用語解説

越前焼


伝統的な越前焼

 

越前焼は日本六代古窯の一つに数えられ、その歴史は古く、今から約八百年前の平安末期から焼かれ、現在二百基以上の古窯が発見されています。これらの大規模な古窯で、かめ・壷・すり鉢・舟徳利・おはぐろ壷等日用雑器が焼かれており、当時の隆盛が偲ばれます。これらの名も知れない陶工の手による一品一品は、てらいのない造り、温かみのある土と灰釉の味わいを秘めた民芸的な美しさを持ち、その伝統は今日まで引き継がれ多くの人々に愛好されています。
(出典:福井県観光写真素材集

 


伝統技法「ねじ立て」
固定した器の周りを陶工が回りながら成形する

 


現代的な越前焼の例

 

関連動画