用語解説

ガラス工芸

ガラス工芸の技法は、大きくホットワークとコールドワークに分けられる。

【ホットワーク】
ガラスを高温で溶かし、やわらかい状態で形成する技法
― ホットワークの主な技法 ―
・吹きガラス(ステンレスなどのパイプ管に溶けたガラスを巻き付けて、息を吹き込みながら成形する)
・キルンワーク(ガス炉や電気炉でガラスを加熱し、変形・融着させる)
・バーナーワーク(バーナーを使ってガラスを細工する)

【コールドワーク】
完成したガラスを冷却後に加工する技法
― コールドワークの主な技法 ― 
・サンドブラスト(細かい砂の粒子をガラス表面に吹きつけて、その部分を削る)
・エッチング(ガラスの表面を腐食させて文様などを表現する)
・カットグラス(切子)(グラインダーでガラス表面を切削して模様を付ける)
・ステンドグラス(さまざまな色ガラスの断片を組み合わせて絵画や模様を描く)

関連動画