さんの演技が好きなのですが、今作でも台詞は少なくてもやっぱり
存在感があります。本当に巧い役者さんだと思います。また、素晴らしいピアノの演奏も堪能できるので映画と音楽の両方の醍醐味を味わえます。特に上白石萌音・萌歌さん姉妹のピアノ演奏には圧倒されました。

 

ピアノ調律の才能がないと思っている主人公に、先輩調律師がこう言います。
「才能っていうのは、ものすごく好きだっていう気持ちなんじゃないかな」
私はこの言葉はすべての人に伝えたい金言だと思います。
何かがものすごく好きで、それを究めることができたら、きっとそれが立派な才能なんですね。

 

そして、エンディングテーマ(曲・久石譲、演奏・辻井伸行)がまた泣きたいほど美しく、作品の世界がずっと続いていくようでした。こういう上質な映画を見ると、日頃の惰性的になりがちな生活を見つめ直して、いくらか軌道修正してくれる気がします。(H.S)

 

ページ